ママライフデザイン研究所 

~いまを楽しく これからを豊かに~

自分らしく、笑顔で過ごせる毎日を。

人・モノ・コトをつなぎ、私たちのまちの暮らしをつくります。



ホームページアドレス https://www.mamalife-design.com

インターンとして活動をサポートしてくださる方を募集します!

 

現在はメンバー4人で活動している

ママライフデザイン研究所ですが、

幅広く、新たな事業を展開するにあたり、

インターンとしてサポートしてくださる方を

若干名、募ることとなりました。

 

 

小学生、入園前の子どもを育てながら

活動ができることを

大前提としたママライフです。

 

園や学校に行っている時間を活用して、

もちろんお子様連れでの参加も大歓迎です。

お勤めしている、また開業されている方も

スケジュールの合間に参加できます。

正規のメンバー同様に、

それぞれの状況とスキルに応じて

お仕事を振り分け、共有します。

 

 

 

■ こんな方をお待ちしております♪■

 

・まちづくりに企画から関わってみたい

・暮らしをより良くする活動がしたい

・子育て世代の応援がしたい

・昼間の空き時間に気分転換がしたい

・イベントやセミナーのスタッフがやりたい

・イベントの企画運営をやってみたい

・インテリアや会場装飾に興味がある

・ブランディングに興味がある

・マーケティングに興味がある

・写真を撮るのが好き

・人と関わるのが好き

・DIYや植物が好き

・子連れでできる活動に興味がある

・前職で得たスキルを活かしたい

・いずれはメンバーとして加入し

活動がしてみたい

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

必須条件ではありませんが、

以下のスキルをお持ちの方ですと、

一層うれしいです!

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ 

 

・一眼レフ、ミラーレス一眼を

持っている、扱える

・illustrator、Photoshop、Excel などが使える

・企画書の作成や伝票処理が得意

・HP作成管理やSNS投稿などが好き

(WordPress/Instagram/Facebook/

twitter/アメブロ/公式LINE)

・パソコンやスマホの操作が苦にならない

・メールやLINEをまめに確認、

緊急度に応じて返信ができる

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ 

その他、前職や学びで得た知識・経験、

活かせる得意分野を

ぜひ、面談でお聞かせください!

 

  
 ■こんな事業に携わることができます■

事業一覧はこちら 


 

 ■対象■

20~40代の北名古屋市、近郊在住の方

未婚・既婚は問いません

お子様の年齢、有無は問いません

 

■お申込方法■

ママライフデザイン研究所

インスタグラム DM 、

または、HP お問合せフォームより

お問合せください。

 

※お問合せをもって

採用に代えさせていただくことはありません。

※メンバーとの面談、打ち合わせを経て

選考させていただきます。

 

お問合せ、お申込み、お待ちしております♪

 

 

 

パソコン https://www.mamalife-design.com/

 

 

 

 

 

―――――――――――――――――――

北名古屋市市民協働推進補助事業
『ママライフエキスポ』オンライン版
 
エキスポ出展者様ご紹介
アンケート集計結果など
振り返りがご覧になれます
 
今後は、
来場者アンケート回答から得られた
気づきなどを元に
関係各所と連携して
よりよい暮らしとまちをつくる活動について
発信してまいります!
 
インスタグラムアカウント


 

 

 

■ お気軽にお問合せ下さい 

 

 

 

NEW HP新しくなりましたNEW

パソコンhttp://www.mamalife-design.com

 

 facebook  ママライフデザイン研究所

 

Instagramhttps://www.instagram.com/mamalifedesign.kitanagoya/

 

フォローしてね

 

---------------------------------

名古屋芸術大学地域交流LABO学校

のご案内。

---------------------------------

徳重・名古屋芸大前より徒歩2

駐車場15台あり

ビジネス徳重ホテル跡地

名古屋芸術大学地域交流LABO」

 

 一般社団法人

ママライフデザイン研究所

 

今を楽しく これからを豊かに

イキイキとした暮らしとまちをつくります

 

 

子ども達の未来を守る為ママライフデザイン研究所は

「持続可能な開発目標(SDGs)に真摯に向き合い

積極的に貢献してまいります。