歌謡ワイドショー2

歌謡ワイドショー2

京都の歌い手、野村麻紀の日記

ちょっと気晴らしに、でっかい公園に行ってみた。
アスレチックをして鍛えたかったのだけど、さすがに封鎖されていた。
チューリップや、タンポポや、桜が盛大に咲き誇っていた。
ツツジもちらほら咲いていたし、オオイヌノフグリも綺麗に咲いていた。
オオイヌノフグリは、花の名前のなかで一番、好きだ。




大犬って
Saint Bernardのことかな
昼のパート先の店長から、
「シフトあんまり入れられんくなってごめんな。」とほんと申し訳なさそうに言われたけど、ノー・プロブレムだよ。
お昼寝いっぱいできるようになったし、今日だって出勤してもアルコール製剤と布巾を手にウロウロしながら、大喜利のお題や答えを考えたり、キング・ヌーのギターさんの歌パートを練習(たぶん回りに聞こえてる)したり、しているだけなのだから。

チェのお昼の店も同じような感じらしく、早上がりしたみたいなのだけれど、申し訳なく思ったマスターが賄いと共にビールと焼酎を入れてくれたみたい。

おい、めちゃくちゃ良いお店だな ‼︎




ザ・マキちゃんセット
チェが重たそうな袋を抱えて帰ってきた。
それはなにかと尋ねたら、
「冷蔵庫」
だと言った。
でも開けてみたら、小さめのギター・アンプだった。
チェは本格的に、ギターと向き合う気である。
いいな、いいな、人間以外にも友達がいて。




「冷蔵庫」て

得意料理を聞かれたら、ピザトーストと答えるようにしている。
笑われたり、馬鹿にされたりもするけれど、こちらは本気で言っている。
ピザトーストこそ、ごまかしのきかないクックであり、数学、化学、物理学、美学、文学が備わっていないと成功しないクックであると思っている。

食パンの袋を開けて3日目に、佃煮のりを取り入れてみたけれど、これはルール違反だと判断した。




キャベツと長ネギの
ピザトースト!
拾得でのライブは楽しかった。

激しく雨が降っていたので、付け前髪を装着して挑んだ。
出勤したチェちゃんは、「おいおい前髪だけ色ちがうで」だとか、「いやまじで前髪ちびまる子みたいになってんで」とか言いながら、他の人にはバレないようにちょくちょく直してくれた。
おかげで堂々と歌えた。

ちょっと酔っ払って、おんなじ曲を2回やった。



付け前髪