”若者に一言物申したいとき。”

テーマ:



 

自分が我慢して頑張ってきたことを
相手に強要する

 

子育ての時めちゃくちゃやってた ガーン
 

逃げるのは負けだという根性論で育てられ

(母は後者)

個体限界追及欲求など持ち合わせてない
HP低い前者には無理な生き方をしていたわたし

 

逃げるくらいなら死んだ方がましってスタンスで

パートに出かけ

あわない仕事で先輩たちに怒鳴られまくって

ふらふらになりながら生きていたあの頃

 

息子は嫌なことからは逃亡する性格で

学校も行かなくなってた

それを行けって鬼のように見張ってた

わたしが正しいって正義の鉄槌を降り降ろしていた

 

それでも負けずに自分を貫いてくれた息子に感謝している

今では相当ゆるゆるになったわたし

息子を監視しようとついしてしまうけど

自分を大切にする、自分の好きなようにするを教えてくれる息子

ありがたいな

ちなみに息子はたぶん前者です

後者家庭の唯一の理解者 ありがたい えーん

 

 

そして、今朝Megさんの記事を読んで気がついたこと

わたし自己啓発とかめちゃくちゃ好きなのよ

そこは頑張りたいのね

頑張るより楽しんでるんだけど

つい、それを人にも強要しているんだと気がついた

迷惑だーーー めちゃ迷惑野郎だーー

 

前者にはアドバイス癖を持っている人が多いらしい

わたしもめちゃくちゃそれをやっている

アドバイスしたいからする!と昨日決め

言いたいことは言うバンジーをしていたんだけど

 

例えば 悩み相談のふりをして

(本人はふりとは思ってないんだろうけど)

かまってほしいだけの人を見ると

めっちゃイライラしてたのよ

それなら最初から愚痴聞いてください

アドバイスいりませんって言えって

(本人も混乱状態にあるから言えないってば)

 

誤解招いたら嫌だから書いておくけど

今のゆきとも会のみんなには思ってないよ

みんな優しいし、前向きで行動早くて

尊敬できる素敵な仲間 

出会いに感謝

 

話がそれたけど、わたしかまってちゃんに

お前もバンジー飛べよ!

さっさと動けよ!
わたしだって頑張ってきたんだからー

成長しろよ!って言いたかったんだけど

それは一番母に言いたかったことなんだなーと

母の精神年齢の低さに辟易していたんで

 

そして、それは自分の精神年齢が低い部分に対しても

否定してたんだなぁ

 

なので、子供っぽくていい!

わがままでもいい!

成長しなくていい!

そのままでもいい!

かまってちゃんでもいい!(あぁ ぞわぞわする)

 

わたし かまってほしいんだな

子供の部分のあるわたしをかまってほしいんだな えーん

 

Megちゃんが言ってるように

存在だけで愛されてるのにね

そこの実感が薄かったんだなぁ

(けっこうましにはなってきたと思うけど)

 

Megちゃん ほんまいつもわかりやすい記事をありがとう