品田誠ブログ

品田誠ブログ

1992年3月2日生まれ
俳優やってます。
品田誠

とても綺麗な星空が見えた。

iphoneの写真でも拡大したらたくさんの星が映っていた。
静岡の浜辺。
東京の街のように、夜でも明るくしていると便利なことも多い。けどそこには失われるものもある。
時折明かりが周りにない深い闇がとても愛おしくなる。
昔の人たちはきっともっと星空をがよく見えて、あれやこれやと思いを巡らせていたんだろうな。

この写真は多分今年最後であろう撮影を終えた時のものだ。
一本撮影が終わると、どこか身体の一部が欠けたような気持ちになる。
作品や役のことを考えていた時間は、全て撮影に置いてくる。終わることでもう演じることのない役を思うからだろうか。

完成作品を見るまでそういった気持ちは自分の中で人知れず弔われ、整理をつけて次に向かう。
やがて忘れてきた頃に作品は完成し、人の目に触れる。置いてきたそれらが形となって世界に存在するようになる。

そんな完成した時の感慨も、撮影後に訪れる寂しさも、どちらも好きだ。
また撮影に行きたいな。行かなきゃな。
と撮影現場に行く度にエネルギーを得る。

来年はどんな現場に立てるだろう。
どんな役と出会い、どんな芝居ができるだろう。
暗いニュースが塞ぎ込ませてやろうとしてきても、希望を持つことをやめられない。

今見える光を大切に過ごせるなら。
暗闇だって悪くないのかもしれない。
俳優を志してすぐ、痺れるほどかっこいいと思えた俳優がいて、彼の映画を食い入るように見た。名前はショーン・ペン。

その彼がアクターズスタジオ(1999年)のインタビューで「素晴らしいと思う俳優は?」の質問に答えた言葉がずっと残っている。
「ロバート・デ・ニーロだ。バレエダンサーの踊りに感動するのは、踊りに費やした膨大な時間が瞬間から伝わってくるからだ」
この言葉は今でも折に触れて思い出す。
今はいかに効率よく事をなすか?という価値観が隆盛を極めるの世の中。恩恵を受けつつも、その風潮に流されることはしたくない。
本当に憧れることのできるカッコ良さはそういったものとは別のところにあるものだと信じている。
重ねて重ねて、手探りでも掴みにいかなければ掴めないもの。簡単なものじゃなく。


次に、日本人の俳優で心からかっこいいと思った俳優が見つかり、その人が出演している映画を追いかけた。それが森山未來さんだった。
『アンダードッグ』での森山未來さんの身体や佇まい。惜しみなくいい映画を作るために注いだ時間と鍛錬の跡に、ただ感動した。
言葉はいらなかった。「こんなにやりました。人生かけてます」なんて言葉にするとちょっと安っぽくなる。
存在が全てを語る。映るのが全て。これが俳優だ、と唸るしかなかった。
開始早々にノックアウトされたまま、前編後編と進むにつれて、全身がざわざわと疼いていった。

SNSも、流行りの飲み物も、世間の熱狂も、新しいものはやがて古くなるだろう。
風向きはすぐに移り変わる。
そこにアジャストして上手く乗りこなすのが優れた俳優だろうか。
それとも、なにか芯の通った、魂の込もった道を示すのが俳優だろうか。
映画は人気商売だから、客を呼ぶのに人気は大切だ。そう考えると見た目より難しい設問であると実感する。でも僕が憧れるのは間違いなく後者だ。何人フォロワーがいるかなんてそれだけならば大したことじゃない。


俳優を目指し始めた頃、「どんな俳優になりたいの?」とよく聞かれた。
僕は「世界一の俳優になりたい」と答えていた。
今はなんだか気恥ずかしくて、使えなくなっていた言葉。
もう一度言い始めようかと思った。世界一の俳優になりたい。やっぱり心の奥でずっとそう思っている。

こんなに素晴らしい俳優がいる。壁は高いな。
『アンダードッグ』の主人公、末永晃の姿はきっと忘れない。
もし負けたとしても気高く、戦い抜いてやろうじゃないか。
最後に残るもの。つまりは名前を持った存在。
それがきっと答えなんじゃないだろうか。
地球の記憶、人の記憶、

素晴らしかった。

目に見えないもの、理性だけでは掴み得ない世界を物語で捉えんとする河瀬直美監督の視点は宝であると改めて思う。

劇場での鑑賞を強く強くお勧めしたい。
エンドロールはどうか最後まで席をお立ちにならずに。
いい映画、とりわけ同じ環境下で作られた日本映画を見れた時には、『自分も』と勇気をもらえる。きっとできるんだと。
自分も次へ次へとそのバトンを渡していきたい。

映画は負けない。
役者も、作り手も、劇場も、観客も。
鼓舞していこう。


前回ブログを書いてからも素晴らしい映画にたくさん出会ったけど、なんとなく書けずにいたブログ。また少しずつ気の向くままに書いていきたい。

それも次へのバトンに1mmでも繋がってると信じて。