6月21日(日)

 

本日は新月の夏至。陰極まって陽となる日。
新月と言えば、恒例の新月のファスティング(これは私のルール)。
毎月、新月には何も食べないようにしています。

いつもは、新月の日にはお出かけはしないようにしているのですが(出ると誘惑が多いので)、今日はそうも言ってられません。


今日は恵比寿にお出かけ。
恵比寿ガーデンプレイスの中にある、東京都写真美術館で開催中の”MORIYAMA DAIDO'S TOKYO:ongoing”へ。

JR恵比寿駅構内に飾られたポスター。


まだお会いしたことは無いのですが、聞くところによれば写真の世界では超大御所。特に欧米での人気はダントツだそうです。
その作品は…何といっても、都会の片隅の切り取り方が秀逸!
などと、何もわかってない私が語ることこそ失礼極まりない。そんな大先生、だそうです。

 

お誘いくださったのは、そんな大道先生ととても仲良くしている横浜生まれの記者のN氏。
このN氏は、東京で今一番仲良くしているお友だち。

後日、マニア垂涎のフォトブックをいただきました!

 

そんなN氏が、大道氏の様々なメディア展開をサポートしています。

 

というわけで、今日は原宿駅から山手線に乗って恵比寿駅で下車。2駅です。

恵比寿駅構内から、そのまま動く歩道で恵比寿ガーデンプレイスへ。

私は知りませんでしたが、パートナーによれば、ここにはかつてビール工場があったらしいです。
その名も「恵比寿ビール」。(サッポロビールに吸収された今も、恵比寿ビールのブランドは人気を博していますね)

恵比寿ガーデン内のビヤホールにて


そして当時は、この恵比寿ビールの工場に隣接したビアガーデンで呑めたとか…。
というわけで、彼はすでにガーデンプレイス内のビアホールに行く気満々。

 

日本人よりも圧倒的に欧米人の姿が目に付く展覧会場。
そういえばN氏が、「大道さんは、日本よりヨーロッパでの方が人気あるんですよね」なんて言っていたのを思い出した。

とにかく、他とは違った異なる空間に誘い出されたような…そんな錯覚を味合わせていただきました。

 

帰りは、恵比寿から代官山を抜けて歩いて帰ろうかとも思ったけれど、少しお疲れモードだったので原宿までJRに乗って帰りました。

原宿駅から明治神宮を横目に代々木公園へと入れば、後はいつものコース。
勝手にだけれど、ここはホームグランド。
黄昏の代々木公園は、あちらこちらから歓声が漏れ聞こえてきて、なんとも言えない安心感を与えてくれます。

黄昏時・・・まだまだ陽は長いです。