u13交流試合

vs三郷JY

30分1本

①0-0

②0-0

③0-0

④0-0

⑤1-4 松岡(AZK.ジュニア)

⑥2-2 鎌田2(大豆戸FC)


三郷JYさんにお声がけいただき、江戸川第2運動公園で交流試合を行いました。


5本目までスコアレスが続いた今日の試合。

拮抗した試合ではありましたが、ボールを握り、チャンスを作はことはできていました。




1本目はほとんど相手にボールを待たせず、意図的にボールを動かしてビルドアップして相手コートに侵入していく。

ゾーン1.2Bのところではほとんどミスなくゲームを進めるもゴールを奪いきれない。

2本目もゴール前で決定機を作る、シュートが枠を捉えきれず。


当然相手の守備の意識、ゴール前での粘り強い守備は素晴らしかったですが、それ以上に我々の細部にこだわるプレーが出来なかったこと。




色々と反省点はありますが、グループの問題より個人として、ボールの受け方、技術。

ボールを受ける時にどれだけ良い状態で受けるための準備をしているのか。


常に前、ゴールを目指す体の向きを作れているのか。


コントロール、パス、シュートの精度。

本当にシンプルな話ですが、ここが標準装備でないとやはり積み上げていけるものが小さくなっていく。






細かいことにこだわりを持つ、丁寧に行う。

非常に辛抱強く、大変なことでありますが大事を成すためには必要であります。


JYでは練習前に可動域を広げるストレッチ等をアップとして取り入れています。

強制ではないですが、チームがスタートして8ヶ月小さい積み重ねをしっかりできている選手は必ず少なからず変化が出てきていると。


どんな小さな努力でも積み重ねれば大きな力になる。

奇しくも同じ日にu15関東参入戦の神奈川代表チームが試合をしています。

関東参入戦はリーグを戦ったu15の選手ではなく、次年度のu14の選手が戦います。


彼らは1年後その舞台に立っているチャンスもあるわけで、まだまだ1年生ではなく着実に時間は進んでいる!

自分達の目標に向けてみんなで頑張っていきましょう!





カメラを撮る技術も上がってきましたが、今日の試合だとやはり表情が暗いですね!笑




保護者の皆様本日は遠方までたくさんの応援ありがとうございました。


けんぞう