河野太郎ワクチン担当大臣と有村治子広報本部長との対談です。皆様の疑問に答える番組になっています。ぜひご覧ください!


自民党カフェスタに新番組「ポリバラ」が加わりました。党大会を振りかえる第1回目の放送の中で、私も何回か登場していますので、ぜひご覧ください!


霊長類研究で世界をリードされた河合雅雄先生の訃報に接しお悔やみを申し上げます。
「芋洗いをするサル」の事例が有名ですが、サルそれぞれに名前をつけて観察する手法は「ジャパニーズ・メソッド」とも呼ばれているそうです。山極寿一先生の「『サル化』する人間社会」でも触れられています。この本は、人間社会の特徴とは何なのか、「家族」と「共同体」の2つの集団に所属して暮らす意味など、考えさせられる名著と思います。
青年局定例会議を開催しました。
今回は「妊産婦の精神的健康の社会決定要因について」をテーマに筑波大学の松島みどり准教授からご講演いただきました。コロナ禍では妊産婦のうつ傾向が長期化しているとのお話があり、メンタルケアの重要性が高まっていることを痛切に感じました。
講演後は、これまでの有志による疑似妊婦体験をはじめ、多胎児妊娠・育児支援、産婦人科医からみた妊娠出産、ニュージーランドのLMC制度など重ねてきた勉強会を通じて得た知見や、課題意識を全国のメンバーと共有。
「誰もが安心して子どもを産み育てやすい社会づくり」に向けて意見交換し、子育て世代の当事者である青年局として、性別や世代を超えた取り組みの大切さなどについて確認しました。


ストーカー行為等の規制等に関する法律の一部を改正する法律案の質疑に立ちました。
ストーカー事案の多様化、複雑化に伴いこれまでも法律改正が行われてきましたが、今回はGPSや手紙を規制の対象にするなどを改正目的としたものです。
この法律案には附帯決議がついています。
今回の規制で対応できない事案が生じた場合には、分析及び検証を行なって、必要な法制上の措置を講ずることや、被害者のための相談窓口を整備することなどが書き込まれました。
そして、私も質問しましたが、この法律は「恋愛感情」に縛っているのですが、ストーカー行為の中には恋愛感情に起因しないものもあります。附帯決議では「恋愛感情等によらないものについては必要な対策を検討すること」と記されることとなりました。今後検討しなければならないと考えています。