これから将来的に やっていくことを 書面におこしていくこと、 それが 経営計画書(事業計画書) | ま き ば プロジェクト

ま き ば プロジェクト

まきばプロジェクトの活動理念は
”この街に 笑顔を生み出す 場の創生”


これから将来的に やっていくことを
書面におこしていくこと、
それが 経営計画書(事業計画書)

経営計画書(事業計画書)を作成することで
計画の段階でわかること、
気付くことが たくさんあり

走り出す前に 己れをはかり知ることができるもの
だということがわかりました

新しい事業を思いついたとき、
誰でも 自分の考えが 
「正しい、画期的、自分は天才」と
思いあがってしまいがち

ですが 冷静になって 第三者的視点から見れば
自分の強みだと思っていたことが
実は弱みであったり… なんてことも

"自分に疑いを持つこと" も必要ですね

経営していく上では
判断軸をしっかり持つことも重要です

やりたい、やりたくない
できる、できない
やっていいのか、やってはいけないのか

講義終盤は 実際に
事業計画書を作るワークを実施

2名の参加者の方に発表していただきましたが
いずれも同業種との差別化、
強みを活かした事業計画で
とてもワクワクするビジネスモデルでした

限られた時間であったため、
まだまだ 講師の先生に
質問したいことがあったことと思いますが
個別相談も承っておりますので
是非ご利用ください

私自身、参加者としての個人的な感想は
経営計画書の作成は もう少し時間をかけて
じっくり おこないたいと思いました

ビジネスモデルキャンバスやピクト図解など、
ビジネスモデルを可視化することをワーク形式で
実施できるよう 調整していきたいと思います

本日もご参加いただき
誠にありがとうございました!

次回の創業學舎 ISESAKI は
9月に開講予定です


AKG創業支援プロジェクト 創業學舎 ISESAKI
主催 あかぎ信用組合
共催 まきばプロジェクト
後援 伊勢崎市、
伊勢崎商工会議所、
群馬県信用保証協会、
日本政策金融公庫国民生活事業