今朝、洗濯機から洗い

終わりを知らせる音が

したので、朝の支度を

しながらバタバタと

脱衣所にある洗濯機の

フタをあけた瞬間、

悲鳴をあげました。

 

洗濯機の中が鳥の羽で

いっぱいなんです。

 

茶色っぽい鳥の羽が

フチや脱水が終わっている

洗濯物の上にもいっぱいついて

いて、久しぶりに心臓が

ギュンとなりました。

 

生きた鳥をそのまま一羽

洗ってしまったのかと

思うと、そうだとするなら

洋服の間に鳥の死骸がある…

と思ったところで、

室内に置いてある洗濯機に

鳥が入り込むなんていう

ことはないはずと思い

なおします。

 

とりあえず、羽まみれに

なっている洗濯物を

取り出していると、

ぷう助がきて

 

「え、嘘!?鳥を洗った!

 この羽の色ハトじゃ

 ないよね、カモじゃね?」

 

「やめてー」

 

そんな会話をしている

と洗濯機から片側が

大きく破れて鳥の羽が

もっさりと、とび出して

いるクッションがでて

きました。

 

「あ、それ昨日ジュース

 こぼしちゃったから

 洗濯機にいれておいたやつ」

ぷう助のその言葉に

私は、もしかしたら本当に

鳥がはいっているかも

という思いを捨てきれずに

いたので腰がぬけそうでした。

 

まさかクッションが

洗濯機に入れられて

いるなんて思いもせず、

そのクッションが綿では

なく羽だったということにも

驚きすぎた朝で、これ

から干せずに羽まみれに

なった洗濯物の羽をとって

洗い直してきます。

ぷう助は羽を集める役です。

 

 

 

1話~5話まで無料、広告動画を

見て頂くことで続きも無料に

なります。

 

 

 

 

 

最後の最後までお読み

頂きありがとうございます。

未来の事を考えすぎて

この瞬間まで笑えなく

なってしまわないよう、

今の幸せも忘れないで

いられますように。

 

 

 

昨日の投稿にコメントを

頂きありがとうございます。

ピッコマからブログにきて

頂きありがとうございます。

今年中には、過去の投稿を

直して公開できればと

思っています。

 

ホットカーペットとこたつには

その温かさでやる気を心地良く

消されてしまうのがわかって

いながら、誘惑に負けて

しまいます。

 

ぷう助は「こたつがほしい」

といっているのですが、

私は買わないことにして

います。

 

こたつは1度足を入れたら

出られなくなるし、近くに

クッションがあったら

それを枕にもっと深く

まで足をいれて、トイレへ

行くのも面倒になって

しまうくらい心地良すぎます。

 

実家には以前こたつがあった

のですが、祖父が施設へ入所

した瞬間、こたつがなくなり

ガスファンヒーターになりました。

 

母が長年こたつの魅力よりも

不満を積もらせていたからです。

 

家族にいったら反対

されることを見通して

無言でこたつを撤退し、

いきなりこたつがなくなった

私たちはしょんぼりです。

 

母の言い分は、

・こたつはこたつ布団が

 汚れるから面倒

・布団が邪魔で掃除機を

 かけにくい

・いつまでたってもみんなが

 こたつからでていかないから

 掃除ができない

そんな母の気持ちは、私も主婦

なのでよくわかり、みんなも

しぶしぶ納得でした。

 

子供の頃、うちのこたつ

布団の上には大きなシーツ

のようなものがかぶせられ、

更に大判のタオルもテーブル

の間に、はさんでいました。

 

今考えると、こたつで

子供が食事をしたら

すぐ汚すし、飲み物は

こぼすので、そうしていた

理由がよくわかります。

 

なので、うちにもこたつは

おかないのですが大好きです。

 

 

 

私がぷう助を連れて家を

でた当時はまだ、子供と

逃げるという事をしたのは

ほとんどが母親だったと

思いますが、今は父親も子供を

連れて家をでるようにもなり、

義父母にいきなり子供と

引き離されるという話しも

聞くようになりました。

 

身を守るために子供と逃げ

なくてはいけなかった人、

子供を大切にしていたのに

ある日突然連れていかれて

しまった人、孫が理不尽な

めにあっていて助けなくては

いけなかった義父母、

義父母が孫可愛さのためだけに

非常識な行為をされた親…

 

その中には子供を守るため

といいつつ不倫相手の元へ

行く人、子供を大切にして

いなかったのにもかかわらず、

自分の手元からいなくなった

途端に執着する人など、

時代の流れと共に何本もの

ネックレスが絡み合うか

のような複雑さを感じます。

 

どんな時も子供の幸せを

1番に優先して欲しいと

お願いしたい気持ちです。

1話~5話まで無料、広告動画

を見て頂くことで続きも無料に

なります。

 

 

 

 

最後の最後までお読み

頂きありがとうございます。

幸せな人がもっと幸せ

になって、溢れだした

幸せがみんなにも届いたら、

誰とでも幸せを願い

合う関係になれますように。

 

 

 

 

 

 

昨日の投稿にコメントを頂き

ありがとうございます。

災害時のトイレは色々工夫

されているのですね。

 

私も猫砂やペットシーツは

いいなと思ったのですが、

ペットがいないとなかなか

購入までいかず、ぷう助が

小さい頃はオムツを

普段から多く用意しておけば、

切って使えるかなと考えて

いました。

 

 

 

 

今日は朝早くから電車移動を

繰り返し,動いているか立っている

かのどちらかで、14時ごろには

帰宅できたのですが頭痛が

かすかにでてきました。

 

昨日は深夜2時までパソコン

をやっていたので、寝不足

からの頭痛だと思いホット

カーペットへ横になりクッション

を枕にしたら、最高に気持ち

よくて毛布を掛け天国へいった

気持ちで寝ました。

 

そして、夕方からまた

やらなくてはいけない事

があったので

『17時になっても

 お母さんが寝ていたら

 起こしてください』

とぷう助に置手紙をして

おいた17時。

 

毛布を取られ鬼のような

起こし方でぷう助に

起こされました。

 

起きなきゃいけないんだけど

まだホットカーペット

から離れたくなくて、

ホットカーペットに

うつ伏せになりその

温かさを全身で感じて

いると、今度はぷう助が

下敷きをもってきて

あおいできます。

 

寒いし、まだホットカーペット

から離れたくないし、でも

起きなきゃいけないしで

渋々おきました。

 

冬のホットカーペットの

温かさは、1度体を許して

しまうと離れられなく

なってしまいます。

 

離れてもまたその誘惑に

「ちょっとだけ」と

座ってしまうと立ちたく

なくなってしまう。

 

ホットカーペットに毛布

とクッションは冬の天国です。

 

配信日の昨日はたくさんの

ハートマークを連打して

頂きありがとうございます。

また、漫画からブログに

お越しいただいた方も

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

最後の最後までお読み

頂きありがとうございます。

なんとかならないことでも

その時が来たら嘆きながら

でも越えていける強さを

信じて、今の時間を

大切にできますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の投稿にコメントを

頂きありがとうございます。

野菜ジュースがお勧め

されているなんて

驚きました。

 

自宅で避難訓練は

いつもと違うことに

子供は喜びますが、

親は結構大変だったり

します。

 

トイレだけでも水が

使えないと処理が面倒

なので、なるべく行かないで

すむように自分だけは水分を

控えようという気持ちに

なったりしました。

 

ブレーカーを落とした後の

冷蔵庫なんですが、食材を

無駄にしたくないので

減らしてからやっていました。

 

冷蔵庫は電気が切れてから

扉をあけなければ2~3時間は

もつそうです。

 

そこから何をどう使おうか

冷凍庫も含めて考えるの

ですが、日頃から冷蔵庫を

整理して食材を把握して

おかないとうまくいかず、

かなりの反省をしました。

 

うちは元から調味料も

少なかったのでなんとか

なりましたが、家族の

人数が多いと冷蔵庫の

電源が切れることは大変

なことになるはずです。

 

なのでブレーカーは落とさず、

照明のスイッチにマステを

貼って電機は使わないという

ルールにするだけでも十分

だと思います。

 

家族で感想を話し合えるだけ

でも大きな収穫なので、

途中で断念してもいいこと

にしてお試しください。

 

 

 

 

 

今日はぷう助が揚げ物と

アボカドサラダを作る

といっていたので、

私はパソコンで、頼まれ

ているパート業をやろう

と思います。

 

ぷう助は普段1人でご飯を

作って食べたりもして

いますが、揚げ物を

作ったことがなくずっと

「作ってみたいんだよな~」

と言われていました。

 

万が一、引火した時のことを

考えると1回目は私が家に

いる時にしてほしいと思い

先延ばしにしていた

ので、今日は思う存分

作ってもらおうと思います。

 

揚げ物といっていたのですが、

フライなのか唐揚げのような

ものなのかは聞いていないので、

どんなお昼になるのか気に

なっています。

 

 

最新話の配信日になります。

ぷう助の名前がかわったのは

私に悪い霊がついているからだと

地元の占い師に言われた

お義父さんとお義母さん。

 

地域には特有の神様や占い、

宗教のようなものがあったり

しますが、どこまで夫の

両親が信じているものを

受け入れるのかという、

結婚生活で初めてのことが

起こった出来事でした。

 

 

 

最後の最後までお読み頂き

ありがとうございます。

どんなに忙しくても

疲れてもイライラしても

自分が選んで納得している

良い人生になっていますように。

 

 

 

 

 

 

昨日の投稿にコメントを

頂きありがとうございます。

元夫の事を書き終えると

私の私生活は、夕ご飯の話

くらいしかなくて、面白さ

もないのですが、読んで頂ける

方がいて嬉しいです。

 

 

今日は買い出しへいって

非常食なども買わなくては

と思っていました。

 

家にある非常食の賞味期限が

きれそうなものばかりだった

のですが、なんとなく朝から

やる気がおきずダラダラ

しそうだなと思っていたら、

ぷう助がついてきてくれ

ることになったので

助かりました。

 

ぷう助と、非常食は何を

買おうかと話しながら

私がカゴに日持ちする

野菜ジュースを入れると

「非常時に野菜ジュース?」

と聞いてきます。

 

最近は家で避難訓練を

やらなくなってしまった

のですが、何年か前まで

私は楽しいイベントとして、

土曜日にブレーカーを落とし

ガスと水道の元栓をしめて

24時間以上をすごすという

ことをやっていました。

 

そうすると、備えていた

つもりの避難グッズや

非常食にかなり後悔

します。

 

避難訓練をするとわかって

いて準備万端にしたつもり

でも、実際にライフライン

が途絶えると想像できて

いなかったことばかりで

色々なことを知ります。

 

野菜ジュースはその1つで、

非常食やお菓子をずっと

食べていると、だんだん

果物や野菜が欲しくなって

きました。

 

非常食は命を繋ぐために

炭水化物が中心には

なりますが、そういった

食べ物が続くと次第に

食欲も落ちてストレスも

でてきます。

 

実際の避難生活は終わりが

なく、いつライフラインが

復旧するのか、救援物資が

届くのかもわからない

大きな不安でストレス状態

になるはずなので、事前に

少しでも回避できる簡単な

ものは、用意しておきたいと

思います。

 

私はそれが野菜ジュース

でしたが、人によっては

珈琲や紅茶、ミント系の

飴など色々だと思うので

ぜひ、ちょっと勇気は入り

ますがおうちキャンプと

して24時間ライフラインを

切り、個々に違う必要な

ものを知ってみることを

おすすめします。

 

そんな話をぷう助に

しました。

 

でも実感がないだけに

いまいち伝わって

いないようだったので、

近々室内キャンプと

いう名の避難訓練をまた

やろうかと思っています。

 

 

明日は最新話の配信日です。

お義父さんとお義母さん

からの贈り物が届いたお話の

続きになります。

1話~5話まで無料、広告動画を

見て頂くことで続きも無料に

なっていきます。

 

 

 

最後の最後まで

お読み頂きありがとう

ございます。

良い結果にならないと

自分の頑張りが足らない

ように思ってしまうけど、

時が過ぎていった先で

そんな自分の事を可愛かったな

と思えるようになって

いますように。

 

 

一昨日、昨日の投稿に

コメントを頂きありがとう

ございます。

 

さっそくイカの塩辛に

ねぎとラー油をいれて

ぷう助と一緒に食べました!

ぷう助が「うますぎる!!」

と叫んでいました。

 

年末年始の家計は、

毎年頭を悩ませます。

無理して厳しすぎる

予算を組むと、その分

自分の時間と労力を

使うことになって、逆に

疲れて寝込むなんていう

ことにもなるので、

お金とのちょうどいい

塩梅を探しています。

 

ぷう助の足はなんともなく

本人も忘れているようです。

時間差で痛くなってくるのは

嫌ですね。

 

朝からかまってほしいのかと

私も一瞬思ったのですが

youtubuにはまりすぎの

ようです。

 

病気や怪我には滅多にない

症状がありますが、そういった

ことを心配するのなら、

交通事故に合う可能性の

ほうがずっと高いと思う

ので、毎日そっちを気を付けて

通学してほしいと思って

しまいました。

 

 

 

 

今日は昔の恋愛ドラマの

サウンドトラックを

聴きながらパソコンを

していたので、一瞬だけ

心がまだ男性を真っすぐ

好きになっていた頃の

若すぎる自分になりま

したが、本当に一瞬だけで

1人笑ってしまいました。

 

私がそんな恋をして

いた頃は、出会い系なんて

なかったので出会いが

今よりも、もっと重みが

あったのかもしれません。

 

簡単には出会えないから

出会えた相手を大切に

していたのかな…と

考えてみましたが

思い出せませんでした。

 

ただ、現代でラインを

使わずに恋人と愛を

育んでいる人がいたら

そんな形も素敵だなと

想像します。

 

 

1話~5話まで無料、広告動画を

見て頂くことで続きも無料に

なります。

 

 

 

 

最後の最後までお読み

頂きありがとうございます。

色々な事情ですぐに家を

出られない人が心を

壊されないよう、ストレス

を発散する方法をいっぱい

身に着けることができます

ように。

 

今日は朝から色々な

予定が時間の余裕なく

はいっていたので、

そんな時に遅刻をすれば

全ての予定が全部後ろに

ずれることになると思い、

急いで家をでる支度を

していたら、リビングに

いるぷう助に呼ばれました。

 

「なに?」

 

「俺さっき足の小指ぶつけた

 んだけど」

 

「うん、見てた。でもそんなに

 激しくぶつけていなかった

 でしょ」

 

「まぁね、でもヒリヒリする

 んだよ」

 

「ヒリヒリくらいはするでしょ。

 じゃ、お母さんカバンに

 ハンカチいれるからあっちに

 行くよ」

 

「いやちょっと待ってよ」

 

「なに!?」

 

「ヒリヒリするんだってば。

 見てよここ」

 

そういって足を見せて

きましたが、ほんの少し

赤くなっているだけです。

 

 

「激痛でもなくてヒリヒリ

 するだけなんでしょ!?

 何か問題でもあるの?」

 

「あるよ!!これがきっか

 けで足が腐ってきたら

 どうするの!」

 

 

何をいっているのかと

思いました。

 

どうしてそういう思考に

なるのか、私はバタバタと

朝の準備に戻りながら

ぷう助に「そんなこと

あるわけないでしょーーー!」

というと

「世の中なにがあるか

 わかんねーーーじゃん」

と返事が返ってきます。

 

ぷう助は最近youtubeで

症例の少ない病気や珍しい

自然現象、怪奇現象を

みていたので、その影響

っぽいなと支度をしながら

わかってきました。

 

「みかんはぶつけた

 ところから腐ってく

 るけど人間には戻す力が

 あるから大丈夫に

 できてるのーーー!」

 

玄関からそう叫ぶと、

 

「わかってるけどさー!

 不安になるじゃーん」

と笑いながらいって

いましたが、朝から

ぷう助のこんなトークに

付き合って遅刻しそう

でした。

 

色々なことを知るのは

いいけど、忙しい朝には

勘弁してほしいです。

 

 

 

最新話の配信日ではない日

でも、評価のハートマークを

押して頂きありがとうございます。

 

配信前の原稿を受け取り、個人の

特定につながりかねない部分を

さけながらもどうやって

伝えたいことを伝えていく

のかと悩みます。

 

そんな時、ピッコマへ行き

ここまで押して頂いた

ハートマークをみると、

まだ諦めないで良い答えを

探そうと思うことができます。

ありがとうございます。

1話~5話まで無料です。

 

 

 

 

 

最後の最後までお読み頂き

ありがとうございます。

恐怖のなかを進んでいると

信じる事しかしがみつける

ものがなくて、泣きたく

なるような事しかないけど、

それでもしがみついている

ものが消えてしまうまでは

かすかでも信じていられますように。

 

 

昨日の投稿にコメントを

頂きありがとうございます。

私の性格が社交的だったら

もっと楽しくたくさんの人と

うまくコミュニケーションを

とれるのですが、私は

信頼して自分をさらけだせる

友人が何人かいてくれたら、

あとは1人でDVDを見たり

本や漫画をよんだり好きな

ところへいったりしたいので、

楽しく過ごすためにお付き合い

を減らしました。

 

 

 

 

今日は無性にいかの塩辛が

食べたくなりスーパーで

1番安い塩辛を買い、

満足感に満たされながら

食べていたらぷう助も

一緒に食べはじめ、

2人の会話がずっといかの

塩辛だけになっていました。

 

その後ぷう助はまた部屋に

篭り勉強とゲームをやって

いるようなので、今日の会話は

イカの話だけで終わりのよう

です。

 

私はこの後、眠くなる前に

どうやって年末年始の予算を

作ろうか、無事に年を越せるよう

暮の家計に頭を悩ませる予定です。

 

 

 

1話~5話まで無料で

広告動画を見て頂くと続きも

無料になります。

ハートマークを連打して頂き

ありがとうございます。

大きな励みを頂いています。

 

 

 

 

 

最後の最後までお読み

頂きありがとうございます。

先に進めない壁に

ぶつかり立ち往生して

しまった時、最後の最後まで

もがいてだした答えは、

未来に繋がっていると

約束されていますように。

 

今日は夕方頃から

動きすぎた時に起こる

頭痛が久しぶりにでて

きたので、まだ今日

やろうと決めていたことが

残っていたのですが

中断して1時間リビングで

横になりました。

 

最近はコロナになったりも

しましたが、頭痛だけが

起こることは減っていて

ありがたい毎日をすごして

いました。

 

減ったとはいっても波が

あり、よく起こる時も

あるのですが、年間を通して

考えてみるとストレスが少ない

時の方が頭痛の頻度が低いです。

 

分かっているので、ストレス

は出来るだけ避けたり

排出することを意識して

いるのですが、社会に

参加している以上、

自分の信用している人

とだけ付き合っていける

なんていう最高な環境に

するのは難しい。

 

なので、1番大きな人間関係

から発生するストレスは

最小限にすることを最近は特に

意識しながら、無理して人と

付き合わないようにして

いました。

 

そんな私は昔に比べたら

とても愛想が悪くなっています。

それが素の私なので、嫌な

人はきっと自然に離れて

いるはずですが、たくさん

の人と仲良くやっていこうと

するのは、自分のキャパシティを

越えているなと実感しています。

 

これからは心からお付き合い

できる範囲で、末永く深く

関係を持てることを望んで

いくのかなと毛布をかけて

横になりながら思いました。

 

 

 

 

今、私は体調が悪ければ

布団で毛布にくるまったり

ホットカーペットの上で

ぬくぬくと休みながら、

本を読み心から休むことが

できます。

 

それが出来るのは家庭の

中が安心してすごせる

環境だからなんだと思います。

夫婦関係が信頼のできない

ものになってしまうと、

仕事で疲れているのに

家でも心が休まらず

とても辛いです。

 

子供にとっても外の世界は

いつだって高波や嵐が

くる大海原なので、家の中

だけはせめて狭いけど

心が休まる場所であることを

維持していかなくてはいけない

なと思いました。

 

 

 

最後の最後までお読み

頂きありがとうございます。

大切な人の声も受け取れ

ないくらい心を閉ざして

しまった人に、大切な人は

いつまででも待っていてくれる

から、今は自分のことだけを

考えていいんだよという思いが

届きますように。

 

 

 

シュトレンへのコメントを

頂きありがとうございます。

パンと日用品のお店「わざわざ」

を知っている方がいて嬉しかった

です。

 

わざわざが常時販売している

パンは私もシュトレンと

一緒に購入します。

 

わざわざというパン屋

さんが売る商品は、

本当に体によいものとは

何か、また企業の在り方、

雇用、1人勝ちのような

経営では何もうまれないと

して頑張っているパン屋

さんです。

 

今年のクリスマスは、

クリスマスケーキと

一緒にわざわざのシュトレン

を薄く切って、そのままでも

生ハムやクリームチーズ

などをのせてもおいしいので

楽しんで頂けたらと思います。

 

以前ご紹介させて頂いた

銀の森のクッキーは

気に入って頂けた方が

多いようで、私もぷう助も

森の恵をつめたような

クッキーが大好きです。

 

 

 

 

今日はぷう助が学校から

帰ってきてすぐダイエット

の為に運動をやりに行きました。

 

昨日の就寝前に「腹減った~!」

といってカップラーメンを

食べていたので、その分の

カロリーを減らしにいった

のだと思います。

 

それでもストレスなく

ダイエットを続けられる

なんてうらやましくなって

しまいます。

 

私はお腹が空いている

のに食べられないなんて

なったらそれだけで

イライラするので、

ストレスが嫌ですぐ

食べてしまいます。

 

どうしたらストレスなく

痩せられるのか、一生

悩み続けそうです。

 

 

配信日の昨日はたくさんの

ハートマークを連打して

頂きありがとうございます。

 

当時、子供ができた

ことによって外の世界と

徐々に繋がり視野が広く

なっていきましたが、

もし子供がいなかったら

私はずっと離婚しなかった

のだろうかということを

よく考えたりしていました。

 

何度か考えましたが、

私はぷう助がいなかったら

離婚をしなかったと

思います。

 

ぷう助にとっての幸せを

考えたからこそ今が

あるのですが、ぷう助の

事を思うように自分の

幸せもちゃんと大切に

していたらもっとよかったな

と思います。

1話~5話まで無料、広告動画を

見て頂くことで続きも無料に

なります。

 

 

 

最後の最後までお読み

頂きありがとうございます。

嫌な事から逃げている時

だって、逃げながら

どうやって立ち向かおうか

考えているはずだから、

逃げてる時間を責めないよう

逃げながらも進んでいる事を

覚えていられますように。