映画でもどうどす?

映画好き。
日がな一日映画を観てぼーっとしていたい…、
そんな映画感想&日常blogです。

いらっしゃいませ。

こちらは、映画の感想と日常的な物が混じりング(現在進行系)なブログです。

基本コンセプトは
・ネタバレ
・アホアホ
・たまにイラストが付くYO


ホラーに目覚めたのが、ちょっと前からなので、
有名ドコロの名作を観ていなかったり、
観てても忘れてたり。

レンタル中心なので、最新の映画の感想は少ない…と言うか皆無に近いです。

当ブログの最大の売り(?)は、
ホラー映画の中に「おめんたまグサリシーンがあるや否や!」を明記してるところですかしら。

だって自分がおめんたま苦手なので、
心の準備が必要なんですもの。

ホラー上級者の方には、
「ヌルい!」
と怒られそうですが、
苦手な方、
初心者の方、
グロがあるかどうか確かめたい…、
そんな方に活用していただければ幸いです。



ホラー超苦手!
怖くて読めない…って皆様へ。
カラー文字の部分だけ読み飛ばしていただいても、
大体のあらすじがわかる
ようにはしてありますのでご安心を。

あ、ホラー以外の感想もたまにありますカラー。

こちらからお探しいただけると、簡単かも。
   ↓
★映画一覧表2013★
★映画一覧表2014★
★映画一覧表2015★
★映画一覧表2016★
★映画一覧表2017★

また、読者は承認制とさせていただいております。
申請前に、
「読者申請について」→■
こちらの記事をお読み頂ければ幸いです。
NEW !
テーマ:

加藤くんがどストライク真っ只中でハフハフ(聞いてへん)

 

 

謎の球体GANTZ先生のお陰で、

ロボコンは怒られっぱなし。

あ、間違えました。

否応なく戦いの中に繰り出されちゃった皆さんたち。

敵は妖怪だ!

 

 

 

 

GANTZによって戦いの渦中にいる玄野たち。

しかし玄野は、初盤の戦いで死亡。

レイカショック。

 

 

加藤は弟と二人暮らし、ある日通り魔に襲われてる人を助けようとして自分が刺されてしもた。

で、気がついたらGANTZの部屋にいました。

 

 

 

 

何が何だか分からないままに、鈴木さんというおっちゃんに急かされてガンツスーツを着用し、やってきたのは大阪やん。

死体がゴロゴロしてて、ひゃーってなってたら、向こうから顔のない花嫁(妖怪)がやってきたん。

鈴木さんもレイカも戦力にならず。

西がアッサリ倒してくれる。

 

 

 

 

大量に迫ってくる敵をサクサクっと片付けていく大阪チーム。

ヒャッハーな奴らやねん。

ちょっと自分たちとの違いにびっくりする加藤。

 

 

戸惑いながらも加藤は、襲われている人たちを助けようと奮闘。

そこに現れた(あんず)は、「偽善者やなぁ」と揶揄しながらも、懸命に人を救おうとする加藤に惹かれ協力してくれはる。

 

 

 

 

次々現れる妖怪も、大阪チームの室谷信雄島木譲二にやっつけられていきよる。

ところがそんな彼らも、

天狗やぬらりひょんにはアッサリ敗北(=DEATH)。

 

 

真打ち岡八郎が登場。

牛鬼をぬっころした岡は、ぬらりひょんとバトゥ!

「こう見えても、ピンポンやっとったんや!」

「隙があったら、どっからでもかかってこんか~い!」

岡八郎の決めフレーズを言いながら戦う岡!

見てるだけの加藤たち。

 

 

 

 

岡はとりあえずぬらりを撃退するねんけど、

「まだ死んでへんで~、あと不意打ちでないと倒せへんで~」

と言いながらどっかに行ってしまいます。

 

 

ぬらりが復活し、加藤はレイカと杏とともに、不意打ちの遠距離狙撃(加藤が囮)で倒すことを提案。

鈴木のおっさんはこの時点で既に戦闘不能。

 

 

 

 

杏は、加藤に「生き延びたら一緒に暮らそう」と申し出はる。

「???」

「こういうときは嘘でも頷くもんや!」

お姉さんの杏に言われ、頷く加藤。逆プロポーズ成功。

 

 

ぬらりが戻ってきよった。

岡八郎の首をぶら下げて。

岡ーーー負けたんか~~~~い!

 

 

!ポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーン!

 

 

ぬらりVS加藤&杏&レイカ。

不意打ち攻撃は確実にぬらりのHPを削って行くけれど、ぬらりも「妖怪王にオレはなる!」と宣言してるくらいの王道妖怪なので、ぼろぼろになった途端、目からビーム!

標的がどこに居るかわからないので、そこら辺一体にビームを撒き散らかしよる。

しかも破壊力は凄まじく。

 

 

レイカはビームで倒れてきた建物の破片を受け負傷。

でも、レイカ頑張る!

 

 

加藤はビームで撃たれ、両足が吹っ飛んだ。

加藤をかばった杏は、胴体を真っ二つにされ絶命。

 

 

もうダメやーーー。

ここで初戦の花嫁妖怪以降、全くの空気だった性格の悪い西くんがパラリラパラリラと特攻。

気を削がれたぬらりに、大阪チームが持っていたペッシャンコにしたるでぇ!銃(ガン)を連射する加藤!

 

 

さしものぬらりもやられ、加藤を始めとする東京チームは落伍者なく、GANTZルームに戻ってきたよー。

 

 

加藤は100点をゲット!

このゲームを「やーめた」ってできるのに、加藤は杏を生き返らせはったん。

「約束したから…」

 

 

加藤は弟の待つ部屋に帰っていく。

残されたレイカと鈴木は、

「加藤くん、変わってなかったね、一回100点取って、このシステムから脱却できたのに」

かつてチームの一員だった加藤は、前に100点取ったときは、

「弟のために」

と、ゲームからの離脱を選んだん。

でも今回は。

 

 

乙女のトキメキ照れ照れ照れ照れ照れ照れ照れ照れ照れ照れ乙女のトキメキ

 

 

レイカは「ウチも100点取って、玄野くんを生き返らせる!」と決意するのであった!

 

 

      おしまい

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

 

GANTZ大阪編。

花紀京とかね、出てないキャラも居るけどね。

かなり面白かったです!

 

 

PG12なので、首がスコーンと飛んだり、ばらんばらんになったり、そこそこグロです。

公衆電話の上にちぎれた腕が乗ってるのはシュール。

 

 

GANTZのトータルヒロインは、多分レイカだと思うのですが。

(後半、タエちゃんがヒロインだったけど)

この大阪編では杏がヒロイン。

 

キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

 

 

危ないと思ったらさっさと逃げる、が信条の杏が、加藤のために頑張るねん。

杏ちゃん可愛い。

杏に子供が居ると知って「おかあさん?」とビックリ口調で訊く加藤が可愛い。

可愛いのツボを上手く刺激しやがるZE。

 

 

 

CG独特の、嘘感はありますが(特に加藤の弟くんのシーン)、でもなかなか要頑張ってはったと思うん。

 

 

ぬらりひょんの、ひょうきんな爺さん風からの、オパーイオパーイニョタイモリーな第二形態。

そしてクリーチャービジュアルがかっこよくなる形態変化には惚れ惚れ。

 

 

 

 

玄野が、出落ちで加藤がメイン。

マダム加藤が好きだから嬉しいにゃ~~。

 

 

声優として出ていたケンコバやレイザーラモンの二人がガチで上手く。

イントネーションも似非大阪人には出せない、絶妙な発音でナイス。

レイザーラモンの二人も「あるある」や「フォーーーーッ」を封じて、偉かった。

声ええやんかーーー!

むっちゃしびれるわ。

 

 

原作とは若干違うシーンもあるけど、もうええわ。

既に忘れているところも多かったし(重要事項)。

最後の最後で風大左衛門もちらっと出てたし。

でも、風にも出てほしかったなぁとちょっと思う…。

 

 

( ゚д゚)ハッ!

やはりマダムは、筋肉で無骨な男が好きなのか!

プラス、性格の良い、イケメソ。

 

 

 

 

オパーイデカポジションのレイカが、あまり活躍しないのに比べ(オパイの活躍が少ないという意味)、杏は美乳でプルプルしてて、BBAよだれよだれ…。

 

 

タラーニヒヒニヒヒニヒヒニヒヒニヒヒニヒヒニヒヒニヒヒニヒヒタラー

 

 

GANTZを全く知らないと、なかなか手を出しにくいかもですが、実写バージョンの「ヲイ…な出来あがり」に比べたら、かなりよく出来てましたよ!

杏ちゃんの可愛らしさと、加藤の正統派ヒーローさと、

大阪メンバーのかっこよさにくらくらしました。

 

 

あれ?

考えたら、玄野が主人公で居る意味ないんちゃうのん?

なんてことすら考えてしまう、

加藤萌え、杏ちゃん萌え映画。

 

 

 

「お前らは何者だ」

「こ…公安…所属名は…GANTZ」

加藤のハッタリに笑いました。

全てが愛おしいわ!

 

 

多少のグロなら平気な方、是非とも!

かなり良い出来上がり。

いや、消して、決して杏ちゃんのchi chiで評価したのではなく!

chi chiでは無くっ!

 

 

監督はタイバニや聖闘士星矢(CGの)の人らしいス。

杏ちゃんの初見が「嫌な女」だという意見もありますが、

大阪人の裏表の無さを的確に表してはるんです!きっぱり。

杏ちゃん好きポチ

       ↓

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。