目標は200の国と地域訪問

目標は200の国と地域訪問

現在166の独立国と11の地域を訪問。
目標は200の国と地域を訪れることです。

訪問国の旅行記

(アジア)
アフガニスタン /アラブ首長国連邦/イエメン /イスラエル/ ラン /インド/インドネシア/オマーン/カタール/ カンボジア /キプロス/クウェートシリア /シンガポール/スリランカ/タイ/韓国/(北朝鮮) /中国/(台湾)/トルコ/ネパール/パキスタン/バングラディシュ/バーレーン /東ティモール/フィリピン/ブータンブルネイベトナム /マレーシア/ミャンマー/モルディブ /モンゴル/ヨルダン /ラオス/レバノン

(旧ソ連圏)
アゼルバイジャンアルメニアウクライナ /ウズベキスタン/カザフスタンキルギスタジキスタントルクメニスタンベラルーシグルジアモルドヴァロシア

(ヨーロッパ)
アイスランドアイルランド /アルバニア/アンドラ/イギリス /イタリア/エストニア/オーストリア/オランダ/ギリシャ/クロアチア/コソボ/サンマリノ/スイス/スウェーデン/スペイン/スロバキア/スロベニア/セルビア/チェコ/デンマーク/ドイツ /ノルウェー/バチカン/ハンガリー/フィンランド/フランス/ブルガリア/ベルギー/ボスニア・ヘルツェゴビナ/ポーランド  /ポルトガル/マケドニア/マルタ /モナコ/モンテネグロ/ラトビア/リトアニア/リヒテンシュタイン/ルクセンブルグ/ルーマニア/

(アフリカ)
アルジェリア/エジプトエチオピア /ガーナ/ガンビア/ギニア/コートジボアール/ザンビア/ジンバブエ/スワジランド/セーシェル /セネガル/タンザニア/チュニジア/トーゴ/ナミビア /ブルキナファソ/ベナン/ボツワナ/マダガスカル/マラウィ/マリ/南アフリカ共和国 /モーリシャス/モザンビーク/モロッコ/レソト/

(北アメリカ)
アンティグア・バーブーダ/アメリカ/エルサルバドル/カナダ/キューバ/グァテマラ/グレナダ/コスタリカ/セントクリストファー・ネイビス/セントビンセント及びグレナディン諸島/セントルシア/ジャマイカ/ドミニカ共和国/ドミニカ国/トリニダード・トバゴ/ニカラグア/ハイチ/パナマ/バハマ/バルバドス/ベリーズ/ホンジュラス/メキシコ/

(南アメリカ)
アルゼンチンパタゴニアエクアドルガイアナウルグアイ /コロンビア スリナムチリパラグアイ /ブラジル ベネズエラ /ペルー/ボリビア/

(オセアニア)
オーストラリアキリバスサモアソロモン諸島ツバルトンガナウルニュージーランドバヌアツパプアニューギニア /フィジーマーシャル諸島ミクロネシア連邦


(その他独立した地域)
香港(中国)/マカオ(中国)/パレスチナ(イスラエル)/北マリアナ連邦・サイパン(米)/グリーンランド(デ) /ナゴルノカラバフ(アルメニア)/プエルトリコ(米)/サン・マルタン(仏)/シント・マールテン(蘭)/キュラソー(蘭)/ギアナ(仏)/アルバ(蘭)/
Amebaでブログを始めよう!

アメブロをはじめて初のヨーロッパへ行くことにした。

2009年6月のチェルノブイリと東欧新興国 への旅以来4年ぶりの訪問となる。
そして13回目のヨーロッパ訪問にして新たに4つ訪問国を増やしヨーロッパ全40ヵ国および旧ソ連諸国12ヵ国をすべて訪問達成する計画だ。
残っている国が(ベラルーシ、アイスランド、アイルランド、マルタ)と広範囲に散らばり島国が大半なので移動は空路中心となる。地続きのヨーロッパに行ってここまで陸路移動しないのも珍しい。最近はLCC(格安航空会社)の台頭で鉄道より飛行機が安いのが常識化しているので無理もない。しかしその飛行機も早めの予約が鉄則で出発日が近づくと上がる仕組みになっている。なのでシーズン中の観光地への路線に安く乗るためには半年前以上から計画を練って予約をする必要がある。その結果かなり前にルートは確定していた。
ルートは地図の通り。グリーンランドは国ではないがついでに訪問することにする。


目標は150カ国訪問


出発は6月24日。期間は25日間。

アラブ首長国連邦のエティハド航空でアブダビを経由してまずはベラルーシのミンスクに入ることになる。



欧州未訪問国の詳細リンク↓

欧州未訪問国①(ベラルーシポーランド)
欧州未訪問国②(アイスランド・グリーンランド)
欧州未訪問国③(イギリス・アイルランド)
欧州未訪問国④(マルタ・ドイツ)
次はブータン王国に行くことにした。

161カ国目の訪問国になり、イラクとサウジアラビアをのぞくとアジア最後の訪問国となる。

この国は北朝鮮とはイメージは違うが、旅行の制限のされ方は似ている部分も多い。ブータン国内に知人が在住しているなどは別にして原則自由旅行は不可能で旅行代理店を通してツアーをくむ必要がある。その際旅行の内容にかかわらず1泊250ドル(ハイシーズン)の料金がかかってくる。この料金には移動や宿泊、食事やガイド代金(日本語ガイドは別に追加料金が必要)も含まれているので考えようによっては高くはないと感じる人もいるかもしれない。しかし周辺諸国の物価と比較してこの金額はあまりにも高額だと感じるのが一般的だろう。

いずれにしても行動が制限され、自由に公共交通機関を使うこともできない。市街地など自由に行動できる場合もあるらしいが、この旅行形態はどうしても北朝鮮に行ったときのことを思い起こさせる。

ブータンを訪れるほとんどの日本人旅行者は日本で秘境を扱う旅行代理店などに申し込み、バンコクなどを経由して空路で国際空港のあるパロに入り、ブータンに三、四日滞在した後再び空路で帰国するのが一般的だ。費用は一人参加だと最低30万円ほどかかるようだ。

今回私は日本の旅行代理店での申し込みは行わず、ブータンにある日本人が関わっている旅行代理店に連絡を入れ、日程を組んでもらうことにした。旅行代理店の名前は「シデ・ブータン 」。

面倒な方法を選んだ最大の理由はブータンを旅行したあと陸路でインドへ抜けたかったからだ。日本で申し込むとなかなかこの要望に応えてくれる旅行代理店が見あたらない。

結果として旅費に関しては日本からブータンへの航空券とインドからの帰国分は別に手配する必要がある。ブータンでの費用は滞在3泊で750ドル。日本語ガイドが150ドル、インドへの陸路移動の追加料金が120ドルなど総額1190ドルだ。

これに加えバンコクからブータンの国際空港があるパロまでの片道航空運賃は460ドルだ。旅行代金はブータンへ海外送金をする必要があり、この手数料は3500円だった。

結果としてブータンとインド旅行を組み合わせることができ、旅行内容を考えるとずいぶん割安感を感じるものとなった。とはいえ高額な出費を強いられたのは否めない。訪問可能なアジア最後の国だ。

出発は4月8日。
あとはインドビザを取得して出発を待つだけだ。


目標は150カ国訪問


空路中心のこの旅行。

旅費はそれなりにかかることになりました。

航空運賃は購入時期や途上日によって大きく変わるのであくまで目安ですが参考までにどうぞ。

ニュージーランド航空 (成田~ナンディ/往復) 40000マイル+123US$(\10,468)/税金のみ
エアパシフィック    (ナンディ~タラワ)       953.50F$(\41478)
アワーエア       (タラワ~ナウル)        187A$(\14621)
アワーエア       (ナウル~ナンディ)       554A$(\43318)
エアパシフィック    (ナンディ~フナフティ~スバ)1310.25F$(\56997)
ソロモン航空      (ナンディ~ホニアラ)      357.50A$(\27725)
エアバヌアツ      (ホニアラ~ポートビラ)     234.10A$(\18139)
エアバヌアツ      (ポートビラ~タンナ/往復)  286.40A$(\22190)
エアパシフィック    (ポートビラ~ナンディ)      $46800(\39582)

各国の詳細内容はこちらから

成田オークランド(ニュージーランド )~

ナンディ(フィジー)タラワ(キリバス)
ナウルナンディ(フィジー)
フナフティ(ツバル)スバ(フィジー)
ナンディホニアラ(ソロモン諸島)
ポートビラ(バヌアツ)タンナ島ポートビラ
ナンディ(フィジー)
オークランド(ニュージーランド) ~成田



目標は150カ国訪問
ツバル

目標は150カ国訪問
ツバル
目標は150カ国訪問
ツバル

目標は150カ国訪問
ツバル

目標は150カ国訪問
ホニアラ

目標は150カ国訪問
(タンナ島/バヌアツ)
目標は150カ国訪問
ヤスール火山/バヌアツ
目標は150カ国訪問
ツリーハウス/バヌアツ

目標は150カ国訪問
バヌアツ