ためらいの LOVE SONG は 涙色 めぐるおもいに 萌花満開

ためらいの LOVE SONG は 涙色 めぐるおもいに 萌花満開

BEYOOOOONDSのための12のラプソディ第6番ハ長調
拳組のための5つのフィンガーコンチェルト第2番ハ長調op239
ちっぽけな遠慮とやさしさで平和を守るよりも核武装で流れを変える国になろう

令和元年8月7日デビューのBEYOOOOONDS小林萌花さんと

平成27年9月2日デビュー和田桜子さんの私的応援ブログです。

本人や事務所とは無関係です。




♬こ~~~こぉろ~の~~ かた~~すみぃにぃ~~~

 

それは 花酔曲

 

ってわかる人おるかな?

 

歌謡曲 という言葉は

時代によっても人によっても

結構違うニュアンスで使われている気がするね

クラシック や ハロプロ なら違いはないけど

 

最近では 昭和歌謡 なんて呼ばれたりするけど

昭和の終わりごろから平成初期あたりだと

J-POP7に対して歌謡曲と言ってたし

もっと前rだとクラシックや洋楽に対して

にっぽんの歌 みたいな意味でつかわれてた 

BEYOOOOONDSの小林萌花は

2000年8月16日生まれなので

本日19歳になりました

もともとクラシックのピアニストを目指してた人で

好きな作曲家はヨハネスbラームス

現在も音大に通っているのかな

NHK-FMの

今日は一日"ハロプロ"三昧

にも出演するそうです

NHK-FMには5/4にも出演して

ピアノ弾いてました

 


5月から始まった怒涛のリリイベ

ついに終わりましたね。

メジャーデビューシングルのリリイベなのに

オリジナル曲が多くて

しかも楽曲のバリエーションが豊富

ロックテイストな楽曲なのに

突然クラシックテイストなピアノソロが入ってきたり(w)

おおっ と思うようなカバーもあったり

 

ブログのことやピアノのことなど

もっと話したかったけど

高速すぎる握手会が多かったかな

売り切れとか配布終了とかで

参加できないことも多かったけど

ミニライブはいつも充実してました

 

参戦記録

5/3: イオンモール常滑

5/4 中野サンプラザ

5/5 昭島モリタウン

5/19 エアポートウォーク名古屋

7/28 イオンモール熱田

8/9  プライムツリー赤池


乳鉢 って化学だけじゃなくて美術でも使うんですね。

音楽(ピアノ)が専門の小林さんが美術のことを

書いてるのが面白いんですが

共通の方法論が科学(サイエンス)なのが面白い

おそらく子供の頃に音楽理論を勉強した人は

いつのまにか科学的思考を身につけているんだと思う

ニッポンの親や学校は

ものにならない英語を無理して教えるより

音楽理論を教えたほうがよっぽどいいような気がする

 

 

そもそも純正率のピアノって作れるんだろうか

作れたとしても少なくとも12種類必要だし

転調するたびに座席を瞬間移動しなきゃならないわけだ

 

ほのか先生に質問がありま~す

 

な~に~

 

もし平均律の曲を純正律のピアノで弾いたらどうなりますか~

転調した時にどえらいことになりま~す

 

 


クラシックのピアニストとして出演するみたいですね

 

「練習曲作品10第12「革命」」
(ピアノ)小林 萌花

「花のワルツ」
(ポエトリーリーディング)石丸 千賀、

(ピアノ)清塚 信也、

(サックス)瀧野 由美子、

(ピアノ)小林 萌花、(ピアノ)

 

 

さて昨日イオンモール常滑で

イベントがあったのですが

午前11時くらいには完売していて

握手会には参加できませんでしたが

ライブは3公演とも参戦してきました。

 


動物には植物にないものが

少なくとも2つあります。

1つは動くための筋肉であり

もう1つは動かすための神経です。

スポーツや楽器の演奏も含めて

あらゆる行動のためには

そのための訓練が必要なわけです。

幼い頃からそうした訓練をくりかえし

傑出したスキルを身につけた人だけが

その道のスペシャリストになれるんでしょうね

8月7日にメジャーデビューが決まったBEYOOOOONDS

まず5月3日にイオンモール常滑でイベントです。

令和最初のイベント参戦になります。

 

名前がわからない人のために

こちらもどうぞ

確かに作曲すること自体は

そんなに難しくないですね。

自分で弾き語りとかするぶんには

いくらでもできるんですが

他人に演奏してもらうには

楽譜に書かなきゃいけないし

楽譜だけじゃなかなか伝わらない部分もある

だからある程度

いろんな楽器が弾けないといけない

ベートーベンの曲だって

当時の演奏家が演奏してくれなかったら

今日まで残ることはなかったはず

書いただけで名曲になるわけではなく

演奏され続けることが必要なわけです

そうなると商業音楽の場合は

また違った難しさがあるでしょうね