"pie in the sky" 文字通り訳してしまうと、「空のパイ」になってしまいますが、

実はイディオムで「儚い夢」「非現実的」「絵空ごと」のような意味になります。

Toronto に”Wanda’s pie in the sky”というパイ屋さんがあります。

「ワンダの絵空事」、Pie in the sky をもじって名前を付けたのでしょう。
 

Space travel is not a pie in the sky idea. 

 「宇宙旅行は非現実的な考えではない」

Pieを使ったイディオムはこの他にもたくさんあります。
 

“as easy as pie” 「パイを作るのと同じくらい簡単な」という意味から来ています。その言葉通り、「簡単な」「シンプルな」の意味になります。
 

"Using the camera was as easy as pie."
「カメラを使うことはとっても簡単だ」
 

こちらと似た表現で
“as sweat as pie” 「パイと同じくらい甘い」という意味から(人の性格が)「やさしい、友好的な」という意味で使われます。”as nice as pie” も同じ意味で使われます。
 

“I love your grandma. She is as sweet as pie.”
「あたなのおばあちゃんは大好きよ。とってもいい人よね」
 

“To cut the pie up”というのは、「人数分に分ける」という意味です。
“We made a good profit today. Now we will cut the pie up so everyone gets a fair share.”
「今日の売り上げはよかったね。 売上げを公平に分けよう!」
 

“To be a cutie pie”
「かわいい人」を表します。主に年下の子供に対して使う言葉です。
 

“He's such a cutie pie”
「彼はとってもかわいいのよ」

“No matter how you slice the pie”
とは、「どう考えても」「どうであれ」という意味、元々は「どのようにパイをスライスしようとも」

結果は変わらないという時などに用います。
 

“We are going to lose money on this business deal no matter how you slice the pie.”
「どうであれ、この契約ではお金を失うでしょう」
 

“To eat humble pie”
とは、「屈辱を受ける」とか「謝罪する」「罪を認める」の意味になります。
“Humble pie ”を食べることが屈辱になることに由来しています。

 

IELTS/TOEFL/TOEIC 試験対策なら


 

 

トロントはコロナの影響でロックダウン真っただ中、レストランはテイクアウトのみの営業となっています。その中で、レストランのキッチンは、Uber Eat やドアダッシュなどのフードデリバリーのアプリでオーダーを取り、デリバリーもしくはピックアップ用のフードを提供しています。


このようなコンセプトを”ghost Kitchen” または、”virtual restaurant”とも言われます。

先月11月の bazz word にもなりました。

 

日本逆輸入盤の居酒屋「Kinka(Sushi bar izakaya)」をご存じですか?

こちらはトロントが発祥ですが、ロックダウンの中、ghost Kitchen コンセプトを利用して  Tokyo Sando & Chicken, JapaSando & Co., Aburi Bunz,そして最近ではHashiyaなど

のバーチャルテイクアウトレストランをセットアップして日本食を提供し続けています。

 

Ghost kichen は ”Dark kitchen” とも言われるのですが、この表現は金融用語“Dark Pool” に由来します。

 

※「ダークプールとは、東証などの取引所を通さず、証券会社が投資家同士の注文を付け合わせる(マッチング)取引のことです。正式名称は「dark pool of liquidity」で、日本語に訳すと「見えない流動性」という意味です。 通常の株取引の場合は板情報で注文状況がわかりますが、ダークプールの場合は投資家の注文価格や注文数量などの流動性が外部から見えず、匿名性が確保されていることから、このように呼ばれています」

 

dark kichen ≒「見えないキッチン」とでも言いましょうか。

 

ロックダウンの中、レストラン業がテイクアウトにピッタリのバラエティーに富んだフードアイテムを提供してくれます。でも、やはりこの時期を利用してホームークッキングに目覚めてみるのもいいことです。私は最近、今まで料理したことのないものに挑戦しています。

 

以外と楽しいですよ。

 

IELTS/TOEFL/TOEIC試験対策のことなら


 

ここ何年か、海外の番組で ghost系 のドラマやドキュメンタリーが多く、paranormal なプログラムを主体に放映しているチャンネルもあります 。
だれでも死後の世界には興味があるもの。

私たちは死後どこに行くのかという永遠のテーマです。

三途の川を渡るという表現はこちらでは”cross over”という表現をします。
psychic medium とは霊能者や超能力者の意味、霊が見えたり、コミュニケーションが取れる人達のことを言います。様々なハイテク機器を使って、霊(スピリッツ)とコミュニケーションを取ろうとする番組が非常に多いことはお話しましたね。

よくその番組で人や物を浄化してくれる言われている植物、ホワイトセージを燃やし、家の隅々に煙を焚いているシーンをよく見かけます。この儀式を smudging  と言います。

ホワイトセージ、“神聖なハーブ”と呼ばれ、さまざまな negative energies  を cleansing 

(浄化)してくれるそうです。


私も実はホワイトセージの incense cones (三角状のお香)を持っていて、ふっとした時に家やオフィスの空気を浄化しています。非常にいい香りがしてアロマ効果もあり。

やはり? smudging をすると必ずい良い事が起きます。

 

すべては私たちの「気」次第なのでしょうか。そのインセントはインディアン(ネイティブインディアン)の方がハンドメイドで作っているものを購入しています。(上記の画像)

一度試してみてはいかがですか。

 

IELTS/TOEFL/TOEIC対策なら

「ポートマントー」と発音します。

「両開きの大きな旅行かばん」という意味【古】もありましたが今では、言語学で「混成語」という意味を表します。「2つの要素を兼ね備えた」という言語のイメージに由来しています。

“portmanteau”によりたくさんの新しい言葉が生まれました。

 

 

“Permaculture” 「持続性農業」いわゆる”sustainable agriculture”の意味ですが、こちらもpermanent +  agriculture を合成させた言葉。”malware” = ”malicious + software”もその一つです。
Wifi = wireless + fidelity と知っていましたか?
では、"listicle"とは何でしょうか?

 

"Smize"という用語は今年辞書に載るほどよく使われた言葉 !!
こちらは“smile with your eyes, usually in a sexy and playful way” 「目力で表現を作る」とか、「目で笑う」という意味で訳されますが、こちらも”portmanteau" です。


最近では、コロナの影響で”stayvacation” (stay and vacation) する方が多いと思います。
self- distancing/ home isolation のような用語もコロナの影響で流行っていますが、こちらは“portmanteau”とはちょっと違うのですが、造語 (coined term) となります。
 

流行用語というもの日々造られるものですが、廃れる用語ももちろんあります。
 

例えば、“chesterfield” こちらは”couch” sofa”と最近では言われます。

 

時代遅れになって使われなくなった言葉は

”matches ” 「マッチ」はライターによってほぼ取って換われました。

” billfold”「札入れ」も今や“wallet”
 

やはり、言葉は時代を反映します。
 

 オンラインIELTS/TOEFL/TOEIC 試験対策校 Metropolitan Academy of English

 

”Go viral” という表現を知っていますか。

 

 

インターネットやSNSなどの情報がオンラインで頻繁に共有されることを言います。

”viral”  発音 ”バイラル” はそもそも、”virus” “バイラス” からくる言葉で

”ウィルス性のとかウィルスの“ という形容詞となります。 

"Go viral" 直訳すると 「ウィルスになる」 という意味から、何かの情報がすぐに広まることを指します。いわゆる “spread like a virus” ということです。”Viral videos”という用語もありますよ。 YOU TUBEであれば、1M 以上の視聴があるビデオのことです。

 

“ The YouTube video goes viral “


”Virus infection” ウィルス感染をイメージするとその広まりが世界中に一瞬で広がる模様が

イメージできます。

“coronavirus” も感染病ですから、あっという間に世界に広まってしまいました。


”Infectious” も同じような意味があり、「感染性の、移りやすい」 という意味です。

ネガティブなイメージばかりではなく、
“your smile is infectious” のように誉め言葉としても使えます。

「あなたの笑顔は一緒に笑いたくなるほど魅力的だね」 という意味です👍


オンラインIELTS/TOEFL/TOEIC試験対策 なら

 

 

「Brick and mortar store」という表現をご存知ですか?

 


 

最近ではアマゾンなどのオンラインストアと対比した言い方として”brick and mortar stores”という表現をよく見かけます。これはスーパーなどのように実際に店舗を持っており、顧客と「face to face」 で接することのできるお店を言います。なぜ「brick &mortar store」というようになったのでしょう?、BRICKS(レンガ)とMORTAR(通常、セメント、砂、水を混ぜて練り合わせたセメント・モルタル)は建築素材で、「ビル」 を指す言葉だからです。

“brick and mortar retailers or businesses “ ともよく言われます。


今まで以上のその価値が問われることが多くなった”brick and mortar stores” 


カスタマー・エクスペリエンスの点からみると、昔のように新しい情報や商品を得る場所でなく、(オンラインでチェックした後に)実際に買いに行く場所ということで顧客の購買率が上がっているとか。

ディスプレイに凝るなどして顧客の購買意欲を高め、カスタマーとの接触ポイントとして大事な役割を担うと言わるようになった”brick and mortar stores”。

 

ちなみに、“mom-and-pop” stores という表現聞いたことありますか?

これは家族で営むビジネス、コンビニなどのお店を指します。
“お母さん、お父さん”が営むお店ですね。

当校MAEは「online school 」でもあり、 「traditional brick and mortar school 」ということになりますかね。

 

   オンラインIELTS/TOEFL/TOEIC試験対策学校 MAE


最近オンラインショッピングをしていて、この言葉見かけたことはありますか?
“open box”って、いわゆる「箱から開けられた製品」を表す言葉 !!


"open box items" とか "open box store" とも言われます。まだ一度も使用されていない製品を一般には表します。
ただ何らかの形で梱包を開けられてしまった💦...............................というだけ。

しかし、お客がすぐに返却してきたからといっても、使われていない保証はない。少々使われている可能性も十分あります。

箱に開けられた痕跡が残されたまま再び売られているケースもあり。

デモで使われた商品もこのカテゴリーに入ります。開けられたとたんに商品の価値が下がると言われていますが、新品を安く買えるとすると

とってもお得な商品ですね。

その次に注意したい用語は、”refurbished””といわれる製品があります。これは一度使われた製品がプロの修理を経て、再び売られることを言います。コンピューターやスマホの中古商品と同じ。しかし、プロの手で修理されていることがただの中古品とは違うところ。

しっかりと機能することが確かめられた上で売られるですが、新品ではなく、傷があったりする場合もあり、かなり安く売られます。

 

"Used"は皆におなじみの中古製品ですね。こちらは修理されているものもありますが、されていないでそのまま売られていることがほとんど。

 

物ってみんな 消耗品(consumables) 。 電化製品は特に消耗すると動きが悪くなったりするので、気を付けたいところです。

 

 

  IELTS/TOEFL/TOEIC 試験対策オンライン校 Metropolitan Academy of English

 

日本では パスタ = スパゲティー という感覚がありますが、

英語圏では、パスタとは総称で、実際の生活ではどのパスタなのか、明確にする必要があります。

 

スパゲッティーはそのパスタの中の一つの種類です。

現地イタリアでは大きさや形によってそれぞれ名称が違います。英語でもその名称をそのまま使用します。

いわゆるイタリア英語、輸入語です。

カナダはイタリア移民が多いからかもしれませんが................

 

余談ですが、RAPINNI (緑の葉野菜) はカナダではイタリア語のラピーニをそのまま使いますが、アメリカでは

Brocolli rabe ブロッコリーロブ と 通常言われていますね。


棒状のパスタの種類を挙げてみます

 

Capellini ・ カッペリーニ  スパゲティーよりも細い、棒状のパスタで直径 0.85 ミリ から 0.92 ミリ
Spaghettini ・  スパゲッテーニは、スパゲッティーより細く直径約1.5 ミリ
Spaghetti ・ 馴染みのあるスパゲッティーは直径約 2 ミリ
Spaghettoni ・  スパゲッテーニはスパゲッティーより少し太く、直径約3 ミリ 程
Linguini ・ ランギーニは平べったいパスタ、横幅は約 4ミリ
Fettuccini ・ フェタチーニーも平べったい麵で、平べったいうどんのような感じです。横幅はランギーニも太く、約5ミリ程
Tagliatelle ・ タリアテッレ こちらも平たい麵、フェタチーニよりも太いです。
Bucatini  ・  うどんのように太い麵、ブッカティーニ 中は空洞になっています。こちらは私のお気に入り。
Pappardelle  ・ パッパルデッレ 極太の平たい麵、食べ応えあります。
 

ここからはショートパスタ


Penne ・ ペンネは知ってる方も多いはず、ペン先状、筒状のパスタで中が空洞の短いパスタの総称です。
Rigatoni ・ リガトーニ とはペンネと似て中心に大きな穴が開いていますが、筒が太く、外側には筋状の模様が入っているものもあれば、ないものもありますが、ベン先状ではなく、まっすぐプッツンと切れているのがペンネと違うところ。
Rotini ・ ロティーニとはサラダパスタによく使われるタイプの筒状パスタ、外側がねじられているらせん状のタイプです。
bow-tie pasta (Farfalle) ・  その名の通り、ボウタイの形をしたパスタでサラダなどに使いますね。


日本では様々なパスタが地元のスーパーではなかなか手に入らないかもしれませんが、こちらでは様々なブランドの種類のパスタが一列をなすほど。名称を使い分ける必要が出てきます。

 

 

 

IELTS/TOEFL/TOEIC 試験対策校 Metropolitan Academy of English

 

COVID-19のせいで、憂鬱な毎日ですが、

これは今の buzz word (流行りの言葉)!!日本語に直訳すると「社会的距離」。

 

今はこの流行病(pandemic と言います)のため、人と人とが距離をもって、

例えば3メートル以内に近寄らないなどの措置がカナダでは行われています。

そのため、“maintain social distancing” という言葉をよく耳にします。

厳しい毎日です。

 

"Social isolation" の措置をとるところもあります。こちらは「社会的隔離」という意味ですので、あまり外に出ないとか、自分を社会から隔離するという意味があります。

ですので、”social distancing ”とは違いますね。

 

ちなみに Covid-19 は ”pandemic” と分類されましたが、流行病として ”epidemic” という言葉もあります。違いは何でしょうか。

 

“pandemic” は “epidemic” の一部で世界中に広がった(広がりが広い)流行病を示します。

ですから、“epidemic”が世界中に広がると“Pandemic”になるということ。

 

それに伴い、"Take care!" "Stay safe!!" などといった表現も最近よく聞きます。

“hang in there” こちらもいい表現ですが、この表現はつらい状況の時に耐えて、「頑張って」

という時に使います。

 

 

  IELTS/TOEFL/TOEIC オンライン試験対策校 

      Metorpolitan Academy of English

 

このイディオムは、

 

既に解決した議論を、しつこく言い続けたり、再度持ち出したりすることを指します。

そのまま直訳だと 「死んだ馬を叩く!」 になりますね。

死んだ馬を叩いても走ってくれません。だから、既に議論したことを言っても何も変わらないという意味になります。

ぴったりの日本語訳は、「済んだ事を蒸し返す」でしょうか。
 

例:We have already talked about it. Do not beat the dead horse!!!

 


 

もうひとつ、馬を使った慣用句とても良く使われるものは、 “Eat like a horse” という言い回し!!
これは、”self-explanatory” (説明の必要もなく明白) ですね。「馬のように食べる」 ということは、馬はいつも草を食べているイメージから

「食欲旺盛である」 という意味です。 キャサリンさんもそうだったんですね~。

 


IELTS/TOEFL/TOEIC試験対策校 METROPOLITAN Academy of English