新旧対決。

テーマ:
予選会が終わってから、改めてパッティングを見つめ直すのにパターを以前のエースに戻してのラウンドをしていますが

"同じ形状で新しいパターを試すのにも良い機会と考える"

以前のエースパターはPINGの中でも希少なモデルでTESS(JAS W Ti)という、今では使っているゴルファーも少なくなったクラシカルな形状のL字タイプで

"新しいパターもSIGMA G TESSとして最新のテクノロジーで復活したL字モデル"


少し形状は違っても、L字というモデルに変わりはないので

"新旧のテクノロジー対決"

今までのエースパターはヘッド素材はチタンで両サイドにタングステンの組み合わせという、当時は画期的なパターで

"打感も良く、柔らかく感じるのに弾くインパクトとL字という形状でも2つの異素材からトウヒールバランスに優れたモデル"


対して、新しいモデルのSIGMA Gはフェース素材がアルミニウムで、フェースの内側にエラストマーが入っているので

"打感が柔らかいのと、複合素材によるフェースはインパクトで反発して転がりも良く、PING独自のTR溝はフェース中心部から深さを変えて打点のブレによるボール初速を安定させたモデル"


SIGMA Gはフェース面にアルミニウム素材が使われている分だけ、インパクトの柔らかさを感じますが、今までフェースの複合素材のモデルはあまり使う機会が少なかったのも

"打点のブレを感じにくいのでストロークの調子が気付きにくい反面、安定した転がりが得られるのがメリット"

今までのエースパターもトウヒールバランスに優れているのでL字と言っても、実際に打つと転がりも良いのと、調子の良い時はカップに吸い込まれるように続けて入るのも

"ショットで弾道をイメージするのと同じで曲がりを読むよりも、ボールとカップを結んでインテンショナルショットのように曲げてラインを繋ぐイメージが出来る"

タッチを合わせて、ラインに乗せるという2つの要素がカップイン確率を上げる為に必要ですが新旧モデルの各々良い部分を感じながら

"これからのラウンドで交互に使用しながら良いイメージのパターを選ぶのと、今後のパッティングレベルを上げながら安定させる為の練習をしていく"


気分転換にもこの2本のパターを使って、パッティングの調子が戻るきっかけになるように頑張っていきたいと思います‼️