幕内秀夫の食生活日記
  • 18Dec
    • おぞましい話だが・・・

      けんちんうどん、切り干し大根 このうどんはうまいです。これぞ究極のダイエット?胃に直接管を差してポンプで吸い出す、「アスパイア・アシスト」食べたい。でも痩せたい。食欲との戦いはあまりにも辛すぎて連戦連敗。そんな人の為の究極のダイエット方法が開発されたという。あの、セグウェイの開発者、ディーン・ケーメンと医師たちのグループが、食事をして20分後に胃の中の食べ物を30%吸い出すことができるポンプを開発した。これで余分なカロリーともおさらばだ。基本的に、これは栄養チューブの逆バージョンと考えていい。口から食事がとれない人の胃に生命を維持できる栄養素を送り込むのではなく、普通に食べられる人から、「アスパイア・アシスト」という吸引治療ポンプで食べ物を吸い出すのだ。お腹の切開口からチューブを胃に差し込んで、ポーカーチップ大のスキンポートというバルブをはめる。食事の後20分たったら、持ち運びできる装置をスキンポートに取り付け、トイレで胃の内容物を捨てるのだ。食後20分というのは、脳が満腹感を認識するが、胃はまだ食べ物を消化しない時間だ。これで30%のカロリーを魔法のようにカットできるというわけだ。現実には、カロリーが魔法のようにカットされるわけではない。お腹の穴から便器の中に食べたものが吸いだされていくのを見なくてはならない。あまり見たくないシーンだが、食べたいけど痩せたい人にとっては、それくらいの試練は耐えられるはずだ。臨床実験では、この処置を受けた24人の被験者が平均20kgの減量に成功したという。20kgも減らせるほどの人たちってどんだけ太っていたんだろう?アメリカのでは3人に1人が肥満なのだそうだ。このままいくと2030年には肥満率が50%を超えるとも言われているそうだから、腹に管を差してポンプで吸い出し、便器で排出するというこの方式も受け入れられるのかもしれない。https://gigazine.net/news/20160622-aspire-assist-weight-loss/▼ギリシアだったかローマ時代には、貴族たちが鳥の羽を喉に突っ込み吐きながら、美食の限りを尽くしたという話がある。やがてその文明は滅亡することになる。 それを思い出してしまった。世界で減量目的の手術を受けている人が約50万人もいると言うのだから、驚くべき話ではないのかもしれない。ただ、手術よりも、食べたものをトイレに捨てるというのは、パロデイ―のように感じる。ついにここまで来てしまったのか?と思う。後に残ったのは、口を縛ってしまうことくらいではないだろうか?何ともおぞましい話だが、ただバカバカしい話だとも言えないのかも知れない。高度肥満の人だって、食事制限や運動で痩せてほうがいいことはわかっているはずだ。だが、わかっちゃいるけど、やめられないのだ。 私が「食」のマイルドドラッグ化と言い出したのは、いつになるだろうか?色々な要因があるが、以下の文章を読んだことが大きかったと思う。「重症肥満に対しては、唯一外科治療だけが、その長期間の減量効果が証明されている治療である」 (米国国立衛生研究所 1991年) これを読んだ当初は、非常に違和感があった。だが、医療機関で高度肥満の患者さんと接することが多くなるようになり、非常に難しいことを実感するようになる。明らかに「今までとはちがう」、そして、現代の「食」はわかっちゃいるけどやめられなくなっていると感じるようになった。そこから、マイルドドラッグという言葉が浮かんだんだと思う。「ドラッグ」という言葉に随分、批判を受けることがあった。だが、今や色々な人たちがこの言葉を使うようになっている。 今回のニュースは、ただのおぞましい話だとは言えないと思っている。

      NEW!

      27
      1
      テーマ:
  • 17Dec
    • 子どもは何もわかっていないという錯覚

      ごはん、けんちん汁(ごぼう・こんにゃく・油揚げ・にんじん・ねぎ)、赤かぶ漬け、大根の玄米漬け、切り干し大根、鰯の大葉揚げ けんちん汁のように「具」の多い汁物をうまく案じる季節になってきましたね。寒い地方などでは「粕汁」なども多くなってくるんでしょうね。 ただし、以下のような質問を受けることがあります。味噌汁を飲んでくれません?Q:3歳の子どもがいます。あまり野菜を好まないので、味噌汁にたくさん入れて食べるようにしています。ところが最近、その味噌汁を飲んでくれません。どうしたらいいでしょうか?A:最近、というのがよくわからないのですが、少し暖かくなってから飲まなくなってきたのではないでしょうか。私たち大人の場合も、暖かくなってくると味噌汁が飲みにくく感じることがあります。もっと暑くなると、味噌汁ではなくお吸い物が飲みたいと思うことがあります。ましてや、野菜に限らず、具のたくさん入った味噌汁は飲みにくく感じるようになります。逆に、寒くなってくるとけんちん汁、豚汁、あるいは粕汁や呉汁(大豆)など、具の多い味噌汁やとろみがある汁物を美味しく感じるものです。鍋物なども夏場にやる人はめったにいないと思います。寒くなっとき、具の多い鍋物は汁にとろみがでることで冷めにくく、体も温まって美味しく感じるのではないでしょうか。所詮、液体とはいえ、暖かくなってくると、汁の濃度が濃いと重く感じるのだと思います。だから、さっぱりしたお吸い物が美味しいのでしょう。夏の食べ物、そう麺やひやむぎの「汁」もあっさりしたものばかりではないでしょうか。お子さんに野菜を食べさせたい気持ちはわかります。味噌汁に入れると、どんな食品でも食べやすくなるのも事実です。でも、少し考え過ぎです。味噌汁は、文字通り「汁」を飲むものです。味噌汁は、味噌と出汁のきいた汁を飲むことに意味があります。味噌汁は野菜の味噌煮込みではありません。朝から、昨晩の寄せ鍋の残り物のような味噌汁をだされたら、私たち大人でもゲップがでそうな気持になります。これから温かくなってくると、なおさら、そう感じるはずです。お子さんが「嫌がる」ことは、「どうしたらいいか」と考える前に、「何か意味があるのではないか?」と考えるといい場合が多いものです。▼最大の問題は、子どもを信じていないことにあります。どうも、大人は言葉も良く分からない、文字も充分に読めない子どもはわかっていないという錯覚があるように思いますね。それを言ったら、馬だって言葉がわからなくても、きちんと草食動物だとわかって食べています。ライオンだってきちんと肉ばかり食べています。生まれたばかりの赤ちゃんは誰に言われなくても、おっぱいを飲みます。100人の子どもがいるとして・・・ビールが飲める子どもは「ゼロ」でしょう。コーヒーを飲める子どもは「2,3人?」しかいないでしょう。麦茶が飲めることどもは「95人」でしょう。100人の子どもが「水」は飲むでしょう。 子どもは本当にわかっていないのでしょうか?わかっていないのは私たち大人なのです。おおよそ、100人のうち、100人の子どもがやらない事、嫌がる事はまちがいだと考えるべきなのです。「断乳」、「6つの基礎食品」、「子どもに30回咀嚼させましょう」、「工夫してピーマンを食べさせましょう」、「残さないで食べなさい」、すべては子どもを信じていないことに誤りがあります。

      33
      1
      テーマ:
  • 16Dec
    • 再び「鯖缶」で恐縮です

      ごはん(紫米)、味噌汁、赤かぶ漬け、大根の玄米漬け、切り干し大根の南蛮漬け、鯖の味噌煮 東北、北海道、日本海方面に出張すると、「煮魚」を食べたくなることが多いのは、我が家ではほとんど出ないからだと思いますね。鯖ばかりが続き、恐縮ですが、再び鯖缶の話です。インスタ映えしない「サバ」なのにブームのワケ 塩焼き、味噌(みそ)煮、西京焼き……。サバを使った定食ランチはサラリーマンの定番の一つだ。缶詰はそのままでも手軽な酒の肴(さかな)になり、晩酌を欠かさないおじさんたちの強い味方だった。華やかさとは無縁の見た目はインスタ映えもしない。それが、今年になって流行グルメの最先端として注目を集めている。フードプランナーの渥美まいこさんが、サバブームの背景を探る。・・・・・・・・・・・・・・・・健康ブームで突出したサバ缶の実力 サバ缶が全国規模で話題になったきっかけは、「健康」という視点でした。そのため、サバ缶に素早い反応を見せたのは、健康に課題を抱えるプレ・シニア世代(55~60歳)でした。健康に効果があるとされる食品は、食べる理由がはっきりしているため、ブームになりやすい傾向があります。とはいえ、健康食品は百花繚乱の時代です。中高年をターゲットとする視聴者の興味をひくために、テレビでは健康にいいとされる食品が次から次へと紹介されています。「玉ねぎヨーグルト」、「菊芋」、海藻類の「アカモク」、「甘酒」、「オリーブオイル」……。「医者が認めた健康食材はコレ!」とうたわれる食材は枚挙に暇(いとま)がありません。ここまでくると、食傷気味になって、「そう簡単に信じないぞ」という視聴者もいます。にもかかわらず、なぜ、サバ缶は突出した存在感を際立たせることができたのでしょうか。これこそ、サバ缶の奥深さ、実力と言うことができそうですhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00010000-yomonline-bus_all&p=2▼私のブログを見ている方は、みの〇んた症候群や試してガッカリ症候群の人はほとんどいないと思います。だから今更言うことではないと思いますが、これらの病気は「食生活」を考えずに、一つの「食品」や「栄養素」を追いかけまわすのが特徴です。鯖缶が売れることは悪いことだとは思いません。鯖缶は安いし、缶詰なので食品添加物の使用料も少なく、適当にうまい。忙しい人には重宝すると思います。我が家も使うことが少なくありません。 ただ、「健康のため」に購入するものではありません。若い方は知らないと思いますが、かつては「青身の魚は脂肪が多いから注意。白身魚がいい」と言っていたことを覚えておいてください。その魚の「栄養素」しか見ていない人たちの主張はコロコロ変わるものだということです。 しかし、鯖缶だからいいですが、日本人の情報過食症、一億玉砕、思考停止は、コーラの「トクホ」がバカ売れしたことでもはや驚かなくなりましたが、すごい、怖いとさえ思いますね。 そう言えば、ホリエモンは『刑務所ナウ』の中で、何度も「試してガッテン」の番組は最悪だと言ってましたね、中々、するどい!!

      23
      2
      テーマ:
  • 15Dec
    • 北海道の寿司を考える

      ごはん、味噌汁、切り干し大根の南蛮漬け、大根の酢漬け、鰊漬け、スモークサーモン、卵焼き スモークサーモンはいただきものです。我が家は圧倒的に、秋刀魚、鯖、いわし、鰺などの青身魚が中心です。が、まちがってもDHAやEPAなどを考えてそうしているわけではありません。1に好み、2に経済性・・・しいて屁理屈を言えば、安い大衆魚は養殖が少ない。ことくらいでしょうか? 昨日、将棋を見ていました。何度か書いていますが、将棋は対局時間が長いことがあり、「将棋飯」などと言って、昼食、あるいは夕食が紹介されることがあります。昨日は、佐藤天彦名人が対局していました。別名、砂糖甘彦名人と呼ばれています。さすが、名人です。特上寿司でした。一番左にある寿司でしょうか?卵をしめ鯖に変更したと言います。それを聞いて先日の北海道講演会を思い出しました。どうも、北海道に行くと普通の寿司屋さんより「回転寿司」に行きたくなる。1に安い、値段がはっきりしている、2に好きなものを選びやすい、3に1人で入りやすい、そんなものだろうと思っていました。名人の食べた寿司を見て、それだけが理由でないことに気付きました。北海道である程度値段の高い寿司屋さんに入ると、まさに上記のような寿司を食べることになるでしょう。北海道ならここにカニ、ほっき貝、ほたてでしょうか?佐藤名人は卵をしめ鯖に変えたということですが、まさに、私が好きな、しめ鯖、こはだ、いわし、秋刀魚、鰺などがないんですね。回転寿司なら、むしろそちらのほうが多いくらいです。しかも、安い。だから普通の寿司屋さんより、回転寿司に行きたくなるんですね。もう一つ、「北海道の回転寿司はうまい。東京の普通の寿司屋さんと変わらない」と言う方がいます。同感です。ただし、うまい回転寿司は値段がどうなんでしょうか?今回の北海道出張では、仲間の皆さんと、私が希望して回転寿司に行ってきました。冬の北海道と言えば、「鱈」だと思います。鱈の白子です。うまい!!ただし、「430円」です。そして、私の好きなこはだ、秋刀魚、いわしなどがありません。普通の寿司屋さんとあまり変わらないですね。ホタテとほっき貝もうまかったですが決して安くはありません。ということで、私のように「光もの」が好きな方は、北海道に行ったら、回転寿司に行きましょう。くれぐれもDHAやEPAなどどうでもいいことを考えないで食べましょう。

      33
      テーマ:
  • 14Dec
    • 和食の中心には「常備食」がある

      ごはん、味噌汁、切り干し大根の南蛮漬け、セロリーのふりかけ、白菜漬け、卵焼き、鯖の文化干し  色々並んでいますが、ほとんどは常備食です。和食と言うと、野菜や魚介類などを食べること。それはそれでいいのですが、和食の基本は、「ごはん+味噌汁+常備食」だと思っています。「和食は手間がかかる、あるいはお金がかかる」と考えている方は、常備食を忘れていると思いますね。とくに時間のない、慌ただしい朝食などは常備食を見直すことをお勧めします。 我が家の場合は、作ったものが多いですが、ライススタイルは様々です。時間のない方は購入してもいいでしょう。当然、購入すれば「食品添加物」などの心配もありますが、昔から伝わってきた常備食は、長い間、蒸し暑い風土の中で防腐剤も冷凍設備のない時代から食べられてきたものです。焼きのり、納豆などはその典型ですが、比較的、添加物は少ないものです。 常備食を上手に利用しているのは、刑務所ですね。ホリエモンの本を読むと、朝食はほとんどワンパターンです。ごはん+味噌汁+常備食+常備食です。 たとえば、ごはん、味噌汁、焼きのり、納豆。ごはん、味噌汁、鯖の味噌煮缶、きゃらぶき。ごはんと味噌汁、ふりかけ(明太子)、煮豆等々。 手間や予算の関係もあるのでしょうが、基本的に朝、作るものはごはんと味噌汁だけのようです。私たちの家庭の食事もそれでいいんですよね。プラスするとすれば、前の日の残りものでしょうか?

      27
      2
      テーマ:
  • 12Dec
    • 栄養教諭の充実は本当にいい事なのか?

      ごはん、辛味噌汁(里芋・ねぎ・もやし・しいたけ・豆板醤)、赤かぶ漬け、大根の玄米漬け、納豆、鯖缶白菜不公平?「栄養教諭」の配置格差 背景に国の基準 食育、アレルギー対応… 「特定の学校にだけ『栄養教諭』がいるって、不公平にならない?」。福岡市の40代女性から、あなたの特命取材班にこんな意見が届いた。実態を探ると、授業も担当する「教諭」として導入されたにもかかわらず、配置基準は給食の管理が主業務だった学校栄養職員と変わらないという課題が見えてきた。 栄養教諭が誕生したのは2005年度のこと。給食の献立作りや調理、衛生面などを管理する従来業務に加え、新たに「食育」で中核的な役割を担う先生として位置付けられた。「食育は、いろんな教科と関連付けができるんです」。福岡市の栄養教諭でつくる研究会の副代表で、西区の金武小に勤める新子功恵さん(54)はそう語る。年度当初に、3年生の国語「すがたをかえる大豆」や、4年の保健体育「育ちゆく体とわたし」など、食育と関わる単元をまとめた文書を金武小の各教員に配り、意識を高めてもらう。これとは別に、年度中に全学級で食育につながる授業を実践しているという。別の2小学校にも出向いて授業 新子さんは、栄養教諭が配置されていない別の2小学校にも出向いて授業をしているが、もどかしい思いも抱えている金武小では学級担任との信頼関係を築きやすく、子どもたちの普段の様子を把握して給食指導や授業に生かせる。近年増えてきた食物アレルギーのある児童への対応を巡っても、給食で使用している食品の量や銘柄を細かく知りたい保護者と直接やりとりできる。一方、出向く学校では間に教員を挟んでの対応になるため、限界がある。現在、福岡市教育委員会が配置している栄養教諭は、小学144校に対し70人、中学69校に対し14人、特別支援学校7校に対し7人。なぜ全校に配置しないのか-。550人以上で1校に1人、それ未満であれば4校に1人 市教委給食運営課によると、背景には国の配置基準があるという。福岡市のように小学校ごとに給食の調理場がある「自校方式」だと、児童数が550人以上で1校に1人、それ未満であれば4校に1人という配置になる。中学校は、専用の給食センターで複数校分をまとめて作り配送するため、栄養教諭はセンターに配置される形になる。調理数が1500人分以下は1人、6千人分までは2人、それ以上は3人だ。▼栄養教諭の配置格差よりも、きちんと勉強している栄養教諭なのかということのほうが問題だと思う。あくまでも独自の判断だが、きちんと勉強している栄養教諭は1割もいないと考えている。それは学校給食のメニューを見てもわかる通りだ。ほとんどが、深い意味も考えず、ただ「バランスのとれた食生活をしましょう」という標語を叫んでいるだけだと言ったら言い過ぎだろうか? きちんと勉強しない栄養教諭は、ただ母子を苦しめるだけになる。それもこれまでの行政指導の歴史を振り返ってみればわかる通りだ。「人工栄養推進」、「断乳指導』、「月齢別離乳食」、「離乳期の果汁の勧め」、「離乳期の牛乳推奨」等々。いずれも今や行政も否定している。それの繰り返しだ。栄養教諭の配置が充実することは、再び母子を苦しめることになり兼ねない。

      32
      テーマ:
  • 11Dec
    • これは何度も繰り返すだろう

      ごはん、カリフラワーのスープ(にんじん・じゃがいも)、赤かぶ漬け、玄米漬けたくあん、鰊漬け、大根の酢漬け、セロリーとじゃこのふりかけ鉄剤注射問題、やせすぎ防止へ…陸連「危機的」 高校駅伝の一部強豪校で貧血治療用の鉄剤注射が、日本陸上競技連盟の警告後も使われていた問題で、陸連が来年12月の全国高校駅伝大会から、選手の血液検査結果の報告だけでなく、身長、体重の報告の義務化も検討していることがわかった。陸連は、減量のため過度な食事制限を強いられる選手が多いことも鉄剤注射使用の背景にあるとみている。陸連は9日、「アスリートを取り巻く環境は危機的」とするコメントを出し、選手の健康管理を主導する方針を示した。 #rect-l{position:relative;left:-5px}陸上関係者によると、長距離種目は「やせている方が有利」とされ、選手の食事量を過度に制限する指導者も少なくないという。陸連は、日常の食事で十分な鉄分を摂取できないことも、鉄剤注射が安易に使われる背景にあるとみている。選手の血液検査結果に加え、身長、体重も報告してもらうことで、鉄剤注射の使用抑止と、選手の健康管理につなげたい考えだ。▼今頃、「危機的」だなんてふざけたことを言うなと言いたくなる。このブログにも何度も書いたきたことだが、貧血、無生理、過度のやせ、あるいは摂食障害などの問題は何度も指摘されてきたことではないのか?鉄剤の注射など聞いても何も驚かない。選手に鉄剤の注射を勧めた指導者も問題だが、これは日本陸上連盟そのものの問題だ。わかっていたことなのに何も対策をとらなかった。そして最大の問題は、陸連の関係者が女子選手の健康問題など何も考えずに、成績を求めたきたことにある。100人の選手に対して、無茶を強いい、99人の選手に健康障害が起きても、1人がオリンピックで金メダルをとればいい。そのような指導をする指導者を称えることにこそ問題がある。その後、99人の選手はどうなってしまったかと思う。貧血、あるいは不妊症などで悩んでいる人がどれくらいいるのか?健康を目指すと不利になるような、競技をすることが本当にいいのか?そこを考えないと、これは何度も繰り返すことになる。指導されなくても、自ら無茶な減量をしてしまう選手もいるだろう。少なくとも、今回、女子選手に注射を勧めた指導者には、「指導者永久失格」くらいの処分をする必要があると思う。

      40
      1
      テーマ:
  • 10Dec
    • 年内最後の講演会も大慌て

      ごはん、味噌汁、赤かぶの千枚漬け、鰊漬け、玄米漬け、秋刀魚の塩焼き、里芋といかの煮物 漬物は、北海道のお土産です。鰊漬けがうまいです。 日曜日はドウーラ協会の講演とリアルインサイトの「元気の学校」の収録がありました。 ドウーラ協会 https://www.doulajapan.com/ リアルインサイト https://www.affiliatecenter.jp/real/index.html ドウーラ協会の講演は何年になるでしょうか?ドウーラ、大事な仕事だと思うのでやりがいがありますね。それはいいのですが、講演会場に着いたら、誰もいない(^;)ついにやってしまったか?時々、そんな夢を見ることがあるんです。 慌てて事務局に連絡したら、会場が違うと言うこと。これから移動して間に合うのか?取り敢えず、タクシーで30分の距離なので向かいました。どうやら私が勘違いしてしまったようです。1時間遅れのスタート、「次の先生が来るまで話します。次の先生がきたら知らせてください。そこで終わります」と事務局の方に伝言して開始しました。ところが、約束の1時間30分、全部話すことができました?終了したら、次の講座の先生が大慌てで到着です。 うーーん、普段の行いがいいからなのか?いやいや、私も次の先生も会場を間違うことがあるのか?事務局の方は、私の間違いだといいますが・・・ ということで、終了が遅れたため、次の会場に着いたのは3分前になってしまいました。ものすごく慌ただしい一日になってしまいました。 こんな日は冷たいビールで心を落ち着かせてから帰宅する必要があります。そんな時は、静かないつもの蕎麦屋さんです。蕎麦屋さんは食べ物は少ないですが、静かなのがいいですね。 江戸時代創業の「更科蕎麦」です。北海道でうまい鰊漬けについて色々考えたので、漬物を頼みました。結構、「江戸」を意識したメニューがあるからでしょうか?冬を越すための漬物ではありませんね。マアマアです。 「辛み大根蕎麦」です。大根の汁に、溜り醤油を入れて食べます。辛いけど、大好きな蕎麦です。 ところで、今日のニュースを見たら北海道は大雪のようですね。1日、2日ずれていたら講演ができたのか?やはり、普段の行いがいいのでしょうね。ということで年内の講演会はすべて終了しました。

      21
      テーマ:
  • 09Dec
    • 北海道の「食」は鰊が大きいですね

       安平町から札幌に移動しての講演会でした。平日、午前中にもかかわらずたくさんの方が参加してくださいました。若い父母が中心ですが、やはり、保育園や子ども園関係者が多かったです。「給食を見直しました」、「パンをやめてずべてごはんにしました」と何人もの方から「声」をかけられました。うれしいですね。それと歯科医療関係者が多かったようです。北海道はこれから雪の季節ですが、その雪の下に春を待つ種を撒くことができたのではないか?そんな気がしました。 夕方からは・・・♪お酒はぬるくないビールがいい♪♪肴は焙ったいかでいい♫♫焙ったいかには、マヨネーズはうまいけど~~♫♪醤油(生姜)でいい♫ 北海道は、カニもいくらもうにもいいけど、やはり「鰊漬け」ですね。ごはんに「付ける」ものは、その地域の知恵が凝縮しているように思います。「干し数の子」です。一緒に行った札幌の人たちも、「初めて食べる」ということですが、どうも海側では昔から食べられてきたようです。食感は「からすみ」のようでうまかったですが、あまりにも小さく薄っぺらでしたね。「鰊漬け」、「数の子」、北海道の「食」は鰊なくして語れないと言えるのでしょうね。 ほろ酔い気分で時計を見たら、9:40分。何かを忘れたくて飲むのですから、仕方ないのですが、何かを忘れている?何だ?そうだ、800万個の電飾だ!地元の人の「寒くて地元の人は見にいきませんよ。行くのは観光客とカップルだけですよ」という薄情な声を無視して急ぎました。きれいです。北海道には白と青い光が似合いますね。数分で「10:00」、ピッタリに消灯でした。さすがお役所(?)です。でも、やはり電飾のキャンパスは白い雪が似合うと思いましたね。出発前、「寒い北海道、どうせ寒いのなら白銀の世界がいい」と書いたのですが、少し残念でした。 朝、目を覚ましたら一面銀世界。やはり普段の行いがいいからでしょうね。「冗談は顔だけにしろ!!」と言われそうですが・・・ 二連荘の講演会が終わり、空港へ。 飛行機が雪で見えない?危ない予感が漂います。何と搭乗まで1時間半待ちで、座席に座れてほっとしました。しかし、30分経つと飲み物のサービスが始まります???えっ?普通、上昇して安定飛行に入ってからのサービスではないのか?やがて時間が経ち、乗客の中に体調不良を訴える人もでます。 不安になりスッチーさんに「もしかしてこの状況から再び下車(?)することってあるんですか?」、「申し訳けありません。あり得ます」 そして、「機内での通信機器の使用は可能です」とのアナウンス。隣のおじさんが「この便の次も、その次も欠航が決定になってますね」と言います。 普段の行いを見直し、反省しながら待つこと、そこから1時間半。結局、3時間遅れて羽田に到着でした。 雪に喜び、雪に泣いた北海道でした。でも、色々な意味で収穫が多いものになりました。お世話になった北海道の皆さん、ありがとうございました。

      32
      1
      テーマ:
  • 08Dec
    • 安平町の子ども園で講演会

        北海道に講演に行ってきました。東京は約20度、千歳空港に着いたら「0度」、さすがに風邪気味になってしまいました。1日目は安平町(あびら)の子ども園で講演でした。北海道外で安平町を知っている人は?ほとんどいなかったと思います。どこかで聞いたことがある?そうです。3か月前の地震で耳にしたのだと思います。着いたのは夜なのであまり見えませんでしたが、そこここに地震の爪後が残っていました。ただ、地震という災害がきっかけで素晴らしい生き方を始めた若者にも出会こともできました。災害そのものは消せませんが、問題はむしろ、その後なのだと思いましたね。 講演会は夜にもかかわらず、たくさんの父母が参加してくださいました。ここは、10月に札幌で開催した「幼稚園・保育園の給食改善の実際」に参加した施設です。栄養士さん、頑張っています。給食もかなり良くなっています。今回の北海道では、いくつもの素晴らし給食になった保育園、子ども園の関係者に会うことができました。北海道の仲間は、「動き出しましてね」と言います。実際、北海道の給食は変わり始めたと実感することができました。講演会場の入り口に置いてあったおにぎりです。私も食べましたが、うまかったです。「上」に成長しつつある子どもは喜んで食べるでしょうが。もはや「横」にしか成長しないお父さん、お母さんの評判はどうだったでしょうか? 講演会途中でビデオの放映があり、その間、園の外に新鮮な空気を吸いに出ようとしました。栄養士さんがついてきます。あっ?そうか保育園や幼稚園は園児の安全のために、外からは入れないようになっている。氷点下近い気温で外から入れなかったら、さすがに大変だからついてきたのか?「そうなんです、指紋認証なんです」。初めて聞きました。時代は変わってきてるんですね。 給食に限らず、接した職員のほとんどがやる気のある素晴らしい子ども園でした。 宿泊は、空港と自衛隊のある「千歳市」でした。子ども園の栄養士さんが「千歳の夜はきれいなスッチーさんがたくさん歩いてますよ」とのこと、楽しみにしていたのですが。それより?どうやってスッチーさんだとわかるのか?疑問に思ったのですが・・・寒くて数人しか出会いませんでしたが、空港から制服のままでホテルに移動してくるんですね。 20度の東京から来たため、とにかく夜は寒かったです。夕飯の店を探すのも面倒になってしまいました。そこに、まるで八代亜紀の「舟歌」が聞こえてきそうな渋い店が見えました。カウンター4、5席。奥の座敷数人の小さな店でした。カウンターに座るなり70歳過ぎのご主人が・・・「寒かったでしょう」「今日もお疲れ様した」「田舎料理しかありませんが」これは「お通し」なのか?ごはんを食べようと思ったのですが、これでは寒いけど思わずビール。しかし、「今日もお疲れ様でした」。などと言われたことないですね。しかも、そのご主人の顔が実にいいんです。軽く飲んで・・・ ごはん(大盛を頼んだわけではありません)、鮭の三平汁、ポテトサラダ、山芋、白菜漬け、ばばかれいの煮つけ。1000円。 どれもうまかったです!!ばばがれいというのは、ご主人曰く「昔から正月に食べられてきたんです。やや高価ですが・・・」。他の地方では「なめたがれい」と呼ぶようです。とにかく、いい店でした。機会があったら、また来たいと思いました。 子ども園も良かった。居酒屋も良かった。一日目でした。 あれ?ニュースで飛行機の北海道便は「全便欠航」だったのでは?と思われた方もいるかも知れませんね。そうなのです。私が搭乗した便、以降は全便欠航になったと思います。運が良かった?それは後程と言うことで・・・

      29
      1
      テーマ:
  • 04Dec
    • おれの おれの話を聞け♪♪

      ごはん、味噌汁、五目煮、卵焼き、サラダ(ブロッコリー・玉ねぎ)今日の東京は暖かかったです。明日からの北海道も雪ではなく、雨のようです。外を歩くのことは少ないので、どうせなら雪景色のがいいんですけどね。 北海道の講演会では色々な思い出があります。もう10年以上になるでしょうか?講演会が終わった後、中高年の男性が近づいてきて・・・ 私、こういう者ですと名刺を出します。そこには〇〇米穀会社社長と書かれています。「素晴らしい講演でした。やはり米が大事ですよね。わが社では今度、米粉パンを売り出すんです」(^:) 心の中に、以下の音楽が流れてきました。https://www.youtube.com/watch?v=Sd1UGiDnjII 色々な事があるものですが、頑張ってきます。

      53
      1
      テーマ:
    • スイーツ化の道を選んだパンメーカー

       ごはん、味噌汁、切り干し大根の南蛮漬け、鯖の味噌煮缶、五目煮(ごぼう・にんじん・マグの剥き身・れんこん)、かぼちゃの煮物 昨日、パンの製造組合の「学校給食のパンを週に2回を目指そう」という記事を紹介しました。非常におかしいのは、そもそも一部の食品メーカーが学校給食に口をだすことです。名前を上げませんが、私どもの学校給食の会の講演会に、あるパン会社の社長が「意見を言いたい」と脅してきたことがあります。私は「どうぞご自由に。子どもの健康を真剣に考えている父母の前で、自分の利益しか考えていない意見を堂々と言えるんですか?」と言ったことがあります。さすがに恥ずかしいと思ったのでしょう。残念ながら参加しませんでした。 農業問題や食糧問題もさることながら、子どもの健康を考えたとき、学校給食にパン食が増えることはありえません。今、急速にパン食が増えてきました。それは何度も書きますが、加工食品で急激に売り上げを伸ばしているのは、「砂糖」と「油脂類、乳製品」を多用した食品を製造、あるいは食べさせる飲食店です。その代表格がパンであり、ファストフード店です。 今やパンはパンなのか?スイーツなのか?わからなくなってきました。いや、わからないほど「砂糖」と「油脂」を多用してきたから売り上げを伸ばしてきたのです。砂糖や油脂類に頼らないで真面目にパンを焼いているのは、メーカーではなくパン屋さんです。大手メーカになることは難しいでしょう。 人間には「生きるため」の食品だけではなく、「快楽」を得るための食品も必要でしょう。米で「ごはん」を炊くだけではなく、「せんべい」を作り、「日本酒」も作る。それと同じでパンメーカーが、どんどん砂糖と油脂を多様した商品を作ることをとやかく言う気はありません。自らスイーツ化の道を選んできて成功してきたと言うこともできるでしょう。 だがゆえに、子どもの健康を真剣に考えたとき、学校給食にパン食が増えることなどあり得ないのです。自らが選んだ道だと言ってもいいと思いますね。 もはや、砂糖と油脂類に頼らないパンを給食に出したら、子どもたちの不満はすごいと思います。それも、メーカーが、砂糖と油脂類を多用したパンの味を子どもたちに教えてしまったからです。

      38
      2
      テーマ:
  • 02Dec
    • どんどん減り続けるパン給食

      ごはん、味噌汁、菊の酢の物、天ぷら(春菊・にんじん・えび・かつお)、鮭 いただきものです。学校パン給食推進協議会」設立、週2回のパン給食目指す「子供達により美味しいパンを」〈製パン関連産業から多数が参加〉  学校パン給食推進協議会は18日、設立総会を開催。週5回の学校給食の中で、「米飯2回、パン2回、麺1回」というバランスの取れた給食の実施に向けて活動を開始した。同日、理事会を開き役員を決定。会長に全パン連(全日本パン協同組合連合会)の西川隆雄会長(ニシカワ食品(株)代表)、副会長に(一社)日本パン工業会の飯島延浩会長(山崎製パン(株)社長)、パン食普及協議会の細貝理榮会長(第一屋製パン(株)会長)が就任。平成30年度事業計画も決定した。今後、事業計画のテーマごとに運営委員会を開き、具体的な活動を実施する。 西川会長は、「学校パン給食の事業者は、多きときでは約6,000社だったが、今では約1,300社に減った。毎年100社減っていくという怖い話もあるが、実態は掴み切れていない。米が余り始めてから、パンにも影響があり、週5回の学校給食のうち、米飯が3回以上で、パンは週1.5回くらい、残りがうどん等になっている。日本で製造されるパンの大半は日本パン工業会の会員企業が造っているが、学校給食は約1,300社の中小規模のパン屋が製造している。しかし、学校パン給食が週1回になれば、年間で40回程度、これではパン屋もやっていけない。また、学校給食のアンケートによると、小学生ではパン給食が米飯よりも人気があり、中学生になると腹持ちの良さもあるのか、米飯が人気となる。食生活の実態からすると、週2回程度のパン給食が良いのではないか。それと、『もっと美味しいパンを』という声もある。信じられないことだが、未だに50年、60年前の配合で学校給食パンを作っている事業者もいる。理由を尋ねると『決まっているから』と言う。ここも変えていきたい。日本パン工業会、パン食普及協議会から『我々も手伝う』といってもらい、もっと子供達に美味しいパンを提供したい。そして、学校給食パンがビジネスとして成立するようにしていきたい」等と挨拶。 飯島副会長は「一昨年程前から、機会がある度に学校給食について話をしてきた。しかし、学校給食でパンの回数を増やすには、製パン業界だけでは不十分、製粉をはじめ、イースト、フラワーペースト、油脂、製パン機械といった関連業界にも参加いただいた。振り返ってみると、戦後にパンによる学校給食が始まり、パン食の普及にも大きな寄与をしてきた。パンは日本人にとってなじみ深い食品になり、平時はもちろん、災害時にも役に立つ。第3次食育基本計画には『多様な食品』という記載があり、例として『穀類については、精白米、食パン、コッペパン、うどん、中華麺など』とある。学校におけるパン給食をしっかりと議論するため設立に至った。時間がかかるかもしれないが、進めていきたい」とした。 細貝副会長は「パン食普及協議会の会長を務め、西川PR委員長と二人三脚でやってきた。活動として全日本パンフェスティバルがあり、函館会場で実施した時は、3日間で函館の人口約20万人の3割に当たる6万人に来場いただいた。肌感覚でパンが国民食として根付いていることを感じる。学校給食では米飯が増えていて、『パンを』というと、『パンは輸入原料が100%で自給率に貢献しない』といわれる。しかし、今は国内の小麦で美味しいパンができるし、米粉パンという方法もある。自給率がネックになるのなら、それに対する解決策はある。実際に美味しい国産原材料のパンを食べてもらって、啓蒙を進めていきたい」とした。 〈米麦日報 2018年10月22日付より〉▼パン食の普及が食料自給率を低下させる大きな要因になっていることはまちがいない。今は国内の小麦でも美味しいパンができると言うが、どこまで学校給食で国産小麦粉が使われているのか?また、米粉パンという方法があると言うが、どこまで学校給食で使われているのか?そして国産小麦だろうが、米粉パンだろうが「その献立」を見れば輸入食品依存になってしまうことは変わらない。 そして、忘れていけいことは「学校給食法」に明記されているように、「児童の健全な成長のため」に実施されなければならないということだ。農業や食糧問題も大事だが、それは二の次だということだ。ましてや業界のために実施されているわけではない。一頃、子どもの健康を忘れ、「米粉パン」も導入されたが、米の消費拡大にも繋がらないし、食料自給率にも貢献しないだけではなく、砂糖、脂質過剰の献立になることに気付き中止する自治体も増えている。 業界はパン給食が減ったと言うが、まだまだ減らさなければならない。さて、今週は北海道で講演会がある。http://fandh2.wixsite.com/fandh/blank-da8pz 以前、北海道で講演した際、「北海道は日本有数の小麦どころだ」と言われたことがある。私は「農業や食糧の話をしているわけではない。子どもの健康と食生活の話をしている。むしろ、それを言うなら、北海道は日本有数のコメ所ではないんですか?そして、現実にどれだけ学校給食で国産の小麦粉が使われているんですか?」と言ったことがある。 「砂糖と脂質」で子どもたちを喜ばせているパンをこれ以上学校給食に増えないように頑張らなければならないですね。

      34
      2
      テーマ:
  • 01Dec
    • 「便所飯」ですか?すごい言葉ですね。

      ごはん、具だくさん味噌汁、芥子ナス、切り干し大根、かつおのたたき 具だくさん味噌汁は好きではないのですが、寒くなってきたからでしょう。あまり違和感がありません。会社のトイレで“ぼっち飯”。職場で増える孤独という課題「孤独マネジメント」とはメールにチャットツール、オンライン会議など職場でもデジタル化が進みコミュニケーションも多様化する一方、職場での「孤独」が新たな課題になっている。4人に1人がメンタル不調を経験しているとされる(労働制政策研究・研修機構調べ)背景として、職場で感じる孤独が注目されているからだ。だが、一言で孤独と言っても、ストレスになる孤立もあれば、快適な一人の環境もある。孤独マネジメントとして、ユニークな取り組みを進める企業も出てきている。オフィスビルの個室トイレでランチ?「トイレのゴミ箱に、お弁当の空き箱やランチのゴミがやたらあるのが気になって。ビルの管理会社に聞くと、やはりトイレでお昼を食べる人がいるそうです」東京・丸の内の大手企業が入るオフィスビルで働いていた、IT企業勤務の30代の女性は、そう明かした。洗練された都心のビルでさっそうと働いているような人たちが、わざわざトイレの個室で食事をするのはなぜか。「みんなが社食に向かう中で、ひとりでお昼ご飯を食べる姿を見られるのが、嫌なのでは」(前出のIT企業勤務の女性)。かつて大学生が、ひとりでご飯を食べる「ぼっち飯」に恐怖を覚えるあまり、大学のトイレで「便所飯」をする現象が話題になった。同様に、オフィスでもぼっち飯を恐れて、トイレの個室でお昼ご飯を食べる会社員が、一定量いるようだデジタル化が進む世の中で、コミュニケーションのあり方も多様化しているのに、オフィスで孤独を感じる人は、少なくないのかもしれない。しかし、孤独はパフォーマンスを低下させることがさまざまな調査で明らかになっており、イギリスでは孤独担当大臣が2018年1月に新設されたほどだ。それでは、職場の孤独と、どう向き合えばいいのか。エンジニアの孤独を癒やすのは「ご注文は何にされますか。コーヒーですね少々、お待ち下さい」東京・日比谷にオフィスを構えるIT企業、ブロードバンドタワーのオフィスエリアには、社内外の人が利用できるカフェスペースが併設されている。背の高い男性が、エプロン姿で接客をしている。このカフェで働くのは、エンジニアや人事部門などブロードバンドタワーの社員。ローテーションを組んで、本業のかたわら月に2~3回のペースでシフトに入っているその目的は、黙々と一人で取り組む作業の多いエンジニアを中心とする社員に、カフェの“店員”をしながら、他の社員などと交流の機会を持ってもらうことだという。「エンジニアが6割の会社ですから、どうしても一人で画面に向かっている時間の長い社員が多い。社内外とのコミュニケーションの場が必要なのではないかと考えたのです」そう話すのは、人事総務統括の取締役、及川茂さんだ。休日の確保、労働時間をみても「働きやすい環境は整っている方だと思う」が、どうしても年間で数人はメンタル不調者が出てしまう。▼「便所飯」と言う言葉もなんと考えていいのか?、イギリスでは「孤独担当大臣」ですか・・・?長い目で見たとき、本当かどうかわかりませんが照明電気が発明されて近眼が誕生したと聞いたことがあります。産業革命で登場した病気、自動車が誕生して増えた病気もあると思います。もちろん戦争病という言葉もあります。どれも劇的な変化が生んだものです。それに比べたら、今の時代の変化はそれほど大きくないだろうと思っていましたが、この記事を読むと、とてつもなく大きな変化の時代に生きているんですね。 一人暮らしの高齢者の「孤独死」の問題は耳にすることが多くなっていますが。たくさん同僚のいる会社員でも、ほとんど人と話をしない。よくよく考えてみればありえますね。非常に考えさせられる記事でした。

      29
      4
      テーマ:
  • 30Nov
    • 広島の朝食提供問題の背景には誤った教育がある

      野菜きしめん(ねぎ・しいたけ・にんじん・大根)、セロリーの煮物 稀に見る広島の朝食無料提供の問題。提供する食品の問題もさることながら、根底にあるのは子どもに朝食を食べさせない親がいることだと思います。そのことに関して、今回の新聞記事もそうなのですが、女性の社会進出や経済的な問題などが指摘されることがあります。それを否定する気はありません。しかし、それだけでしょうか?その根底には、誤った教育の弊害があると思っています。「食育基本法」ができてからそれがより顕著になっていると思います。そのことを抜きにして、朝食問題は語れないと思っています。 一昨日、都内の幼稚園で講演会があり、週2回の「おにぎりの日」のことを書きました。たくさんの幼稚園で実践されるようになってきましたが、神奈川では週に3回、「ノー・おかずデー」を実施している幼稚園もあります。 園児が600名近くいる幼稚園です。それだけいれば、親の仕事の都合、体調などで弁当を持たせることが出来ない日もあるでしょう。そのため、希望者には仕出し弁当が注文できるようになっています。その利用者が約100名近くいるということでした。給食がないのがわかって入園させているのに、この数はあまりにも多い。ということもあり、週1回の「ノー・おかずデー」を提案させていただいたのですが、今年講演に行って聞いたら、「今、仕出し弁当を注文する人はほとんどいません」ということでした。そして、「ノー・おかずデー以外の日も副食を山ほど入れてくる父母はほとんどいなくなりましたね」と言います。 なぜなのか?意味不明のバランス論に縛られなくなったからに他なりません。そして、父母からも好評で、今や週3回になっています。 朝食を食べない子どもが増えたのは、本当に女性の社会進出や共働き、経済問題なのでしょうか?小中学校なら、そのような子どもも1クラスに数名はいるかもしれません。圧倒的に、意味不明のバランス論を唱える栄養教育によって、嫌気がさしてしまった親だと思います。そして、先にも書いたように、きちんと勉強しないで安易に「食育」を語る人たちが増えたこともあると考えています。 コマーシャルにようになってしまい申し訳ありません。そのこともあり、私どもでは通信教育をするようになりました。医師、歯科医師、歯科衛生士、助産師、栄養士、主婦、サラリーマンの方々が受講していますが、ほぼ全員が「勉強になりました」と言います。ということは、それまでほとんど勉強していなかったということになります。ほぼ100%です。http://fandh2.wixsite.com/fandh/blank-cs1v もし、このブログを見ている方で、「食育」を語りたい、語る立場の方がいましたら、是非、ご検討ください。きちんと勉強しない「食育活動」は若い父母を苦しめるだけです。今回の前代未聞の広島の朝食提供の問題の根底にはこのことがあります。

      31
      2
      テーマ:
  • 29Nov
    • 稀にみる酷い話「学校で朝食提供」

      ごはん(紫米入り)、味噌汁、白菜漬け、切り干し大根の南蛮漬け、セロリーの煮物、春菊の胡麻酢和え、鯖の文化干し 一昨日、広島県の「朝食提供で学力アップ」という記事に対する違和感を書きました。その内容についてブログを見ている方が教えてくれました。違和感どころではなく、怒りが沸いてきました。あまりにも酷い!! 朝食は協力企業11社から、食品の提供を受けると言うことです。https://nutr.net/archives/5482味の素株式会社中四国支店・アヲハタ株式会社・大塚製薬株式会社・カゴメ株式会社・カルビー株式会社・キッコーマン飲料株式会社・株式会社タカキベーカリー・日本ケロッグ合同会社・株式会社ますやみそ・マックスバリュ西日本株式会社・山口県東部ヤクルト販売株式会社 スーパーや味噌屋さんもありますが、圧倒的に菓子パンやシリアル、飲料水のメーカーです。企業にとってはいい顧客拡大のチャンスでしょうね。 こんな光景が目に浮かびます。経済的に、あるいは時間が厳しい家庭は、朝食に、前の晩に炊いたごはんと味噌汁、せいぜいふりかけ、納豆、焼きのり程度の朝食になっているかもしれません。ところが学校や保健所からは、「主食と汁物だけではダメ、野菜や肉類か魚介類などバランスをとらなければならない」と責められます。朝食づくりに嫌気がさしているときに・・・「学校で希望者には無償で朝食を提供します」と言われたら、利用を考えてもおかしくありません。そして、子どもは学校で砂糖だらけのパン、乳酸菌飲料、あるいは砂糖だらけのシリアルの味を覚えます。基本的に子どもは「甘い」ものが好きですから、慣れるのに時間は必要としません。もしかしたら父母は「楽になって助かる」と考えてもおかしくないでしょう。 これが自治体のやることでしょうか?知事なのか?市長なのか?「学校で朝食を提供して学力アップに成功した」とパフォーマンスをしたいのでしょう。 それをやるんだったら、その前に「朝食なんかごはんと味噌汁だけでいい。バランスなんて考える必要はありません」ときちんと伝えることなのです。稀にみる酷い話です。

      48
      8
      1
      テーマ:
  • 28Nov
    • 週に2回は「おにぎり」だけの幼稚園

      ごはん、サラダ、ピリ辛鱈汁(鱈・大根・白菜・ねぎ・椎茸・にんじん・卵) ピリ辛鱈汁んなんて料理はないでしょうね。これから寒くなると、時々やる料理です。冷蔵庫に余っている野菜を切って、豆板醤で少し辛くしたもの。結構いけます。 さて、今日は都内の幼稚園で講演会でした。3回目だということですが、最初は約10年前。その時からずーっと週2回の「おにぎり弁当の日」をやっています。弁当はおにぎりだけという意味です。それに味噌汁は元園児の母親がやっている飲食店から運ばれてくるそうです。父母には入学説明会でその趣旨が説明されるということです。 今回、数人のお母さん方に聞いたのですが、「おにぎり弁当の日」以外の弁当作りも楽になった」、「家庭の食事も色々悩むことが少なくなった」、「細かいバランスなんて考えるのがばかばかしくなった」と言う人もいました。 昨日の学校から朝食提供の話です。どうも、パンやシリアルが提供されるようだと書き込んでくださった人がいました。学校は、「朝食なんか、夜に炊いたごはんと味噌汁を温めるだけでいい。朝食におかずなんか作らなくなっていいんですよ」という情報提供をしているんだろうか?という疑問がありますね。それでもお子さんに朝食が作れない家庭もあるかも知れませんが、まずはきちんとした情報を提供することが先決だと思いますね。家庭状況を把握せずに、誰にでも希望すれば無償でパンやシリアルを提供するようでは、そんはことはしていないでしょうね。子どもの健康や学力の為ではなく、選挙目当てのパフォーマンスのような気がしてならなりません。本気で子どものことを考えたら、せめて、おむすびと味噌汁くらいにするでしょうね。 「ノー・おかずデー」、「おにぎり弁当の日」を実施する幼稚園は随分増えてきました。

      33
      4
      テーマ:
  • 27Nov
    • 学校で「朝食」提供に違和感

      ごはん、味噌汁、芥子ナス、切り干し大根の煮物、ブロッコリーサラダ(玉ねぎ・卵焼き・えび)、鯖の文化干し“学校朝食”で学力アップ?各地で広がる 朝7時半過ぎ、登校した小学生たちが食べているのは「きつねうどん」。友達と一緒に朝食です。いま学校で朝食を提供する取り組みが広まっています。子どもたち「うまい、テンション上がる」「友達がいるから一緒に行きたいなって」。いま学校で朝食を提供する取り組みが広まっています。子どもたち「うまい、テンションが上がる」「友達がいるから一緒に行きたいなって」大阪市立西淡路小学校では2年前から毎週月・水・金曜日に朝食を提供。作るのは60代~80代の地域ボランティアです。市の補助を受けていて自己負担は1食50円ほどです。共働き世帯の増加で多くの家庭で時間がかけられない朝食。実はこの朝食が学力アップにつながっているというのです。朝食を毎日食べている生徒とまったく食べない生徒では15%以上も正答率に差が出た調査も。福永校長「朝ごはんをしっかり食べてくることによって、集中力の持続ができるのが大きいんではないかと思います」広島・廿日市市の小学校でも県が主導して、希望する全児童に朝食を無償で提供する取り組みを開始しました。児童「おいしい朝ごはん食べたから勉強も頑張れそう」都道府県によるこうした取り組みは、全国初だということで広島県では成果を検証しながら県内全域に広めたい考えです。▼朝食を食べたら「学力」が上がる。成長期の子どもたちですから、空腹で授業を受けても頭に入らない可能性があると思いますね。それと大阪のボランテイアの方々には頭が下がります。いい話です。 しかし、廿日市の「希望者には無償で提供する」といのははまったく別の話だと思います。一見、いい話に聞こえますが、私は疑問を持っています。希望者には無償で提供すると言う話になったら、どんどん申し込む人が増える可能性があると思います。朝食も昼食も学校任せすにる家庭が増える。本当にそれでいいのでしょうか?家庭の役割って何なのか?真剣に議論して施策するべきだと思っています。長い目で見たとき、私は禍根を残す可能性があると思っています。 ただ、色々な事情で朝食を食べさせられない家庭もあるでしょう。その場合は、事情を把握して、「福祉の一環」として提供を考えるべきでしょう。だれでも希望者には無償で提供する。しかもそれを県内全域に広げる。大いなる疑問です。

      40
      2
      テーマ:
  • 26Nov
    • アルコール、タバコがダメなら「甘しゃり」

      ごはん、味噌汁、キャベツと切り昆布の和え物、大根の煮物(しいたけ・まぐろ・椎茸・人参)、鯖の文化干し ホリエモンが服役した長野刑務所は、比較的軽い犯罪の人が多かったようです。そのためか?時代なのか?比較的お楽しみがあると思いました。写真はお節弁当です。 その他、祝日には「特別食」としてお菓子も出るし、クリスマスにはケーキも出たということです。驚いたのは運動会にコーラも・・・ 当然ですが、アルコール、タバコなどは一切ありません。受刑者でなくても、アルコールとタバコのない人は甘いものが好きな場合が多いものです。ホリエモンは先輩の受刑者から「2,3か月経ったら甘い物が欲しくなる」と言われています。実際、そういう人が多いのでしょう。刑務所の中には「甘しゃり」という言葉があるそうです。たぶん、献立を立てている栄養士さんもそれを理解しているのでしょう。結構、甘く煮た煮豆が目立ちます。ぜんざいが出ることも少なくありません。時々、砂糖の入ったきな粉がでることがあって、「これじゃーごはんが食べられない」と嘆いています。 ホリエモンは衛生係の仕事(?)をしていました。受刑者の髪を切ったり、高齢者の入浴を補助したり、洗濯などです。結構、からだを使うので「Á食」と言ってごはんの量が多かったということです。元々、甘い物は好まない上に、山盛りのごはんを食べなければならないので、煮豆やぜんざい、きな粉には違和感があったようですが、段々と先輩の指摘通りになってきていることが笑えます。 栄養士さんは「砂糖」の精神安定剤としての働きを理解しているのでしょうね。でも、全体の食事は結構いいです。だから、稀にそういうものを食べても、充分に良かったから30キロも痩せることができたのでしょうね。病院の栄養士は刑務所の栄養士さんを見習ってもらいたいと思いましたね。

      46
      2
      テーマ:
  • 25Nov
    • 栄養素より、サイフと相談したほうがいい!!

      ごはん、味噌汁、納豆、切り干し大根の煮物、キャベツの切り昆布和え、いわしの醤油煮(缶) ホリエモンは504日の服役で体重を30キロも落とすことができた。受刑者の中には糖尿病が良くなったり、インスリンの注射をやめた人も少なくないと言う。その理由として、生活全般の問題があると思う。ホリエモンは刑務所に入る前に午前3時ころまで焼き肉を食べながらアルコ―るを飲むことも少なくなかったと言う。長野刑務所では、日曜日の夕飯は16時、平日は16時半、それだけでも随分違う。そして、食生活だが、「栄養士が栄養素の計算をきちんとした食事を食べているからだ」と言う人がいる。それを全面的に否定しないが、より大きな意味を持つのは「食材費」の計算だと思う。決まりがあるのだろう。ここ数年、一日3食で「530円」前後になっている。この金額で食事を作ると言うことは、限りなく「生きるための食事」になる、「楽しみ」や「快楽」が得られる料理を出すことはは難しくなる。それが少なくなることは仕方ないとしても、空腹だけは満たさなければならない。どうするか?山盛りごはんを食べさせるしかない。パンやパスタ、ラーメンは高すぎる。山盛りのごはんを食べさせるためには、ごはんが進むおかずを中心にすることが必要だ。ホリエモンの著書によると、朝食などはほぼ毎日、「ごはん(麦飯)+味噌汁+常備食+常備食」になっている。紹介されている常備食の種類がすごい!!朝だから手間の問題もあるのだろう。出来合いの物が多いようだ。たとえば、「ごはん+味噌汁+やきのり+納豆」の朝食って何? まさに、私が子どもだったころの食事だ。極めて伝統食に近い。刑務所は、伝統食の素晴らしさを証明していると言っても大げさではないと思う。それを可能にしているのは「栄養素」の計算などではない。お金の計算だ。 是非、健康を目指したいなら、明日から1日の「食材費」を1コインにすることをお勧めします。でも、刑務所だって「ハレ」の日はあるんですね。

      44
      4
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス