まーくんの雑記帳☆彡

まーくんの雑記帳☆彡

鉄道・バスの撮影レポ、雑記、アイドルのネタをはじめとする
芸能ネタなどいろいろと。
また、たまにラーメンレポも書きます。
コメント掲載については最近、スパムコメントが
増加しているため、確認後の反映となります。

9/15の話題となります。

清瀬のほうで用事があったので、そのあと武蔵小金井までバスで下って撮影してきました。

もともとは小金井橋あたりで撮ろうかと思っていたのですが、寝過ごしたというオチがw

 

会社別に京王バスと西武バスを分けて、関東バスに関しては1枚しかないので西武バスの

途中に入れておきます。

 

まずは京王バスから。

中大循環と小平団地行きは北口始発、その他の系統は南口始発となります。

Bが府中所属、Gが小金井所属となります。

一般色でないものに関して触れておくと、どちらも復刻カラーということで、[1]は高速バスカラー、

[3]は旧路線カラーとなりますね。

[1]B31307 三菱エアロスター

[2]G21521 日野ブルーリボン

 

 

京王バスはまだ結構経年車が残っており、西工ボディがほとんどいない西武バスと比較

したら周期は長いですね。

[3]G31303 三菱エアロスター

[4]B40552 UD+西工JP

 

 

ここからは西武バス。

関東バスが1台だけ入ってますが、本数の関係で1日10本程度であり、撮影しているときに

撮れるのは1本ということで、あえて西武バスの中での紹介にしました。

また、滝山は西武バスの中でも日野ブルーリボンハイブリッドも何台か来たりしましたし、

その他にも車種が豊富な部類に入るので、小平とあわせていろいろとくる武蔵小金井は

結構いろいろと見れますね。

[5]A0-157  日野ブルーリボンハイブリッド

[6]A8-438  三菱エアロスター

 

 

[7]のほうはUDの西工へのボディ架装のほうが終了して、三菱のボディを架装していた

時期のもので、主に都内の営業所へと投入されていたのですが、今年になって小平へと

転属になった車両があり、こちらがその車両となります。

わかりやすいところでは車号の書いてあるところの塗装の下地が通常のエアロスターだと

アイボリーですが、そこが黒というところなどですね。

また、外観上はJ-BUSとしてのモデルなのでバッテリーの部分がないところ以外は日野

ブルーリボンといすゞエルガではあまり外観の差はないですね。

[7]A9-346 UD+三菱AP

[8]A6-971  いすゞエルガ

 

 

そして西武バスでは大型車は既に東京では引退しており、中型車でしか西工ボディの車輛を

見れなくなっていますが、こちらは小平所属で唯一の西工JPになりますね。

基本的には大型車も入るような路線なので今後の置き換え時には大型車で投入される

可能性は高そうですね。

[9]A0-432 UD+西工RM

 

 

関東バスは1日10本程度と本数が少ないためにここで紹介します。

[鷹35]系統は三鷹駅~武蔵小金井駅なのですが、ヴィーガーデンへの路線新設などで

昔と比較したら本数が減ってますね。

ちなみに車両のほうはこの辺の他社にはないQ尺と長めのものを採用していますね。

[10]関東バス B1953  いすゞエルガ

 

A4-727はモデルチェンジ前のものとなり、外観上は[7]とあまり変わらないですが、シャーシ

部も三菱となっていますね。

そしてこの日の目的でもあったA0-158のいすゞエルガのラッピングのほうも撮影できました。

こちらの黄緑ベースの車両はユーグレナバイオディーゼルによるものですね。

公式のほうのプレスリリースには"ミドリムシで走る"とありますが、こちらは非公式側の

デザインとなりますね。

[11]A4-727  三菱エアロスター

[12]A0-158 いすゞエルガ

 

  

このあとは立川へと移動して、立川駅南口の先日相互通行に切り替えとなったとなった

あたりのほうに行き、ルートが変更となった国立駅南口方面へのバスを撮影しに行く

ことにしました。

ちょうどリラックマバスの2号車が国立駅南口となり、変更となった[国15-2]は立川マシマシの

入ってる立川アーバンホテルの前を通って、その先の交差点を右折していきます。

[13]J778(リラックマバス2号車)

 

 

その一方で[国15-1]は先程の交差点は直進していくのですが、バス停の新設が行われ、

近くの公園の愛称である「オニ公園」の名称がつけられました。

 

新規区間を通るというところでは[国15-2]は餃子居酒屋付近、[国15-1]は先程紹介した

オニ公園バス停付近で、非公式側からの撮影をしてみました。

[14]J780  いすゞエルガ

[15]J378 いすゞエルガミオ

 

 

このあとは帰宅しました。

とりあえず撮りたいものも撮れたのでよかったと思いますね。

また、最近ではなかなか都内方面なども行ってないので、たまにはそっちのほうにも

足を延ばしていきたいですね。

9/15の話題となります。

この日は仕事が休みだったので、9/10にららぽーと立川立飛至近にオープンした

TOHOシネマズ立川立飛のほうに行ってきました。

朝のタイミングで見れる作品が何かあるかと探していたところ、後半で内閣予備施設や

多摩都市モノレール運営基地といった聖地も出てくる「シン・ゴジラ」がやっていたので、

そちらを見ることに。

映画館の位置としてはららぽーとの駐車場へ向かう道路を隔ててモノレールの道路側に

近い方になり、入口は駐車場側の道路よりとなり、ガラスが大きいのもあって結構開放的な

入口に見えますね。

 

このあたりはどちらかというと今後の作品を掲示しているので、通りがかりに参考にどんなものが

あるか見てみるというのもありだと思います。

ちなみにTOHOシネマズではIMAXとプレミアムシアターがメインとしてアピールされていますね。

 

 

シアターへの入口はこんな感じですね。

シアターは9つあり、シアター1がIMAXシアター、シアター5が轟音シアター、シアター7がプレミアム

シアターとなっています。

施設紹介は公式ページのリンクを貼っておきますのでそちらを見てください。

 

ちなみに「シン・ゴジラ」上映のシアター5は轟音シアターということで、このようなロゴがあった

ほか、このようなサブウーファーが2基スクリーン中央から見てちょっとずれた左右あたりに

設置されて迫力のある音が楽しめましたね。

シネマシティのaStadioが割と席数の多いスクリーンに対してこちらの場合は150くらいのキャパと

いう中規模なので、音の響き方としても結構体の芯へと響く感はありますね。

なので、シネマシティとは別の意味で魅力あるサウンドと言えると思いますね。

 

 

「シン・ゴジラ」に関しては劇場で見るのは初でしたが、従来からのゴジラの路線を活かしつつも、

いろいろと独自路線が出ていてよかったですね。

それにしても以前の作品はここまで政府組織を強調していたかなぁ?っていうイメージは見ていて

感じましたね。

そういや見ていてゴジラのモーションアクター監修が誰なんだろう?って気になって、帰ってきてから

wikipediaで調べてみたら

 

さて、この記事の最初のほうにも触れていますが、ロケ地探訪の話題となります。

もともと現実世界でも官邸に何かあったときの予備施設としては立川防災基地エリア内にある

予備施設が設定されており、劇中の設定でも同じような設定となってます。

ちなみに立川へと政府機能が移転した設定としては千代田区などの中心部がゴジラの光線に

よる放射能汚染でというものとなっていますね。

 

劇中に出てきた施設で通常時に完全に入るのは難しいところばかりなので、周りからの

紹介となりますが、ららぽーと立川立飛の映画館から近いところでは立川市役所の脇になり、

上が団地となっている多摩都市モノレール運営基地(画像はイベント開催時に入ったものを使用)や

内閣予備施設(外観のみの撮影)が割と近くですね。

多摩都市モノレール運営基地はちょうど画像の一番右の留置線脇の通路が使われており、

内閣予備施設は入口や屋上が使われていましたね。

 

 

立川エリアで聖地があるということで、臨時に上映予定を入れたということで、9/17をもって

「シン・ゴジラ」の上映のほうは終了なので、聖地に関しては他の作品化されたメディアとか

そのうちテレビである放送とかで見れればいいと思います。

 

劇場に関してはもっと他の作品で見たいと思ったし、同じTOHOシネマズ立川立飛の中でも

プレミアムシアターとか他のシアターでどういう感じなのかとかも比較してみたいと思いますし、

シネマシティやイオンシネマむさし村山などの他の劇場とも比較してみたいと思いますね。

 

9/2の話題となります。

この日はグランドオープン当日のグランエミオ所沢のほうへ。

今回の増床で改札部分が西武新宿・飯能方からの南改札との2ヶ所構成となり、

フード店舗もドトールコーヒーやコメダ珈琲店、ららぽーと立川立飛にはあるものの、

西武線沿線初出店となる「Eggs ‘n Things Coffee」や金沢カレーの店舗として

有名な「ゴーゴーカレー」、牛タン「利久」などもレストランエリアの増床があったので、

以前よりも店舗が増える形となりました。

 

特に本屋に関しては以前、西口にあったステーションビルもこのグランエミオ所沢Ⅱ期

工事にともなう建て替えで閉店となり、その後、イオン所沢店の閉店により、アシーネ

所沢店が閉店となってからは駅や街の規模に反して本屋がないという状態に陥っており、

本屋難民となってる地域でもあったので、今回の2期オープンによるTSUTAYAのオープンは

地元民としても、駅利用者としても歓喜ではあると思いましたね。

 

まずは南改札に関して触れていこうと思います。

1番ホームは最後尾からの距離が多少あるものの、階段・エスカレーターなどはほぼ従来の

位置とほぼ一緒、エレベーターはその脇くらいに設置されました。

あと、各ホーム既にホームドア準備工事はされています。

 

 

改札階に上がってみると、1番ホームの上はちょうどドトールコーヒーの裏になりますね。

確か改札内からは確か入れない構造になっていたと思います。

また、床の色も黒ベースということや、トイレの入口付近が木がベースのデザインという

ことで、非常に落ち着いた雰囲気と感じましたね。

 

 

屋外デッキと今回新設されたとことこ広場。

屋外デッキは東側の時に整備されたトコニワの屋外時代(今回場所が変わって同名で

設置されてるため、あえてこの表記で)より狭いのと架線柱が多めで、見るにはいいけど、

撮るには…っていうのは以前と一緒ですね。

とことこ広場は待合スペースが2・3番ホームはなかったりするのもあり、フロアが違えど、

こちらのほうに共通の待合スペースができたのはありがたいと思います。

また、奥の方にはおむつ交換やパウダールームといった女性にやさしいスペースとなって

おり、近年の女性への配慮が目立つ西武グループというのが感じられた一面だとは思う

ところです。

 

 

ホームへの表記類に関してもホームへと降りる部分が黒ベースのデザインではあるものの、

柱部分の各駅が表記されたものは従来の中央改札側と共通されたデザインでしたね。

 

 

 

改札部分に関してはナンバリング表記もあり、わかるようにきちんと南改札と書いてありますね。

有人改札に関しては中央改札にウォークインタイプの改札があることから、通常の窓口タイプと

なっています。

 

 

改札を出たところがセントラルプラザということで、中央改札とを結ぶ通路となるのですが、

メインとなるシンボルツリーの周りにはベンチが設置されています。

ただ、このご時世としてソーシャルディスタンスを保たなくてはいけないので、その対策として

西武ライオンズのキャラクターのレオのぬいぐるみが置いてあります。

2枚目に関してはTSUTAYAの反対側の吹き抜けからの俯瞰での撮影となります。

 

 

こちらが中央改札から見たセントラルプラザ方面ですが、シンボルツリーのあたりまでは

ちょっと距離があり、その間に店舗があり、右側のちょうど中盤くらいにはイベントスペースが

あったりとしてますので、限定店舗の臨時出店とかここで開催されるということもありそう

ですね。

 

所沢駅西口ですが、ちょうど所沢駅の文字があるあたりが従来からの中央改札からの出口、

コメダ珈琲店のほうの画像が南側の出口となり、表記としては「所沢駅西口(南)」となって

いましたね。

なお、西口からのルートは2つの自由通路ですが、東口は1ヶ所なので、最終的には合流すると

いう形となっています。

ちなみに昼食に関してはこちらのコメダ珈琲店でいただきましたが、コメダ珈琲店で先日より

販売開始したコメ牛のほうは繁忙期対応なのか販売していなかったようでした。

 

 

トコニワは従来の線路寄りにあった時代の車止め等の展示は移設されたものの、線路が

見える位置ではなくなったというのはちょっと残念なところもありますが、所沢駅で改良工事

前まで実際に使用された古レールの柱などがリメイクされて残ってるのはいいと思います。

ただ、ここは雨が降ったらしのげるところはないのはしょうがないですね。

 

開店日が未定となっている「LIONS Diner BIG FLAG」に関してはスポーツバーというコンセプトを

メインとして、大きなスクリーンでの野球観戦などができるということで、盛り上がるというのが

容易に想像できますね。

また、メニューとしてはコロナの影響で当初はビュッフェ形式での提供を予定していたものが

変更となり、オープン時期が延期ということがすでにライオンズ公式で発表されてますね。

 

 

ランチョンマットもライオンズに関連したものとなっていたりするので、そのうちグッズ化も

あり得なくはなさそうな気も…。

あとは選手名を冠したメニューやプロデュースしたメニューなども営業開始したら出てきそう

ですね。

 

 

グランエミオ所沢に関してはまだ書き切れていないですが、所沢エリアとしては初の店舗と

しては前述のパンケーキ屋のほかにも、この周辺ではエキナカや駅ビルなどへの対応として

従来の店舗より小さめの東急ハンズの「hands be」などの店舗もあります。

 

さらに最近の所沢の商業施設の話題としては旧ダイエー→イオン所沢店の跡地の看板が

「トコトコスクエア」へと変更がされ、現在の店舗の移転や、OKストアの進出などの一部店舗の

追加情報がでてきましたね。

こちらの動向や所沢車両工場跡地開発も気になるところですね。

 

8/30の話題となります。

この日は川越へとイベント関係で行くつもりでいたので、例のごとく土休日の川越観光

向けに運行されれる快急のほうを撮影しに行きながら、移動しました。

1本目は航空公園で。

以前、ここで1本目の快急自体は撮ったときは2000系の8連代走だったので、所定は

20000系or30000系の運用ということで、世紀のうんよここで撮影したのは初となりますね。

ちなみに1本目の快急は30000系が割と多めなようですね。

[1]38108F 各停新所沢

[2]38117F 快急本川越

 

 

2本目の快急の前にレッドアロークラシックがこの本川越行きで着いた後に折り返しに入庫の

運用と把握してたので、南大塚に移動して撮影しました。

ちなみに9/4にアプリを見ていたところによると、9/4に玉川上水に入場して、メンテをしている

ようなので、またしばらくレッドアローラシックを撮る機会はなさそうですね。

[3]2093F 各停本川越

[4]10105F(RAC) 特急本川越

 

 

快急本川越を待っているとオール2000系の回送がきて、撮影したのですが、こちらの編成は

西武新宿方が幕車の2007Fでしたね。

2000系の初期型の8連幕車はこの編成だけなので非常にレアですね。

そしてほどなくして南入曽入庫のレッドアロークラシックの回送が来ました。

[5]2407F+2007F 回送

[4a]10105F(RAC)  回送

 

 

そして2本目に来た快急本川越は先程の回送と同じく、初期型の2000系の2+8連ということで

撮れてよかったですね。

なお、玉川上水から小平に出るときの編成がこれでした。

[6]2405F+2001F 快急本川越

 

そして急いで移動してさきほどの2007Fの幕車側を狙いつつ、快急本川越の2001F側を

撮影しました。

ホームが入らないようにホーム端まで行きたかったのですが、時間がさすがに2分差だと足り

なかったですね。

[5a]2007F+2407F 急行西武新宿

 

 

そして本川越で降りたところでたまたま尚美学園大学の特定輸送の日野ブルーリボンシティ

ハイブリッドのほうを撮影することができました。

以前の2月くらいに行った所沢・川越、東急高津の各営業所の撮影会の時には整備して

いたのを見かけてたので存在は知っていましたが、ようやく撮れました。

[7]西武総合企画 S-440 日野ブルーリボンシティハイブリッド

 

 

そのあとは立川マシマシ8号店ですごい冷し中華をいただきました。

今年はなかなか食べる機会がなくて、意外にもこの時期に初冷し中華となりました。

タルタルソースだとか味つきの肉などがいい味を出しているという感じでした。

ただ、イベントに行く関係もあったので、サイズのほうは小サイズと控えめにしておきました。

 

このあとは川越駅西口でしばらく撮影していたのですが、イーグルバスのボンネット

電気バスの赤の方の車両はいまだに見かけないですね

[9]西武バス A8-923 いすゞエルガ

 

小江戸循環バスに関してはボンネット電気バスのほかは日野ポンチョと日野レインボー

HRでの代走という3台でした。

[10]イーグルバス 3345 ボンネット電気バス

[11]イーグルバス 3338 日野レインボーHR

 

 

このあとは2007F+2407Fの急行西武新宿行きを狙うにも、時間がちょっと合わずにこの日は

撮れなかったですね。

そしてDEP川越CLEAR'Sのイベントのほうを1部だけ行ってから、帰宅しました。

ただ、帰りに小平から銀河鉄道バスで国分寺に着いたところで、人身事故が発生した後に

到着してしまったので、西武バスで武蔵野美術大学に出て、そこから移動して若葉町団地に

行き、迂回して帰りました。

 

タイミング見て班長の伊織あい卒業までに一度は行こうと思っていた川越CLEAR'Sのイベントを

含め、行けたのはよかったですね。

 

8/20・21の名古屋遠征の復路で名古屋から新幹線で移動して三島へと行き、

その流れで沼津へと行き、しばらくバス乗り場が変わった沼津駅南口のほうで、

撮影していました。

というものの、だいたい似たような車両を撮っている気がしなくもないと言われそう

ですが、それでも多少は新しく撮ってるものもありますね。

 

伊豆箱根バスの神奈中中古のエアロミディは存在は知っていたものの、ようやく

撮れたという感じですが、西武バスでエアロミディが少数派といういうのもあってか、

ちょっと違和感があるというのは否めないかもしれないですね。

ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングに関してはこの日は1号車と3号車を撮影できました。

[1]伊豆箱根バス 2514 三菱エアロミディ

[2]東海バスオレンジシャトル 830 日野レインボーHR 

   (ラブライブ!サンシャイン!!ラッピング)

 

 

沼津エリアの伊豆箱根バスは富士重ボディの8EのRMが多数派ですね。

とはいえ、いろいろとラッピング車だったり、復刻カラーだったりと在籍しているのですが、

だいたいは西武バス中古となりますね。

ちなみに4月くらいから沼津港方面へのバスが沼津機関区の記念碑前くらいに移動して

いますので、乗り場変更後の来訪は初となります。

[3]伊豆箱根バス 2409 UD+富士8E RM 

[4]伊豆箱根バス 2091 いすゞジャーニー

 

 

西工JPは安定の西武バス中古ですね。

ラブライブサンシャインカフェ寄った後に沼津港に向かったら、ちょうどこのバスにあたり

ましたね。

富士急シティバスのららぽーと沼津・ラブライブ!サンシャイン!!コラボのラッピングは

狙っていたんですが、回送ルートで左折レーンに入ってしまったのでこんな感じでしか

撮れてないですね。

乗り場に止まってるのとかタイミングあえばリベンジしたいですね。

[5]伊豆箱根バス 2505 UD+西工JP

[6]富士急シティバス E3661 いすゞエルガミオ 

    (ららぽーと沼津・ラブライブサンシャインコラボラッピング)

 

 

伊豆箱根バスの復刻カラーも西武バス中古となりますね。

ちなみに復刻カラーのもので自社導入のものは2417号車(前後扉)のもののみとなりますね。

ラブライブサンシャインラッピングに関しては伊豆箱根バスも東海バスオレンジシャトルも

4台ずつ(東海バスはうち1台高速バス)あり、今回は前述の1号車とこの3号車の2台を見れました。

内浦方面に向かうときには一部区間でメンバーの放送となる区間があります。

[7]伊豆箱根バス 2414 UD+富士重RM  

[8]東海バスオレンジシャトル 800  いすゞエルガミオ

     (ラブライブ!サンシャイン!!ラッピング) 

 

 

ここまで撮影したところで、先ほどの富士急シティバスのららぽーと沼津とラブライブ!

サンシャイン!!のコラボラッピングバスが来そうになかったので、ラブライブ!サンシャイン!!

カフェへと移動して、水分補給がてら千歌ちゃんのドリンクを飲んできました。

あと、電気バスのほうもみかけなかったので代走だったようですね。

 

 

 

その後はバスで移動して、みなと新鮮館内の丸勘へ。

この時期なら生しらすがあるのでは?って思って行ったら、予想通りありつけましたね。

とはいえ、自分のちょっと後で売り切れたみたいですが。

 

 

当然これだけで腹がいっぱいになる量ではないので、沼津バーガーへ。

ちなみに先程の丸勘はPOPを見てもわかる通り、国木田花丸(メンバーカラー黄色)の

推しの店ですね。

 

 

こちらではドムドムを彷彿させるカゴに入った深海魚バーガーをいただきました。

ちょうど行ったときに空席が多めだったので、Aqours席といわれるラブライブ!サンシャイン!!の

ユニットのAqoursの声優さんが来たときの席に座れました。

あと、見づらいですが8/1に高海千歌ちゃん(Aqoursのメンバーカラーオレンジのコ)の誕生日

だったことから、メニューの下にはPOPで誕生日おめでとうと書いてあるのも聖地らしいと

いうのはありますね。

 

 

このあとは沼津駅に戻ってからららぽーと沼津へ。

到着直前に入庫のららぽーと沼津・ラブライブ!サンシャイン!!コラボラッピングの回送と

すれ違ったので、適当に店内を覗きつつ、あとはロータリー付近でバス撮影。

ららぽーと沼津のラッピング車に関してはラブライブ!サンシャイン!!とのコラボラッピング

ではない、通常の水玉模様のものもありました。

ブルーリボンシティは大型車自体がそんなに多くみられなかった気がするので貴重ですね。

[9]富士急シティバス E3662 いすゞエルガ (ららぽーと沼津ラッピング)

[10]富士急シティバス E2157 ブルーリボンシティ

 

 

駿豆線に行く前にいすゞキュービックのほうを見かけたので撮影しました。

この段階で1530過ぎだったのて、箱根方面だと結構時間がかかりそうな気がします。

[11]東海バスオレンジシャトル 878 いすゞキュービック

 

 

このあとは駿豆線で修善寺へ。

列車が2編成並んでいるところとラブライブ!サンシャイン!!では寝そべりといわれる

ぬいぐるみの置台が設置されたことで便利になりましたね。

 

 

駅前で止まっていたバスを撮影しました。

修善寺は土肥や伊東方面などに抜ける一大ターミナルでもありますね。

[12]新東海バス 782 日野レインボーRJ

[13]西伊豆東海バス 1606 日野レインボー

 

 

このあと、伊豆長岡で下車。

結局、伊豆箱根バスのラブライブ!サンシャイン!!ラッピングで撮れたのはこの1台のみ

でしたね。

[14]伊豆箱根バス 2011 UD+西工RM 

[15]伊豆箱根バス いすゞエルガミオ(ラブライブ!サンシャイン!!ラッピング)

 

 

ちなみに三島~修善寺~伊豆長岡はラブライブ!サンシャイン!!ラッピングのほうが

乗車電にあたりました。

[16]伊豆箱根鉄道 3000系3501F(ラブライブ!サンシャイン!!ラッピング)

このあとは三島~新横浜間を新幹線で移動して、新横浜からは第三京浜経由の東急バスの

直行バスで溝の口駅へ、そこから南武線で立川というルートで帰宅しました。

なんだかんだでこの2日でいろいろと回れてよかったですね。