こんにちは。

保育士歴30年!

保育・子育てアドバイザー

上野里江です。

 

 

今年も残すところ25日!!

 

年が明ける前に

今年のうちに

 

やり残したことはないかしら?

 

今振り返り中の私です照れ

 

 

 

中2の娘お母さん

 

高校受験が目の前に迫ってきて

少々情緒不安定アセアセ

 

 

なんか迷宮に入ってしまったようで

 

「なんのために高校にいくの?」

「高校へ行ってやりたいことが見つからない」

 

「行きたい高校がわからない」

「勉強なんかしたくない…」

 

 

などなどあせる

 

 

挙句の果てには

 

「どんな大人になりたいのかわからない」

「なんで私は生きてるの?」

 

てなことまで言い出したガーン

 

 

哲学しいてますねぇガーン

 

 

思春期って大変だねぇ…汗

 

そんなことを思いながらも

ひたすら娘の話を聴いていますおねがい

 

 

 

娘は自分がどうしたらいいのか?

分からない…って言うんだけど

 

どうしたらいいか?

 

っていうのは

 

答えを外に求めていると

思うのです

 

 

でもね上差し

 

自分の進路は

誰かに決めてもらうのではなく

 

自分が

 

どうしたいのか?

 

ってことが一番大事!

 

 

きっと娘も

ホントは自分の気持ちに

気づいているのでは…?

 

それを

ハッキリさせる自信がなかったり

周りの目を気にしていたり

 

行動に移すのが面倒くさかったりで

 

どうしていいかわからない!

 

という心境になっているのでは…はてなマーク

 

 

自分の気持ちよりも

 

周りの目や

周りの人の意見を

気にしてる娘お母さん

 

 

誰も何も強制してないのに

 

 

自分で決まりや縛りをつくって

苦しんでいるお母さん汗

 

 

「どうしたらいいか?じゃなくて

ホントはどうしたいの?

 

この質問

 

私自身も

何度となく自分に問うて

今に至ります照れ

 

 

それでもなかなか

こうしたい!が見つからない時は

 

 

「絶対になって欲しくないことは?」

 

「こんな現実だけは避けたい!と

思うことは?」

 

って問いかけると

何か光が見えてくるかもキラキラ

 

 

そう

問いかることって

 

相手に対しての信頼と愛情

 

 

 

私が答えを出してあげることは

愛情じゃないと思いのです

 

 

思春期お母さん

悩むことは無駄じゃないもんねビックリマーク

 

 

今は

「ホントはどうしたい?」

 

って問いかけて

 

どんな答えも「いいね~!」

 

って受け止めて

 

一歩ずつ前に進んで行かれるように

 

見守っていこうラブ

 

 

保育・子育てアドバイザー

上野里江