『観ると負ける』

テーマ:
秋田の金足農業高校が、甲子園の決勝に残ったということで、東北の皆様が喜んでいる。


で、

ワールドカップのときにも毎度思うのだけど、「自分が観ると負ける」と言っている人がたくさんいて、今回も同じようなことを言っている人がいる。


ただ、これは、考えてみればある意味当然のことなのである。


スポーツが好きな人は日常的にスポーツを観ているので、そもそも「自分が観ると負ける」というジンクス自体が存在しない。

ということは、『自分が観ると負ける』と言っている人は、大体普段はスポーツを観ない人である。

そういった方がスポーツを観るきっかけとなるのは、やはり、例えば日本が「本来なら勝てないのではないかと言われていたチームに勝った」などの、ジャイアントキリング的なことを起こしてニュースになり、世間の注目を集めたときではないだろうか。

ただ、「ニュースになるほどのチームに勝った」ということは、すでに一度奇跡的なことが起きているわけだから、次にまた奇跡的なことが起きる確率は当然低くなる。

そして、トーナメント形式では、当たり前だけどどんどん相手が強くなっていく。

よって、

「勝ってニュースになった」→次はさすがに負けるんじゃないの

「また勝った」→マジで?じゃあ次の試合はちょっと観てみようか

と思った時点でかなり、奇跡的なことが続いているわけだ。

ということで当然ながら、普段観ない方がいざテレビの前で観る頃には、すでに相手はとんでもない強豪になっている確率が高いので、必然的に負けやすい。

最終的に「自分が観るといつも負ける」のジンクスが出来上がる。



だから、「自分が観ると負ける」なんて言わずに、是非東北の金足農業を応援してください!

このあと決勝です(^^)



え、如月は観るのかって?


…いや、怖いですよ…

だって…









…如月が観ると負けるんですもん…



写真は、今朝、水の中に入っている氷に興味津々のココ丸(笑)



…勝てばいいなあ、金足農業。

負けても、準優勝なんて充分すごいですけどね!