画家 前田 誠 のオフィシャルブログ

画家 前田 誠 のオフィシャルブログ

宝塚を拠点に活動する画家・前田誠(まえだ・まこと)の作品や活動など、色々な情報をお伝えします


テーマ:

そろそろ冬到来の予感がしますね、なんだか今年の秋は短いように感じました。

 

陶芸サークルも変わらず活動中です。

お客様と一緒にお話しを楽しみつつも、いつの間にか集中して静かになってしまったり……。

落ち着いて集中出来る環境での作業は充実感がありますねキラキラ

 

そんな感じで今回の活動紹介です。

お客様の作業風景を写真に撮らせていただきました! 

 

 

深めの器を揃いで作りたいと作業されていました、見る見るうちに作品が出来上がっていく……!

 

 

あっという間に原型が完成!丸く整えられたふちがとっても可愛いですね、使い勝手も良さそうお願い

 

 

さて、ここから一週間経ちまして、次は削りの作業です。

 

 

ろくろを回してガリガリと削っていきます、無心で削り続けるのが楽しかったり……。

削った粘土が積み上がるほど器の形が整っていきますね、より器らしくなったところで作業終了!

 

綺麗な形の器が完成しました!この後は、しっかりと乾燥させてから素焼きに持っていきます。

この後の作業も楽しみですねニコニコ

 

 

 

こうしてお客様が手際良く作業されている隣でスタッフは…

 

 

タコ作ってましたタコ

 

 

芸術の秋はそろそろ終わってしまいそうですが土にしたしむサークルはいつでも活動中です!

小さな置物を作るのも楽しいですよ手

 

 

次回はご要望を頂いたので阪急宝塚駅から土にしたしむ会までの道をなるべくわかりやすくご案内する予定ですグラサン

 

 

前田誠事務局

土にしたしむ会

 

 


テーマ:

気温も下がり、すっかり秋めいてきましたね。

土にしたしむサークルでは奈良の「つちのかい」の福森一樹先生をお呼びして素焼きの終わった作品に釉薬をかける作業を行いました!(釉掛けや施釉と言うそうです)

 

釉薬とはよく見かける陶器のガラスっぽい部分のことで、これを塗ることで陶器の色などを変えて装飾したり、また丈夫で汚れにくくなるそうです。

 

 

いざ、釉掛け…!

 

シンプルに釉薬のみを。底の部分には釉薬がつかないように気をつけてバケツに入れた釉薬の中に陶器を入れて引き上げます。写真上段の器は一見すると赤色になるのかな? と思いますが、なんと焼くと緑系の色に変わるそうですびっくり

 

絵をつけたい場合は基本的に釉掛けの前に描きますカラーパレット

立体に絵を描くのは難しい…! 絵付けをした後は焼くと透明になる釉薬を上からかけました(写真下段)、真っ白ですね。

 

あとは本焼きに持っていけばよく見る陶器の完成です! どんな作品になるのか楽しみですねキラキラ

 

前田誠事務局

土にしたしむ会

 


テーマ:

9月に入り、朝晩は涼しくなりました。

今日は秋雨前線の影響で、雨降り・・・

またいっきに季節が進むんでしょうね。

 

さて!

明日は奈良の「つちのかい」から福森一樹先生にお越しいただき、釉薬のつけかたを教わります!

 

今日はみなさんの作品を準備したり、道具を準備したり・・

 

明日は色付けを待っていた生徒さんも集まってくださる予定で、今からとても楽しみですにこ音符

 

飛び込みのご参加もお待ちしております~招き猫

 

 

 

前田誠事務局

土にしたしむ会


テーマ:

道頓堀のギャラリー香にて開催しておりました、前田誠個展は、

大盛況のうちに終了いたしました。

 

期間中はたくさんの方々にご覧いただき、お話しもできて、とても貴重な時間となりました。

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

土にしたしむ会

前田誠事務局


テーマ:

お盆の週に入りましたね

台風が近づいていて、旅行を計画されている方はヒヤヒヤしますね(^_^;)

 

23日からの個展に向けて準備をすすめています。

作品をひとつひとつ広げて額を磨く作業をしています。

 

今回は水彩画がメインなのですが、今まであまり個展に出していなかった作品もたくさん出展します!

どうぞ個展会場まで足をお運びいただけたらと思います。

 

土にしたしむ会

前田誠事務局

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス