maico's room
NEW !
テーマ:

娘の夏休みも残りわずかとなってきました。

先週はお盆で学童にほぼお友達がいなかった1週間。

途中、仲の良いお友達も居なくて朝もひとり、民間学童に行くのもひとり。
 
さらに民間学童に行く、移動時間に私に電話をかけてくるのですが、私がお客さんとのアポイントが長引いて12時すぎてしまい電話に出られなかったら、夫に号泣しながら電話したそうです。
 
結局30分ぐらい話をして、私が話した時には元気になっていましたが、夫は平日休みを取って、としまえんに連れて行くことになったと言っていました。
 
でも、帰宅後に2人でお風呂に入っている時、
「誰もいなくて、遊ぶ人もいなくて、寂しいんだよ!」と、とっても切ない顔をして号泣しながら寂しさを訴えられました。
 
みんなお盆で休んでいて、本当に人が少なかったようです。

夏休みなのに、全く変わらずいつもと同じ時間に起きて、学校に毎日通う娘を見ると、だらだらちょっと遅めに起きて、テレビ見て、ゆっくりのんびり過ごす夏休みだった自分と比較してしまい、娘に申し訳ないなという気持ちがあっただけに、切なる訴えに私も一緒に涙してしまいました・・・。

小1の壁ってこういうことなのか、と。

仕事も全く楽ではないし(むしろ辛い、、、)、出来れば専業主婦になって一緒にいてあげたいという気持ちが強くなってきていただけに、娘の訴えは本当につらいものがあります。

今までは「お仕事やめてほしくない」と言っていた娘も、「辞めてほしいけれど、辞めてほしくない」と言うようになりました。
なぜ辞めて欲しくないのか聞いてみると、「だって、ママがお仕事辞めたら、お家を引越さないといけないんでしょ?」と、言っていました。

確かに私もローンを抱えているので、余裕がなくなるのは事実なのですが・・・。
そんな経済事情を娘も幼いながらに感じており、ジレンマを抱えているようです。

それでも、自分の気持ちを素直に訴えてくれるだけいいかなと。


とりあえず、今年の夏はどうにか乗り越えましたが、、、
さて来年どうなることやら。
そして、いつまで働けることやら。

そんな平成最後の夏でした。

テーマ:

今年ももれなく参加することになったポケモンスタンプラリー。

 

夏休み前に6駅私が会社帰りに駅のはしごをして、早々に集めて冊子とパスケースは頂いていたのですが、

本日最終日だし、特にバレエしか予定がなかったので朝から1日フリーパスチケットを購入して、娘に付き合うことに。

 

 

 

 

まずは山手線1周。

まさか、この歳で1周することになろうとは・・・。

 

既に、恵比寿、大崎、品川、有楽町、東京、新宿の6駅は行っていたので今回は・・・、

浜松町→神田→秋葉原→上野→日暮里→北千住→田端→巣鴨→大塚→池袋→高田馬場までいって品川まで1周。

 

 

 

「山手線でも田端駅って初めて降りるわ〜」と夫と話しておりました。

 

 

 

 

 

 

 

その後、蒲田でランチ。

なぜなら、ヴェトナム料理を食べて、食材を買いたかったので・・・。

 

ランチ営業をやっているTHI THI(ティ ティ)というお店に行って、福山商店でミニサイズのライスペーパー等を購入。

 

 

 

 

 

 

 

 

私としては蒲田に行く口実ができてラッキーでした!

 

その後は、川崎→大井町でスタンプ終了。

 

55駅達成する人って本当に凄いなと思いました。

 

これだけまわっても、まだ半分にも行かず・・・。

でも、スタンプ押すだけでも娘は楽しそうでした!

「行ったことのない、知らない駅を知ることができて良かった〜」と。

 

知る必要性があるかどうかは・・・ですが、降りたことのない駅に降りて、駅ナカのショップが充実している駅もあって、夫はかなり退屈そうでしたが、私は意外と新鮮で面白かったです。

 

 


テーマ:

久しぶりにまた北欧スウェーデン・ストックホルム旅行の記事です。

 

デンマーク初日のディナーは夫が「美味しい料理を食べたい!」というので、フランスで一つ星を獲得して、世界のVIPも訪れる名店(by 地球の歩き方情報)というデンマークのイタリアンを予約しました。

 

看板がないのですが、外観はこんな感じ。

 

子連れで行って断られたりしないかしら・・・?とドキドキしておりましたが、

そこは日本と違うんですよね、敷居の高いお店のようでしたが、全く断られることもなく、キッズフレンドリーのお店でした。

(ちなみに20時過ぎぐらいに、娘よりもっと小さいキッズ2人も来店して、もっと賑やかだったので全然大丈夫でした)

しかし、子供も1席としてカウントされるので、ショートコースでもいいのでオーダーしてほしいと言われました。

 

さて、18時過ぎぐらいに伺ったときは、まだ私たち家族だけでしたが、21時ぐらいには満席になるほど賑わっていました。

 

 

まずアミューズ ブーシュはパスタ?が揚げてあるような感じの一品。

 

 

こちらもひと口サイズで細かな仕事しているなぁと見た目の美しさに驚きましたが、イマイチなんの食材を使っているのかよく分からず・・・。

 

 

こちらも中にクリーム?チーズ?みたいなものが入っているのですが、よく分からず・・・。

 

 

全般的に独創的なお料理が多く、食材が分からないものや、お味も独創的なものが多かった印象です。

さらにご説明いただくのですが、英語が聞き取りずらかったりするので、とっても詳しく説明いただくのですが分からず・・・。

 

 

続いてのお料理も、見た目がとっても美しいのですが、よく分からなかったかな・・・。

 

 

娘はショートコースをオーダーして、パスタはボロネーゼをオーダー。

子供なのに、大人でもパスタだけでお腹いっぱいになりそうなボロネーゼ。

 

 

こちらにたっぷりとチーズをかけて、とーっても美味しいと娘は完食していました。

私も頂きましたが、さすが!コメント不要の美味しさでした!!

 

続いて大人のコースではお魚のお料理。

お魚はとってもプリッぷりで美味しかった〜!

 

 

そしてリゾット。

これは少々味が濃かったかな・・・と。

 

 

 

そして下のお写真はチーズのお料理なのですが、この白くて丸い球体がチーズで、中にブルーベリー??のようなソースが入っています。

 

 

付け合わせの下の写真のフィナンシェのようなものと一緒にいただくとちょうど良いのですが、

チーズの味が濃すぎて、こちらはさすがに全部食べきれなかったです。

 

 

そしてだんだんお腹がいっぱいになりつつある中で、お肉料理。

 

 

黒くて分かりずらいのですが、確か海苔?がのっていると言っていたような、、、

こちらのお肉料理は、娘もいただきましたがパスタでもはやお腹がいっぱいで、娘はほとんど食べられず・・・。

 

そしてデザート。

 

 

デザートも全般的に独創的だったという記憶が。

 

 

そして18時過ぎに訪れてお店を出たのは21時半過ぎ。

娘はちゃんとしたお店だから、きちんとしていないとダメなのよ!とさんざん言われていたせいか、

普段落ち着きのない娘が、きちんと椅子に座って、最後の方は睡魔と戦いながら、お店の人が貸してくれたお描き道具でおとなしくしていました。

 

もちろん、お店を出た後は、爆睡。

夫がホテルまで24キロの娘を抱っこして帰りました。

 

デンマークといえば、あの有名な予約がとれないレストラン「noma(ノーマ)」ですが、

ノーマもやはり独創的なお味なのかしら・・・??

と夫と話しておりました。

 

デンマーク旅行、少しずつまたアップしていきたいと思います。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス