本日は、ジュニアサッカーワールドチャレンジ最終予選に参加するために久々の波崎へ。


長閑すぎる道中。
これとは真反対の世界がこの先に待ってます 笑



3チームリーグで1チームが予選敗退。
Grant さん、malva さん、と同組。

いつかの大和の大会ですね笑

非常に激戦のリーグ、2チームとも違うスタイルのチームで力が問われる一日になりました。



1-2 Grant

得点)小吹



シンプルに縦に、空いた場所へいれてくる相手チーム
前線の2トップとの戦い。

この日は、我々は1-2-4-1
最近のゲームで簡単に真ん中を空けてしまい失点しまうことが多く、ここをまずは2人で埋めて、でたら、埋める、の改善の一つでした。




わかっていてもやられてしまう

右サイドをサイドバックからのパス1で抜け出され、ニアを抜かれ失点

それでもボールは自分たちが持ち、好機は作れていた

前半終了間際、FKからこぼれ球を
コウセイが冷静に決めて同点!



こちらのストロングと相手のウィークと。
後半の進め方の確認。



勝ち取りたかった勝ち点3は、
わずかなボールの競り合いで相手にわたり、失点。

我々の攻撃は、ゴールに迫ったが
やはりどうしても個人、個人が分断。

顔をさげてドリブルオンリー
シュートオンリーになって抜けるほどスーパーな選手はいないし、このレベルでそれは難しい

相手が迷う、遅くなるのは

「何をしてくるんだ?」

迷ったときに遅くなる



そういった駆け引きが欲しい。。。



敗戦。





malva 2-0 Grantを見守る

勝てば上がれる!




4-1 malva 
得点)岡田 中山 弓削 岡田


このゲームは、1-3-3-1
相手の目の前の選手との戦いに持ち込む

前線からの攻撃的な守備で
足に当てることが多く、優位性を作る

序盤押し込んだ中から
ハックンの素晴らしいシュートが決まる
  
大きな先制点


が、簡単には終わらない。
徐々に相手にボールを持たれ始めると
ディフェンスの背後に良いタイミングで飛び出してくる相手チーム

裏だけではなく、ディフェンスラインが下がったら
その前を使う。

その前からミドルを決められ、同点振り出しに。



トランジションゲーム笑
奪ったら、前へ。同数の戦いに。

何度もコウセイが抜け出しかかるも
なかなか抜け出せない。


前半終了間際

コウセイのスルーパスにハル
左から右

素晴らしい斜めの攻撃に、ハルがGKを交わし流し込み勝ち越しに成功!



後半も撃ち合いになる。

相手の球際、攻撃の姿勢にマメッコも引き出される。



激しい個人の戦いになる。



3点目は、イクト。
攻守に活躍したイクトは、攻め上がるとパスの選択肢が消えると迷わずシュート!

落ちたシュートはGKの手をすり抜けて
ゴールへ!


蹴ってますから!
神様は見てます。



その後も3-1とは思えないゲーム展開。
1点が相手に入れば、一気に流れは変わるゲーム。


を鎮めたのは、ハックン!
中盤でボールを奪うと、相手GKのポジションを見て狙い澄ました左足!






大豆戸小の練習で慣れていたとか?!
暗くなるタフな環境でも逞しく試合を進めたマメッコ。




最下位からの逆転劇。



さぁ明日は2つ!
勝てば、大阪行きのチケットを手に入れます。
楽しんでいこう!