きっぷん すっぷ そっ ほんじゃ へめだ
깊은 숲 속 혼자 헤매다
深い森の中一人迷って

ちゃむし もむちゅぉ でぃとらぶぁっそ
잠시 멈춰 뒤돌아봤어
少し止まって振り返ってみた

ちゃっく もろじぬん い ぎり のむ どぅりょうぉ
자꾸 멀어지는 이 길이 너무 두려워
どんどん遠ざかるこの道がとても怖いの



すんがん うよに ね まむる びちゅん
순간 우연히 내 맘을 비춘
瞬間偶然に私の心を照らした

ったっとぅってっとん く へっさる のよっそ
따뜻했던 그 햇살 너였어
暖かいあの木漏れ日 あなただったの

く なるぶっと なぬん っくむる っくん ごや
그 날부터 나는 꿈을 꾼 거야
あの日から私は夢を見てるのよ



ってろぬん ひむどぅるご
때로는 힘들고
時には苦しくて

じちんだ へど
지친다 해도
疲れたとしても

のるる うぃへ っと とらがじ あな
너를 위해 또 돌아가지 않아
あなたのためにもう戻らない



っこっ きおっけじゅぉ
꼭 기억해줘
覚えていて

Dear my friends

っくむる っくぬん どんあん
꿈을 꾸는 동안
夢を見ている間

おでぃどぅんじ せんがんまぬろ たうる す いっそ
어디든지 생각만으로 닿을 수 있어
どこだって考えただけで届くわ



さらじる ごっまん がったど
사라질 것만 같아도
消えてしまいそうでも

おんじぇらど に ぎょって いっそ
언제라도 네 곁에 있어
いつだってあなたのそばにいる

とぅ ぬぬる かむこ くぃるる きうりょ
두 눈을 감고 귀를 기울여
まぶたを閉じて耳を傾ける

はむっけへっとん もどぅん なるどぅる
함께했던 모든 날들
一緒に過ごした全ての日々



Uhh Woo Uhh

Lalala lalalla

Lalala lalalla



ぱるっくっとぅる ったら すぷる じな
발끝을 따라 숲을 지나
足先に導かれるように森を抜けて

ちゃぐん おんどっ うぃえ そ いっそ
작은 언덕 위에 서 있어
小さな丘の上に立った

いじぇや あるげっそ 
이제야 알겠어
ようやくわかったわ

おでぃえ いんぬんじ
어디에 있는지
どこにいるのか

おでぃえ いんぬんじ
어디에 있는지
どこにいるのか



もどぅん げ ちゃっけまん ぼよそ
모든 게 작게만 보여서
何もかもが小さく見えて

もろじるっか ぷらなじまん
멀어질까 불안하지만
遠ざかるかもって不安だけど

ちぐむっこっ ごろおん もどぅん しがぬる ごるげっそ
지금껏 걸어온 모든 시간을 걸겠어
いままで歩いてきた全ての時間をかける



ってろぬん うぇろっぷこ
때로는 외롭고
時には寂しくて

じゅじょあんじゃど
주저앉아도
座り込んでも

きょるぐげぬん ぽぎはじ あなっそ
결국에는 포기하지 않았어
結局は諦めなかった



っこっ きおっけじゅぉ
꼭 기억해줘
覚えていて

Dear my friends

っくむる っくぬん どんあん
꿈을 꾸는 동안
夢を見ている間

ふるろねりん びっばんうり もどぅ びっち どぇお
흘러내린 빗방울이 모두 빛이 되어
流れた雨粒全てが光になって



たし のる びっちゅぉじゅる こや
다시 널 비춰줄 거야
またあなたを照らしてくれるわ

ちぐむ ふるりん うり ぬんむるん
지금 흘린 우리 눈물은
今流した私たちの涙は

あま もむちゅる すぬん おっぷけっちまん
아마 멈출 수는 없겠지만
多分止まらないだろうけど

はむっけらぬん こまうぉっそ
함께라서 고마웠어
一緒にいてくれてありがとう



じちん なるる うぃろへじゅん ったっとぅったん へっされ
지친 나를 위로해준 따뜻한 햇살에
疲れた私を慰めてくれた暖かい木漏れ日に

よぎっかじ おる す いっそっそ
여기까지 올 수 있었어
ここまでやってこれた

You’re my friends

You’re my friends



っこ きおっけじゅぉ
꼭 기억해줘
覚えていて

Dear my friends

っくむる っくぬん どんあん
꿈을 꾸는 동안
夢を見ている間

すちょがご いろぼりょっとん うりえ しがん
스쳐가고 잃어버렸던 우리의 시간
通り過ぎて失くしてしまった私たちの時間



さらじる ごっまん がったど
사라질 것만 같아도
消えてしまいそうでも

おんじぇらど に ぎょって いっそ
언제라도 네 곁에 있어
いつだってあなたのそばにいる

とぅ ぬぬる かむこ くぃるる ぎうるりょ
두 눈을 감고 귀를 기울여
まぶたを閉じて耳を傾ける

く なるちょろむ はむっけ はる こや
그 날처럼 함께 할 거야
あの日のように一緒にいるわ



まじまっ いんさるる はじまん
마지막 인사를 하지만
最後の挨拶をするけれど

きだりるっけ うり びっち どぇ っこっ たし まんな
기다릴게 우리 빛이 돼 꼭 다시 만나
待っているわ 私たちは光になって絶対にまた出会う



かっとぅん っくむそげ いんぬん
같은 꿈속에 있는 걸
同じ夢の中にいる事を

はむっけ はぬん うりえ ごるむ
함께 하는 우리의 걸음
一緒にいる私たちの歩み

ちょるて もむちゅじぬん あぬる こや
절대 멈추지는 않을 거야
絶対に止まらないわ

はむっけらそ へんぼっけっそ
함께라서 행복했어
一緒にいれて幸せだった



Uhh Woo Uhh

Lalala lalalla

Lalala lalalla



作詞◼︎秋元康, イギ(オレオ)
作曲◼︎ヨンベ(RBW)
編曲◼︎イギ(オレオ), ヨンベ(RBW)