在宅ワークと副業で老後資金をためる

在宅ワークと副業で老後資金をためる

主婦で在宅ワークで数万円でも収入があれば子どもの教育費や生活費の足しにできます。将来や老後の貯金もできますよね。主婦だって美しいままでいたいもの。自分のためにエステやファッションに使って美しさを磨くための費用に体験した在宅ワークの情報公開をしてます。


テーマ:

 

主婦となると働く時間が限られています。

それでもあと月2,3万円、じぶんで好きなことに使える余裕があったら。

 

と、何度もおもったことか・・。

 

ネットの情報でいろいろ探していると体験談やいろいろ口コミがのっているで、今日はマッサージのバイト&パートの情報です。

 

マッサージのバイトのメリットとデメリット

 

マッサージのアシスタントとして経験がなくても、未経験からはじめられるところがほとんど。

 

なぜかというと、按摩やハリ、柔道整体師以外のマッサージは特に資格がいらないので。

 

自分でマッサージ師と名乗ってしまえばそれで通用する日本なんです。

 

ともあれ、大体東京・神奈川のリラクやエステ、足つぼマッサージや整体アシスタントおバイトはだいたい時給1000円が相場

 

プラス交通費支給なので、マッサージの無料研修もうけられるところが多いし、時給的には満足できるもの。

 

ただし、土曜日曜に出勤できる人を求めているところが多く、そういった条件もクリアできているのなら、やってみたい副業です。

 

バイトやパートは時給制で、お客さんがつかなくてもしっかりとバイト代が発生するのも安心です。

 

マッサージの副業は正社員じゃないほうがいい理由

 

かえって正社員のほうが完全歩合制のところが多く、お客さんの数や指名料で周遊が違ってくるので、月にお小遣い程度、2~3万円を手堅く手に入れたいおなら、マッサージの職はバイトで雇ってもらったほうがベターです。

 

完全歩合制だと、予約が入らなかったりしたらもちろんその日は無給、また交通費も支払ってくれないマッサージ店もあるので、働く前に条件を要チェックです。

 

自分の施術以外の時間帯は待機室があるときはそこでまっていることもできるし、お店によっては、ネットの予約確認や清掃等をやるところもあります。

 

 

体力的にはそれほど疲れることもないので、あとは人間関係がよければバイトをする価値はあります。

 

働いている年齢の人は、20代~40代の人が多いです。

 

この仕事一本で生活費を十分得るのはかなり厳しいので、副業掛け持ちの人や、本業を持っている人、自分のやりたいことがある人たちがバイトとしてマッサージのお店で働いていることが多いです。