はじめてのリフォームでは、わからないことがたくさんあると思います。そのため最初のステップくらいは押さえておくと、安心ではないでしょうか。
まずは住宅のデータ(一戸建てなら敷地面積や延床面積のほか、木造や鉄筋、築年数など。マンションなら専有面積や間取り、築年数など)を用意します。そのうえで家族の要望や意見を取りまとめ、工務店などの業者にスムーズに伝えられるように箇条書きなどにしておくといいでしょう。
次に、着工や完成の希望時期を定め、自己資金やローンなどでどの程度の予算が用意できるかを確認します。業者を決めた後の、現場調査の日程も大まかに予定しておくと家族のスケジュールも立ちやすくなります。
業者を探す際には、インターネットで調べたり、ショールームなどへ見学に行くのも◎。水まわりなどに問題がある場合には、早めの対処が必要ですので、リフォームを検討し始めたら、すぐにでも最初の準備を進めておくといいでしょう。



PR|メッキ加工のネオプレテックス



AD