大阪・梅田の巻き爪ドットコム

大阪・梅田の巻き爪ドットコム

大阪・梅田にある巻き爪、フットケア専門の「巻き爪ドットコム」のオフィシャルブログです!

巻き爪でお悩みではないでしょうか。

当所は「切らない矯正法」を採用しています。


このような症状の方、おられませんか?


・履き慣れた靴などによる足の圧迫で、爪が痛い

・爪が伸びてくると、皮膚、肉に食い込んで痛む

・独自の爪の切り方をしていたら、巻き爪の症状が悪化してきた

ホームページに実例を多数掲載しております

→巻き爪ドットコム


※土日もやってます!

NEW !
テーマ:

巻き爪ドットコム  代表の河野(かわの)です



私たちの爪は横方向に巻いてくる性質を持っています。



生理的な横湾曲といいます (・ω・)/ ご自身の爪や

家族・友人の爪を観察して鉄板みたいに平らな方は

いないと思います。



人によって形や切り方・質も様々なので一度観察して

みることをオススメします~



指の形や皮膚との関係性・爪や皮膚の性質によって

形状や湾曲が決まるのですが個々には水分含有量や

季節・気温など様々な要因が (・Θ・;)



ひとつの事柄だけの説明で相当なボリュームになるので

細かく時間をかけてお伝えします (。-人-。)







~で巻く人と巻かない人がいるのはなぜなのか?と

よく聞かれるのですが一言でいうと適正な刺激の不足 



以前に何回か書きましたが指の腹から刺激を受けるという

のがその方の持っている爪のカーブを維持するポイントで

刺激が足りないと生理的な湾曲が勝り巻き爪に。。。



もし刺激が加わっていたとしても深爪だと刺激を受け止める

爪がないので身体は刺激がないと判断して巻いてきます。。。



激しい運動やマラソンをしていても指先の状況は関係

ないことが多いです。



上記のお話をすると自分は週5で運動してるから大丈夫とか

運動しているのにおかしいと言われることもあるのですが

多くの方の頭に思い描くのは脚・脚力であって爪に大きく

関係するのは足(指)なのでちょっと違います。



脚力と足力は比例しないことが多いので。。。( ̄_ ̄ i)



こちらの話もボリュームが。。。



爪・足だけでもすごく記事が。。。ガンバリマス!!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス