1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-04-18 16:59:23

これ、漢字で書く?ひらがなにする?

テーマ:◇心をつかむ文章術

「持つ」は漢字で統一するか、

ひらがなにするか。

どちらがいいと思いますか?

 

某学校案内の制作を一緒にやっている

アートディレクター氏から電話があった。

 

 

漢字で書くか。

ひらがなにするか。

 

キャッチコピーやタイトルなどは、

その1行の中にどれだけ漢字があるか

バランスで決めたりしますが、

 

ある程度の長さの文章を書く場合

(書籍やホームページやパンフレットなど)

は、

その中で統一したほうが良いでしょう。

 

 

 

「持つ」のように、

意味によって、漢字とひらがなを使い分けたほうがいい

ケースもあります。

 

【持つ】

 

バッグを持つ、箸を持つ、

重要な意味をもつ、あと5年はもつだろう

 

この場合は、

手で持つものは、漢字で

それ以外は、ひらがなで

 

と私は使い分けています。

 

 

他にも、よくあるのが

 

【言う】

意見を言う。

人というものは。

 

【所】

人が多い所へ行く。

今、やっているところだ。

 

【物】

重い物を持ち上げる。

そんなことを言うものではない。

 

【事】

新しい事をはじめる。

食べることが趣味だ。

 

【時】

時と場合による。

そのとき、彼女が来た。

 

 

ひらがなにした方がいいケースを、

漢字で書いていると、違和感があるのがわかるでしょうか?

 

 

ここをしっかり押さえておくと、

読みやすく、わかりやすい文章になります。

 

 

 

 

 

 

<現在募集中のセミナー>

 

東京開催 【サンクチュアリ出版さま主催】

5/17(木)さわらぎ寛子/

自分の価値を、言葉にする!「たった1行で選ばれる」キャッチコピーの作り方


時間: 19:00 - 21:00 

会場: 【南北線・東大前駅徒歩5分】サンクチュアリ出版B1Fイベントスペース
料金: 5000円
 
詳細・お申込みはこちら

https://goo.gl/nzLNEg

 

※ こちらは、出版社様主催のセミナーなので、通常とは違う、特別価格になっております。
さわらぎのセミナーがこの価格で受けられるのは、めったにないチャンスです。
 
 

 

 

大阪開催 & オンラインも登場!

【集客文章のキホン 体験セミナー】

<大阪会場>4月25日(水)、6月5日(火)
時間: 13:00~15:00

※どちらも同じ内容です
会場: 大阪 本町/心斎橋 ピギーバックスソーシャルルーム
 
<オンラインZoom>
5月29日(火) 10時~12時
 
オンラインZoom:お好きな場所から参加可能
 
料金:9800円
 
詳細・お申込みはこちら
http://sawaragi2.wixsite.com/sawaragi-catchcopy
 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018-04-16 19:52:58

これを書いたら読者が冷める「ダメワード」

テーマ:◇心をつかむ文章術

ブログやSNSでの発信は、

基本的に

「自分が書きたいように」

「自分が書きたいと思うことを」

書けばOKだと思います。

 

自分の媒体だから。

自由だし。

 

だけど、

基本的に知っておくべきと思うのは、

 

目を止めて読んでもらうこと

最後まで読んでもらうこと

 

は、

自分が思っているよりもハードルが高い

ということ。

 

 

自分自身が読者の時を思い出すとわかるのですが、

「興味があるな~」と思って読み進めても

 

途中でやめちゃうことって、結構あります。

 

文章の長さにかかわらず、

 

途中で読む気が失せる文章と、

最後までグイグイ引き込まれてしまう文章

 

その違いは何でしょう。

 

いろいろありますが、

1つ思うのは。

 

常套句 は使わない方がいい

 

 

じょうとうく

 

 同じような場面で決まって用いられる文句。決まり文句

 

 

 

読まれない「書き出し」の代表例が・・・

 

私は、

今日は

 

 

で始まるパターン。

 

 

私は、メルマガやブログで

 

こんにちは。○○(肩書き)の××(名前)です。

 

と書くのももったいないなーと思います。

 

もっと引き付ける1行を書けばいいのに。

 

(メールの場合は特に、

件名と差出人、1行目が、開封前から見えているので、

その1行目にこだわらないのは、とてももったいない)

 

 

ビジネスのメールでも、

 

お疲れ様です。

 

いつもお世話になっております。

 

は常套句です。

 

 

どっかで100万回使われているような

常套句の比喩なども、気持ちが一気に冷めます。

 

 

目からうろこでした!

 

ほっぺが落ちました!

 

 

 

・・・

 

 

もうひとつ、ものすごく読む気が失せるのが、

 

「長文になりますが・・・」

 

「あんまりおもしろくない話ですが・・・」

 

「○○講座に参加して、課題に出たので書きますが・・・」

 

「この前もこういう話を書いたのですが・・・」

 

 

みたいな、「お断り的な」書き出し・・・

 

 

正直、知らんがな

 

と思います。

 

 

そして、せっかくグイグイ読まされていたのに、

最後にズッコケそうになることも。

 

それが、

 

いかがでしたでしょうか? 的な問いかけや

 

今日からがんばります!的な宣言、

 

 

あなたもお気を付けくださいね!的な忠告・・・

 

 

 

 

余分です。

余計です。

 

それさえなければ、共感していたのに…と思うコトが多々あります。

 

 

文章は、起承転結とよく言われますが、

 

最後の余計なシメは、要らないことの方が多い。

 

 

 

 

 

 

 

<現在募集中のセミナー>

 

東京開催 【サンクチュアリ出版さま主催】

5/17(木)さわらぎ寛子/

自分の価値を、言葉にする!「たった1行で選ばれる」キャッチコピーの作り方


時間: 19:00 - 21:00 

会場: 【南北線・東大前駅徒歩5分】サンクチュアリ出版B1Fイベントスペース
料金: 5000円
 
詳細・お申込みはこちら

https://goo.gl/nzLNEg

 

※ こちらは、出版社様主催のセミナーなので、通常とは違う、特別価格になっております。
さわらぎのセミナーがこの価格で受けられるのは、めったにないチャンスです。
 
 

 

 

大阪開催 & オンラインも登場!

【集客文章のキホン 体験セミナー】

<大阪会場>4月25日(水)、6月5日(火)
時間: 13:00~15:00

※どちらも同じ内容です
会場: 大阪 本町/心斎橋 ピギーバックスソーシャルルーム
 
<オンラインZoom>
5月29日(火) 10時~12時
 
オンラインZoom:お好きな場所から参加可能
 
料金:9800円
 
詳細・お申込みはこちら
http://sawaragi2.wixsite.com/sawaragi-catchcopy
 

 

 

 

 

 

 

 

2018-04-10 22:05:34

東京!出版社でのイベント決定!

テーマ: |-セミナー情報

SNSで誰もが情報の発信者になった現代は、
どんなにがんばって発信しても
スルーされまくりの「情報洪水時代」です。
 
まず「目を止めてもらう」
そして「共感してファンになってもらう」
さらに「申し込んだり購入してもらう」って
実はすごくハードルが高いことなのではないかと
思うのです。
 
まず第一関門の「目を止め」「手を止めてもらう」
それがなければ、
どんなに頑張って書いたって、存在しないのと同じ。
 
だから、「私のことだ」
「なんで、俺の気持ちがこんなにわかるの?」
「これ、自分に関係ありそー」
と思ってもらうキャッチコピーが必要なのです。
 

 

 

5月17日(木) 19:30~

サンクチュアリ出版さんでセミナーが決定しました!

 


誰でもキャッチコピーが作れる「5つのSTEP」をもとに、
その場でワークをします。
さらに、数名の方にはライブで添削も。
 

今回は、サンクチュアリ出版さまからお声がけをいただき、
特別な内容でのセミナーを開催します。
 
東京でのセミナーは、次回の開催は未定です。
この機会にぜひどうぞ。


 
<こんな方のお役に立てます>

 

・商品やサービスの売上を上げたい方

・自分の価値を言葉にしたい方

・共感されてファンを増やしたい方

・ブログやメルマガ、SNSで集客力を上げたい方

・いい商品やサービスがあるのに伝わっていないと感じる方

・仕事に繋がる自己紹介がしたい方

・自分の仕事や活動を、わかりやすく伝えたい方

・話がよくわからない、と言われる方

・文章を速く書きたい方

・自分の思いを言葉にしたい方

 

 

詳細・お申込みはこちらです
 
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1652

 

 

このチャンスに、ぜひお越しください

お待ちしております♡

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>