最恐の夢

テーマ:
心霊写真を撮ろうと窓ガラスにスマホの影を人の影のように見せかけて撮ったら、影の後ろになぜか自分のらしき顔がぼんやり写っていて、急に背筋がゾクゾクしてきて、テーブルの上の十字架や十字になった物を3つ目の前に並べた。
そうしていたら、テーブルの下に置いていた三つ編みの髪が左の足首に巻き付いてきた。その直後に目が覚めた。こういうのをマジに怖い夢というのだろう。

久しぶりにゲームブック(ヤマモトケイスケさんのケンタッキーのぼうけん4 月の神殿)をプレイ。今回もスケールが大きくて楽しい冒険でした。10回以上ゲームオーバーになりましたが、直前の選択肢に戻ってやり直しつつクリア。

1ページ6パラグラフで総パラグラフ数384、143の外伝も収録されています。

少し気になったのが、右からと左から読む箇所が混ざっていて戸惑うことがあるのと、字が綺麗だったらもっと読みやすいのにということですかね。

シリーズ最新作も予定されているようなので楽しみです! また3冊ほど購入したいと思います。




今日久しぶりに見たモンハンの夢。

携帯ゲーム機からフレンド申請のようなことをして、その後どこからか現れた3人の男とプレイ開始。見たことのないモンスターを私(のキャラ?)はやや細長い感じのハンマーで上下に叩きまくり、やがて討伐。剥ぎ取った記憶はなく、3人がどの武器を使っていたかなどは不明。

そこでゲームは終わり、私が「もっと強いやつを狩りに行った方がいいかもね」などと言う。1人は私の目の前辺りに立ち、右側奥に1人、近い方の1人が私に背を向けて座ってから少しして目が覚めた。


アドホック通信協力プレイの思い出。

夢とは違い、男だけでプレイしたのは1回ぐらい。鹿児島市内まで行ったり、こっちに来てもらったり。モンスターハンターポータブル2ndと3rdは1回ずつぐらいで、ほとんどが2ndG。主に車内(私の車)で2人で。私が事務所を借りて8人ぐらいで、男2人や6人ぐらいで高台にある公園で、友達同士の2人と3人で、1日に2人と、プレイ後に泊めてもらったり、車内で4人で、家に遊びに行って4人でとか。

1回だけの人が多かったけれど、何回かとか、仕事が終わってから寝る時間ぐらいまでを結構な回数とかも。年上の人が1人、学校の同級生も1人いた。ギルドカードは20枚以上もらったような。

最後に協力プレイしたのは6年ほど前で、その直後辺りにモンハンをやらなくなった記憶が。


当時SNSで凄腕ハンターとか凄腕ゲームブッカーという名前を使っていたからピンときたり思い出す人もいるかもしれないけれど、私のようにやらなくなって何年か経つ人も多いように思うし、きっと一緒にプレイしたことは忘れちゃっているだろう。


今思うことはやっぱり、あの頃は楽しかったなと。そして、モンハン以外も含めて、一緒に遊んでくれたすべての人に感謝の気持ちを伝えたい。「あの時はありがとうございました!」と。できたらスイッチ版のダブルクロスとかでまた協力プレイできたらいいな。オトモなしでイベクエクリアしていたけれど、今はだいぶ下手になっているかもだけど。