今だ、ほら貝を吹け!

今だ、ほら貝を吹け!

芝居と歌にまみれて生きている、人見知りでプチ引きこもりな中川真希のブログ。

たまに一人旅に出て自分を鍛えます。
2級ほら吹き童子。いつか名人になる!
なんだかんだ幸せ者です。

テーマ:
やっとグリーンブック観れた!


タッチは軽いけど、アメリカ南部に根付く精神をいくつものエピソードで浮き彫りに。
このエピソードの数をスピーディーにかつ全て印象に残るように繋いでいるのがすごい。

男2人が嫌いあっているところから信頼が深まって絆が強まっていく過程をじっくり見たかった人には軽く感じたかもしれないが、
黒人差別(黒人に限らず差別はあるけど、南部でツアーする黒人というところにストーリーの主軸があるので)・孤独でも自身を貫く勇気・暴力では何も解決しないということ
そういうテーマに重きをおいていたのが私的にはとても良かった。



ヴィゴモーテンセン、この役のために20キロ増量したとか、
イタリア系の訛り英語にするために本人(実話が元なので実在人物の役)の喋っている資料をずっと聞いていたとか、
調べれば調べるほど役作りがストイック。


ロードオブザリングのアラゴルンの時、なにこの人めっちゃかっこいいって思ったな〜。

今もだけど。


もちろんアカデミー助演男優賞を取ったマハーシャラ・アリもmoonlightの時とは違う人みたいで印象的。
メイキング映像とか観るとちゃんとピアノ弾いてるんだよね…すごい。
表情と言葉の抑揚を抑えた演技が逆に心情を表していました。


あと、トニー家に集まる親族の方たちが何気にとても良いお芝居をしていて、この人たちいい味出すなぁ力のある役者さんたちだなぁって思っていたら
そのほとんどが、俳優さんじゃなくて本当にトニーの親族の方々らしい。

え、嘘やん…本物の親戚とな…
てことは一般人、、、恐るべしバレロンガ一族!



たくさんの時代問わず流れる音楽も映画のエッセンスになっていました。
私はそこまで詳しくないけど、1910〜1960年代のジャズやブルース、その時代背景も知っている人が見ると格別だと思います。
Little Richard流れて滾ったわ…ロック先生!


笑いとシリアスの割合が、個人的に好きな配合でした。
全てのバランスが素晴らしい作品。

公開から1ヶ月以上経つのに平日昼の回がほぼ満席だった〜!

テーマ:
‪お誕生日は九州にいたので、旦那さんからのバースデー祝いご飯でしたぁ酔っ払い


‪・ズワイガニとウドのパスタ‬
‪・セロリ+新玉+森さんちのトマトのサラダ 生ハム乗せ‬
‪・インカのめざめ蒸し焼き‬

我が家はよく調布市と川崎市の農家さんの野菜を買うんですけども、それぞれに個性があって新鮮で、とても良いです。
そういう食材が手に入る環境というのも有り難い。

特にサラダに使った"森さん"が育てたお野菜は、どれも味も香りも濃くて、強い。
食卓に頻繁に並びますラブラブ


‪今夜は白ワインを開けてもらいました☆‬


‪デザートは手作りケーキ!
ホワイトチョコソースがけ!!‬


ホワイトデーだから〜って言われたんだけど、私バレンタインプレゼント何回ももらってるから、お返しするのは私のはず…

だが!
ホワイトデーという存在を!
そもそも忘れていた私なので!
甘えっぱなしですが美味しくいただきました(*´ω`*)ウフ

‪コーヒーコーヒーもゴリゴリと淹れてもらい、誕生日を満喫。
カップは生まれた年号入りなのです。

ロイヤルコペンハーゲンが昔作っていたシリーズで、この頃はまだ全て手描きだそう。
年によって柄が違います、おしゃれ〜
フッフゥ〜


来週水曜から本多劇場で公演です。
最後の最後で体調崩さぬよう、よく寝てよく食べますっ

テーマ:
東京到着〜!!
遠くにスカイツリー


旅の最後は北九州市の小倉というところで公演だったのですが、調べてみると喫茶店や本格的な珈琲店が多いコーヒー

ホテルの近くでステキな喫茶店を見つけました。
「ドン 珈琲館」
めちゃんこ可愛いインコ"弥太郎くん"がいる❤️

弥太郎、珈琲豆をボリボリ食べます。
そんなの初めて見た笑

肝心の珈琲はアメリカン寄りのブレンドで、酸味も苦味も少なくすっきり。

マスターもたくさんお話してくれるし、良い音量でジャズが流れてるし、萩焼のカップおしゃれだし、たっぷり注いでくれるし、居心地良い珈琲店。



おとといは女性バリスタのお店へ。
「カフェ カクタス」
手作りスイーツも美味〜


近くだったら通ってる(´∀`)

カクタスさんはちょうど私たちが公演していた劇場のロビーにも支店を出しているということだったので
明日顔を出しますね!と話してお店を後にし、翌日の開場前に行ったら
「昨日来てくださったので」とマフィンくださいました。


う、う、嬉しい〜
ヒョー!!!



そして今朝はもう一度、ドン珈琲館へ。
出発前にモーニング。
500円也!

マスターに「今日東京に帰るんですよ」と言ったら
「ランチタイムにイタリアンローストの珈琲をすごく薄く淹れて、ほうじ茶みたいな風味にして出してるんだけど、サービスであげるから帰り道に飲んでください(^^)」
って、ペットボトルにその珈琲を入れて持たせてくださったのです。


え!!ポーン
こんなことある!?
2日連続で違う珈琲屋さんからお心遣いをいただくなど。
小倉の珈琲好きはいい人ですよ皆さんーー!!


超絶嬉しみ。
インコの弥太郎にもバイバイして、とても良い気分で北九州市をあとにしました。
あと数店行きたいとこあったけど、タイムアップ〜


「自分の口に合う」珈琲を求めて色々行くのは楽しい(^з^)
お店の人とお話しするのも良い時間☆

さてさて、残るは東京・本多劇場での公演!
ぎゃんばります!

Ameba人気のブログ