経営者が知るべき「会社の成長に欠かせない人事・労務のコツ」社労士 河村真樹子

経営者が知るべき「会社の成長に欠かせない人事・労務のコツ」社労士 河村真樹子

企業の発展に人は欠かせません。企業の人事を経験した社労士がお伝えする、企業の発展のために本当に重要なこと。ヒトと組織の両面をから、企業の存続・発展をサポートさせて頂くことをミッションとしています。

私は、

自分だから伝えられることが、

誰でもあると考えています。


あなたがこの世に生かされている意味。

必ずあります。

自分だから伝えられること、つまりコアメッセージは、あなた以外の人が見つけてくれるものではなく、自分でしか見つけることができないのです。


そのコアメッセージを見いだせずに人生の幕を閉じていく人の方が、実際は多いのではないでしょうか?



一度しかない人生だからこそ、

この世に人間として命をうけたからこそ、

私は自分の生き様を伝えていきたい。


私の存在が、生きる勇気を与えると信じているから。


でもこれは私だからできるのではないのです。

自分の今までの経験や、

今、チャレンジしていること、

自分の行動全てが、

私だから伝えられるメッセージなのです。



辛かったこと、

苦しかったこと、

人を傷付けてしまったこと、


今、うまくいかないこと、

葛藤、

迷い、



全てが自分のコアメッセージです。



将来何がやりたいか分からない。

それでもいいんです。


その悩みが、同じ悩みを抱く人を救うのです。



だから悩んでも苦しくても、

行動し続ける、チャレンジし続ける。

これが大事。


周りが失敗したとか、うまくいってないじゃん!って言っても、それはチャレンジしてきた結果。行動してきたという結果なのです。



自分のこともできていないのに人のことまで考えられないという人もいますが、この人生、どれだけ裕福になっても成功しても、人生の課題はなくなることはありません。

人は成長したいと願う生き物だから。




自分だから伝えられるメッセージ



過去の自分の体験によって人は興味を持ち、

今チャレンジしていることに行動変容を促され、

これからチャレンジしていく未来の姿に、生きる勇気と希望を感じるのです。



人を救うというと大げさかもしれませんが、

言い過ぎかもしれませんが、

人に生きる勇気を与えるということは、実は自分自身が生きる勇気をもらっているのです。



一度しかない人生

泣いても笑っても一回きり

自分だから伝えられるコアメッセージを、

縁ある人々に伝えていきましょう😊