医療ケアを必要とする人のためのタッチケアとアロマケア めごめご のブログ

医療ケアを必要とする人のためのタッチケアとアロマケア めごめご のブログ

東京都大田区
医療ケアを必要とする子どものためのタッチケア
発達障害のためのタッチケア
緩和ケアアロマ

      医療ケアを必要とする人のためのタッチケアとアロマケア 

                   めごめご です


       ご訪問ありがとうございます。



「めごめご」は東北の方言で、「かわいい、愛おしい」という意味です。


「めごっこ」=「かわいい子ども」

「めごいね」=「かわいいね」

「なんぼ めごいじゃ~」=「本当にかわいいね」 となります。


めごめごは、障がいや病気をもつお子さんのためのタッチケアや緩和ケアアロマの知識と技術を

お伝えすることを通じて、ふれることの大切さとその大きな意味を多くの方にお伝えしたいと思っています。


<ふれることは生きること>です。



ふれるだけで何が変わるの?

どんなことをするの?


ちょっと気になった方は、どうぞタッチケアを体験しに来てください(*'▽')

きっと何かに気づいて、何かが変わるはず。


めごめごをどうぞよろしくおねがいします。


ホームページはこちら から。


おーちゃんネット(大田区区民活動団体)のページはこちら から。
















テーマ:
医療的ケアを必要とする人のための
タッチケアとアロマケア
めごめご です
 
 
皮膚感覚を知れば知るほど
人間ってよくできてる!とため息がでそうになります。
 
ふれてもらって安心するとか、心地よいとか、
ふれている方も落ち着くとか、温かい気持ちになるとか、
そういう目に見えない感情的な部分も、
 
身体の仕組みを知ると納得なのです。
 
だからと言って人工的に
皮膚刺激を与えたり
ホルモンを増減させたりしても
人が人にふれるのと同じ効果を実現させることは
難しいです。
 
人が人にふれるその刺激は
様々な経路を通り
複雑な連鎖反応を起こしながら
身体全体にも、心にも変化をもたらします。
 
理論的に説明のできるそういう変化を
最大限発揮させるKeyになることが
目に見えない<人を想う心>だったりするところが
人間の神秘です。
 
紐解いていくと
<人を想う心>が心身を変化させる事象も
説明できるのだろうけれど、
 
そもそも
なぜ人を想うのか?
なぜ人を想うと、身体と心にはプラスの変化が起きるのか?
 
それは
ひとりで生きていくのは わくわくしないから。
あったかいなとほっとする時間がないと生きられないから。
 
ということを
タッチケアの練習は敢えてやらないで、
言葉だけでお伝えして、
 
<すごいよ!と人に話したくなる>
<すぐに帰って大切な人にふれたくなる>講座を開催しますウインク
 

<タッチケアを言葉でつたえるための講座>

11月27日(火) 10時~13時 銀座会場

 

ふれることを理論で説明したい方

タッチケアが好き 

オキシトシンが好きな方はもちろん

ベビーマッサージをやっている方

アロマセラピストの方

介護や看護のお仕事をしていらっしゃる方

緩和ケアに関わる方

なんとなく気になる方も

 

知らない人同士でいきなりタッチケアの練習をすることに

抵抗がある方も安心してください。

今回は実技の練習はありません(#^^#)

 

 

あっ でも、 

こそっと聞いていただければ

答えられることは何でもお答えします(^_-)-☆

 

 

おしらせ

リドルキッズ協会 ティナ・アレン先生が来日されます!

大阪、名古屋、東京、横浜で

小児タッチ・自閉症タッチ・小児がんタッチ

キッズインコンタクト・ベビーマッサージなど

様々な講座が開催されます!

 

臨床の理論と経験と実績に裏うちされた

愛にあふれる講座に

ぜひ皆さんもご参加ください(^^)/

私もトレーニーとして

5つの講座でお手伝いさせていただきます!(^^)!

 

 

おしらせ

浜田悦子先生の<効果的な支援策>が

10月26日(金) 仙台で受講できます。

悦子先生から直接受講できる貴重な機会になります!

詳細はこちら

 

 

 

 

めごめごのHP
 

個別教室・出張教室承ります。

 

 

お知らせ

※instagramはじめました→Follow Me

 

タッチケアモニターさん募集

 

<タッチケア教室>

医療的ケアを必要とする人・障がいを持つ人のためのタッチケア

健康な人にも安心して行えます

 

 

<医療的ケアが必要なお子さんのためのファミリータッチケア教室>

お子さんとご家族だけで行うタッチケア

 

<発達障害のためのタッチケア>

発達障害の特徴にあわせておこなうタッチケア

 

<緩和ケアアロマ講座>

実際に病院内緩和ケアセンターで行っているアロマケアを学ぶ

 

 

 

<発達凸凹アカデミー>   ⇨ 新企画いろいろ進行中(^^♪

発達障害をもつお子さんのために必要な知識が

ぎゅっと詰まった学校です。

どこから手をつけたらいいかわからない方も。

支援をしていきたい方も。

 

育てること、親でいることに、迷いがあったり疲れたりしている方にも、支援をしたい方へもおすすめの講座です。

自分の家族に合うヒントが見つかります。

 

 

凸凹アカデミーインストラクター講座が10月から始まります。

「効果的な支援策」と「食事療法」の

インストラクターになるための講座です。

たくさんのお申し込みをいただいています。

まだ受講できます!

私たちと一緒に、こどものため、ママのために、

自分の経験を活かしてみませんか?

 

※効果的な支援策@仙台

10月26日(金)浜田悦子先生の効果的な支援策が

仙台で受講できます!ぜひぜひ!

 

 

詳細はどうぞHPをご覧ください。

 

お問い合わせ、ご質問などはこちらまでお気軽にどうぞ。

makeaneasywish@@gmail.com

※大変お手数ですが、@マークを1つ取って送信してください。

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス