前橋山岳会

前橋山岳会

いつも山と一緒に呼吸していたいから

会員募集中です。まずは例会に遊びに来てみませんか?くわしくはこちらから。

  森の女王と呼ばれるブナの森で、

                季節を感じながら、ハイキングをしよう!  

 

     

 

   開催日:2020年10月18日(日)

   開催地: 玉原高原

   集合場所: 玉原センターハウス 8時30分集合  

   コースと募集人数

      Aコース:ゆっくりのんびり尼ヶ禿山 10名

      Bコース:健脚ガツガツ鹿俣山  10名

   参加費: 500円/人

   申込期間: 2020年9月5日~10月10日

   申し込み方法: Web又はハガキでお申し込み下さい。

       <Webページ>

      Webからの方はこちらをクリック。

 

 

 

                <ハガキ>

          必要事項①~④を記入のうえ、以下宛先にお送り下さい。

          ①参加者氏名年齢(ふりがなも、お願いします)

          ②参加者住所

          ③参加者電話番号【携帯番号】

          ④希望コース Aコース、Bコース

          【宛先】 〒371-0244 前橋市鼻毛石町2257-3 田村方 前橋市民登山係

       *後日、代表者の方に「案内パンフレット」をお送りします。

   問い合わせ先

      <電話>

        茂木(もてぎ) 090-9019-4192 (9時~20時)

      <Eメール>

        maebashi.alpineclub@gmail.com

 

 

 

2020/09/21
谷川岳一ノ倉沢南稜
上原、吉本、飯島、塚本

久々の一ノ倉沢。

天気が少し心配でしたが、出合からの様子だとまあ行けそうな感じ。


登り始めると徐々にガスに包まれ、岩は少しずつ濡れてくる。小雨も振りだしたので2P登ったところで下降しました。


 

出合まで戻るとすっかり良いお天気でした。

上原

2020/8/30 吉本、塚本

 

一の倉沢に入る前の練習として吉本さんにお付き合いいただき、東尾根に挑戦です!!

例会でみなさんからおすすめいただいたシンセン左俣から東尾根に抜ける予定です。

今シーズン初めてのアルパインチックな山行でワクワクがとまりませんでした。

 

マチガ沢から巌剛新道を上がり見晴らし台へ!

急斜面の草付を降りていきます。

 

大滝は右側から!

 

それにしても朝から暑い・・。今日は暑く消耗戦になりそうな予感です・・。

水をたくさん汲んでから進みます。

 

シンセン沢の出合はぱっと見不安になるレベル!

この奥に岩壁にあるとは思えず、うっかりしていると見落としそうです。

 

手前はヤブヤブしていてわかりづらいですが、少し行くと見晴らしもよくなり立派な岩壁が見えてきます。

 

二俣は左に入り、小さな涸滝などを越えていきます。

幽ノ沢のカールボーデンみたいなところが出てきますが、ロープを出すほどでないです。

 

そんなこんなで、アッ!というまでにチムニーの下部へ!

ここまであっさりしすぎていて、本当にここかな?と吉本さんと顔を見合わせながら、登攀の準備です。

念のためクライミングシューズを履いて、チムニーへ!

 

のりさんの、「バックアンドフットがバチ効き!」という言葉を無視して、普通にフェイス登りをする塚本。(スミマセン!!)

吉本さんは、アドバイス通りバックアンドフットで登り、快適だったとのことです!

抜けた先は、核心の顕著なクラック!よかった、正解みたいです!!

 

最初、事前情報を勘違いして左側の凹角を登るものかとばっかり思っていました!!(スミマセン!!)

が、そんなわけなく、普通に右のクラック周辺が簡単そうです!

 

クライミングシューズで、残置も多いので、快適な登りです。

核心を抜け、テラスっぽいところに出ました。

40mロープが出たけど、まだクラックが続き、その先が分からないかんじ・・。

若干ビナも足りなくなったのもあって、念のため、一回ピッチを切り、仕切り直しです。

 

上部のクラックを登りきると、安定した台地へ!

思わずニコリの塚本です!

 

この写真を撮った後、吉本さんのデジカメがフリーズしてしまい、何も動かくなってしまいました!

まさに呪いの写真・・笑!!

 

なので、この後は写真なしです・・。

詰めあげていき、左の草付から詰めていくといやらしいと角田さんにお聞きしていたので、

手前のシンセンの岩峰あたりで、東尾根に合流してしまいました。

第二岩峰は、右からまき、尾根歩きのスタートです。

 

途中、南稜に入られていた角田さん、津久井さん、飯島さんパーティに向かって、大声でコール!

姿は見えませんが声が返ってきました!!少しうれしくなります!!

 

でもよくよく話を聞くと、三人とも呼びかけは聞こえたけど、返事はしなかったとのこと・・。

あの声は何だったのだろうか・・?心霊現象??やまびこ??

 

途中、冬の状態も教えてもらいながら、第一岩峰へ!

ここもぐいぐいいけます。でも冬は大変そうだなぁ。

最後の最後、頂上への抜けのところで、右に回り込んでしまい、

頂上標識へのダイレクトの抜けはできませんでした・・泣!

 

最後の西黒尾根の下山、暑い中、結構な消耗戦となりました。

やっぱりこのルートは秋とかの方がよさそうですね・・。水も重いし・・。

 

一日中暑い中、お付き合いいただいた吉本さんありがとうございました!!

シンセンも東尾根も初めてでワクワクドキドキでしたが、一ノ倉に向かってよい練習になりました!!

 

塚本

2020/08/22
子持山獅子岩右ルート
上原、金澤さん(太田)、伊勢田さん(太田)

瑞牆山でクラックの計画でしたが天気予報が悪いため獅子岩に転進。

3回目の右ルートでしたが、やっぱり結構難しいなと印象です。
アブがすごいです。
今シーズン初のマルチでした。


早めに終わったので黒岩へ。
お盆の時のような暑さはなく、快適に登ることが出来ました。
上原
 

2020/08/14~15
甲斐駒ヶ岳 尾白川本谷
田村(元)、津久井、上原、島袋、吉本、飯島、塚本

夏合宿で甲斐駒ヶ岳尾白川本谷へ。
当初の予定は越後北ノ又川本流でしたが、新潟方面の天気がよろしくなさそうなため、南アルプスに変更。

14日
4:55矢立石駐車場出発、6:20林道終点、8:30黄連谷出合、11:20CS滝、13:10テント場到着

まずは林道歩きからスタート。長いかと思っていたら意外と早く終点まで着いて嬉しい。
河原へはロープの張ってある急斜面を降りる。



尾白川は早速エメラルドグリーンの釜がたくさん出てきてキレイ。
難しそうな滝は巻けます。


1時間ちょっとで二俣に到着して、鞍掛沢出合だと思っていたらもう黄連谷との二俣でした。早い。
真っ直ぐ本谷へ。



CS滝は右壁から登りました。しかしこれがボロボロの土の壁みたいで悪い。後続は真っ直ぐの少々ハング越えのラインを登りました。事前の山行でたくさんユマーリングしてきたので無事に越えられました。でも、壁を登ってからのガレ場が悪すぎて神経使いました。直径1メートル程の岩が動いた時には焦りました。


 

CS滝を過ぎてすぐに岩屋があったがそれを過ぎてしばらく行くと大滝が見えてくる。これ以上進むと石室まで幕営地はないので大滝手前の台地に幕営。7人でもしっかり寝れる良いところ。
翌日のために上原、島袋さんで大滝へフィックスすることに。水流右側のルンゼ状を登る。傾斜は緩いけどボロボロの壁でした。下のナメ滝も明るい時間にはフリーで登れたけど翌日の朝一にはキツそうだったのでついでにフィックス。

夜は焚火。

 

15日
3時起床、4:25出発、6:50稜線、8:15甲斐駒ヶ岳、14:45竹宇駒ヶ岳神社


少々暗いうちに出発。前日張ったフィックスでガンガンあがり大滝を越える。小滝連爆帯を左岸から越すとすぐに二俣でした。左俣を詰めていくと無事稜線へ。しかし大変なのはこれからで、甲斐駒ヶ岳へ1時間30分ほど登る。快晴で素晴らしい。


 

そこからの下りも長い長い黒戸尾根。
下れば下るほど暑くなってきて、竹宇駒ヶ岳神社に着いたときには汗が止まりませんでした。周りは川へ遊びに来ている人達で溢れていて涼しそうでした。

事前の合宿に向けての沢トレーニングの成果もあり、無事に合宿を終えることが出来ました。なかなか山に行けない日が続きましたが、お盆は暑さを楽しみながらの山行が出来ました。
上原

2020/8/9-10

湯檜曽川本谷

田村(元)、上原、吉本、飯島、塚本

 

1日目 白毛門駐車場5:00→ 武能沢出合6:55→ 十字峡8:30→2段40m大滝12:00→テント場14:10

2日目 二俣5:15→朝日岳7:30→白毛門駐車場12:40

 

2020年夏合宿は沢。合宿前に、泊まりの沢に行きたい。でも、梅雨が明けず、8月に入ってようやく実現できました!

 

歩き出しは小雨でした。状況次第では引き返すということでしたが、空は少しずつ明るくなってきました。

 

と言っても気温は低いまま。ウナギの寝床は泳ぐ人もいるらしいのですが、そもそも私は泳げないので、巻きました。十字挟の抱返り沢大滝は100mと巨大な滝で、圧巻でした。見事な滝を右手に通り過ぎ、次はアナゴの寝床。ウナギやらアナゴやら、美味しそうな名前がついたゴルジュが続きます。七ツ小屋沢を過ぎたあたりで、吉本さんがツチノコポットホールを発見。ツチノコってよく聞くけど、実はよく知りませんでした。今さら恥ずかしくて聞くこともできず、家に帰ってそっと調べてみたら、蛇に似た幻の生き物なんですね。勉強になりました。

 

十字峡

 

釜のある6mと10mの連続した滝があり、一つ目の滝は左側を登れそうでしたが、二つ目の滝はすごく難しそう。右側を巻いて進みました。

 

連続した滝

 

そして、今回の核心である2段40mの滝に到着しました。1段目は階段状を登り、2段目はザイルを出して登りました。トップバッターはもちろん、上原さん。合宿を意識してスピード重視のため、後続はユマールで登ります。最後に登った飯島が、登るのにかなり苦労してしまい、時間をかけてしまいました。

 

先行した田村さん、塚本さんが素晴らしいテント場を見つけてくれ、さっそく沢定番の素麺を食べました。枝が少なく、焚き火が続かないことを心配していましたが、焚き火マスターの吉本さんのおかげで、夜までしっかり、ぬくぬく火を囲むことができました。

 

翌日は4時起床の5時15分出発。起きたら星空が出てきて、今日は良い天気になりそう。沢が涸れ、最後はわりと踏み跡がしっかりついた笹を漕いで、朝日岳に抜けました。そこからが地獄のくだり。特に、白毛門からの下りは長かったです。滝のような汗という表現がありますが、まさに滝の汗をかきながら、下山しました。

 

個人的には、登れないときに、どうにか登りきる知恵と工夫が課題です。

気温が高い中での登山道の下山なども合宿前に経験できて良かったです。

 

飯島

 

**************

上原

2020/08/06
戸隠縦走 
上原、田村芳

鏡池~P1尾根~西岳~本院岳~奥社神社~鏡池行ってきました。
鏡池6:00、P1頂上10:45、西岳11:35、本院岳12:10、鏡池17:00

田村さんのレベルアップに繋がればと思い、戸隠縦走をしてきました。
あた冬行きたいので、偵察もしときたかった。

P1尾根は鎖場が何回か出てくるが、そんなに問題になるとこはなし。
稜線は東側が切れ落ちている歩きが続く。アップダウンを繰り返す。
八方睨みの下の蟻の塔渡りは鎖を使って巻ける。その後も何ヵ所も鎖場が連続。奥社神社を通過して鏡池に戻ってきました。

 


悪い箇所の通過、長時間行動にまだ慣れていないようでなかなかハードな山行になりました。課題もたくさんみつかりました。暑かったです。

 

上原

2020/08/02

万太郎谷オタキノ沢
津久井、上原、島袋、吉本、飯島、塚本

6:40吾策新道駐車場出発、7:10万太郎谷、11:10一の滝、12:20オタキノ沢、茂倉新道17:20、茂倉新道駐車場到着20:20

林道から万太郎谷に降り立ち、巨大な堰堤を早速少々の泳ぎで越える。水量は多めに感じる。


 

しばらく河原状を行く。

 

次第にゴルジュが出てきて、島袋さんに突破してもらいロープを張ってもらう。

 

オキドウキョの瀞は右岸バンドから越える。

 

井戸小屋沢を過ぎた先のゴルジュも手強かった。ここも島袋さん突破。

一の滝は大きい。左壁からここも島袋さん。後続はユマールでガンガンあがり時間短縮。

 

オタキノ沢出合は少し細めだが進むと圧巻の景色で迫力がある。

 

決して優しくはない小滝が連続してフリーで登っていく。面白そうな20m滝は先行が取り付いていたので巻く。

 

でかすぎるチョックストーンの滝も巻く。ここから長い巻きに入るが草付きのトラバースが少々悪め。

悪いトラバースを終えるとまた良い景色になってくる。

 

50mドーム状はすごい迫力だが登りは階段状でジグザグに登れて面白い。

 

この頃から少しガスり始める。その先も小滝が連続して数回ロープを出しながら登る。少々藪こぎをすると茂倉新道に飛び出した。

 

天気も持ちこたえて回復。すでにクタクタで、下りも2時間以上かかった。最期は走って車を回収しに行って全員下山した時にはすっかり夜でした。

 

合宿に向けての良いトレーニングになりました。

上原

2020/08/01
谷川 赤谷川 笹穴沢
田村(元)、上原、吉本、飯島、塚本

笹穴沢に行ってきましたが、結構増水しており厳しかったので、入渓してすぐに引き返してきました。
林道では行きも帰りもヒルにやられ、ヒルの印象が強く残った山行になりました。

 

上原

2020/7/19

湯檜曽川白樺沢

上原、島袋、吉本、飯島、塚本

 

長梅雨のせいで天気が悪い日が続く今日この頃・・。

運よく捕まえた晴天の日に、みんなで湯檜曽川の白樺沢に行ってきました。

 

白毛門駐車場から新道を行きます。

上の旧道はよく通るけど、下の新道は初めて通る道です。しょっぱなから西黒沢のところでしょうか、橋を越えるぐらい増水していて欄干を歩いて渡りました・・。う~ん、デンジャラス!!

本日は、水量が多そうな予感・・。

 

途中、久しぶりの晴れ間だからでしょうか、あちらこちらに日向ぼっこ中のコブラが!!

見つけた上原さんが後ろの自分に飛び上がって逃げてきて、これまたデンジャラス!!

 

くそ長い(本当に長い)新道を歩き、武能沢に出会ったところから入渓です。

もう汗だくの自分は待ちきれなかったです。

やはり湯檜曽川は水量が多いですね!!暑かったので非常に気持ちよかったです。

 

途中、魚留の滝でさっそくザイルを出します。

自分は固定ロープを使って抜けてしまいましたが、上原さんと島袋さんはフリーで抜けたとのこと・・。

さっそくおそるべしです!

 

練習がてら持ってきたライフジャケットの使いどころが一向に見えないまま、白樺沢の出合いへ。

ライジャケはそのままザックの奥深くに封印です。

 

しょっぱなのミニゴルジュをお二人は突っ張りで越えていかれました!!

気持ちよさそうです!自分たちは左から捲いちゃいました!スミマセン!!

 

小さな滝がたくさんあって、ボルダー的に超えていけて非常に楽しいところです。

一か所非常に深い釜があり、泳いで取り付こうとします!

島袋さん、上原さん、塚本とチャレンジしましたが、島袋さんだけが突破できました。

上原さん、溺れそうなところを最初、よくわからず眺めてしまい、これまたスミマセン・・m(__)m

冗談抜きに溺れそうな人は外の様子からだと注意しないとよくわかんないし、

気づかないまま静かに沈んでいくんだと、反省しました・・。

 

袈裟丸沢との二俣は圧巻です!

青空の下、本日のハイライトの大滝が見えて、非常に気持ちよさそう!!

上原さんにリードしていただきました。

他のパーティが2~3P程度かかっているところ、40mロープで1Pだけで抜けられたのでかなりスピーディでした。

 

大滝抜けても安心はできません。5mぐらいですがハングしていて難しそうな滝があり、そこも島袋さんリードでロープを出していただきました。カムを決めようとしますが、シャワーもあってなかなか決まらず大変そうでした。

外野からは応援の声!!お疲れ様です!!

ここの突破はみんな滝に打たれて修行僧みたいになっていました!

 

最後の最後の滝でも、安全のためロープを出して、突破します!

唐突に登山道に飛び出して終了!!水量もあってまだまだ沢が続いているだけに少し名残惜しい感じでした。

 

今回の沢はかなりロープの出し入れがあって合宿に向けてよい練習になりました。

みなさん、ありがとうございました!!あと今週、例会出れなくて失礼しました!

 

帰り道、避難小屋でエロ本(実際は普通のフリーペーパー・・)を見つけたと一人で騒いで飯島さんをドン引きさせてしまいました。

これまた、スミマセン!!

 

(写真、どなたか撮られていたらお願いします!!)

 

塚本

 

………………………

 

写真、載せますね。

 


 

 

 

 

 

 

飯島