365日仕事歳時記

365日仕事歳時記

20年間大学コンサルタントビジネスを通して得た知見を基に、これからの子育てに役立つ家庭教育の在り方、
親の心構え、学校の選び方などを示唆している女性経営者のブログ
枝野(元)経済産業大臣がキックオフした「小さな企業未来会議(多摩地区)」にてコーディネータを務める


テーマ:

子どもに声をかけるとき、つい言ってしまう言葉

 

「頑張りなさい」

「真剣にやりなさい」

「努力しなさい」

 

子ども側からしたら

 

「どう頑張ればいいの?」

「真剣ってどういうこと?」

「どのくらいやったら努力って認めてもらえるの?」

 

子どもが疑問を抱く、そんな言葉を私たち大人はいつの間にか多用しています。

 

練習の回数や時間を具体的に指示されれば完了時間を見通して、完了後の楽しい遊びも想像できるが、不特定で抽象的な言葉を遣われると

 

「いつ終えられるのか」

「どういう状態になったら終われるのか」

 

というイメ―ジが持てずやる気が失せることも多いでしょう。

 

子どもに限らず、上司の不特定動詞に悩むサラリーマンも多いのではないか、と考えています。

 

 

 

 

 

“キャリア育児”のすすめ ホームページはこちら

 

 

キャリア育児のすすめ Facebookページはこちら

 

 

 

人気ブログランキングへ


テーマ:

最近相談事があり、知り合いの弁護士さんを訪問した時のことです。 

 

大学卒業後、その先生は一級建築士として働き始めたそうですが、あまりの激務・薄給に疲弊し

その後、大学の法学部に編入し法科大学院に進み弁護士になったということでした。 

 

弁護士になった暁に結婚もし、子供をもったとのことです。

 

生業は弁護士ですが、各地の茶室を見てまわったり、最近は茶道も始め、好きな建築を諦めた訳ではないというお話でした。

 

人生100年時代に入り、デュアルキャリアの必要性が叫ばれるようになってきましたが、身近にこんな実践者がいることに驚かされました。

 

 

 

 

“キャリア育児”のすすめ ホームページはこちら

 

 

キャリア育児のすすめ Facebookページはこちら

 

 

 

人気ブログランキングへ


テーマ:

薄着になる夏まであとわずか。

1キロ減に手こずってきたこともあり、私にとっては「聖域」の果物に手を付けることにしました。

 

「朝の果物は金」

といわれますが、私の場合はおやつとして、また、寝る前にも果物に手をだしていました。

 

最近、好きな果物の糖分量をあらためて確認したら、さすがに気軽に果物を口にすることも憚られるようになりました。

「金」が「悪」の刷り込みに変わると、思っていたよりも脳や身体も素直に適応でき、自分でも驚きました。

 

何事にも「イメトレ」が重要だと感じた果糖抜きダイエットです。

 

夏には細身のロングドレスを着るイベントがあるので、日々体重管理に励んでいます。

 

 

 

 

“キャリア育児”のすすめ ホームページはこちら

 

 

キャリア育児のすすめ Facebookページはこちら

 

 

 

人気ブログランキングへ


テーマ:

先日、『ネゴシエーション・コミュニケーション』 についてのビデオを見ていた時のことです。 

 

Do not E-mai when you are furious.

怒っているときはメール厳禁! 

 

当たり前と言えば当たり前ですが、 この間違いを私たちはたまに起こしてしまいます。 

 

交渉相手と対話中にある対象に対しての理解があまりにも異なる時、それが契約額に関する時などは尚更です。 

怒りで震える時もありますが、 「覆水盆に返らず!」 と自分を諌めることもしばしばあります。 

 

そんな時は自身が書いたメールを一日寝かせるように心がけています。 もしくは相手に送る前に誰かに読んでもらうようにします。

公的に残したい文章は夫に添削してもらうようにしています。 

 

『怒ってしまった時の手順』 としてしまえば、そのプロセスがあることが自分の支えになったりもします。

 

 

 

 

“キャリア育児”のすすめ ホームページはこちら

 

 

キャリア育児のすすめ Facebookページはこちら

 

 

 

人気ブログランキングへ


テーマ:

連休中に 「太陽礼拝」 のワークショップに参加してきました。

「太陽礼拝」 はヨガでは基本中の基本のフローで、一番初めに習得するものとされています。

 

「一番初め = 易しい」 という意味ではないのですが、それを理解できるのはヨガを始めてかなり時間が経ったタイミングではないかと思います。

今日も先生が

 

「いわゆるブリッジや倒立は、初心者でヨガをやったことのない人でも筋力や柔軟性があれば出来ます。でも、太陽礼拝は初心者では絶対にできませんし、10年ヨガをやっている人でも正しく出来ている人は少ないアサナです。」

 

と太陽礼拝に対する持論を話されていました。

太陽礼拝A・Bを毎日正しく練習すると、おそらく身体のどの部分のインナーマッスルも強化できるだろう、と感じます。

 

インドではポーズは 「先生から授けられるもの」 であり、自己判断で難しいポーズにトライすることは禁じられているそうです。

 

そんなスタイルのスタジオが日本に出来たら意外と流行るかもしれませんね。

 

niche is in rich 

ヨガにもそんな時代が到来するのではないでしょうか。

 

 

 

 

“キャリア育児”のすすめ ホームページはこちら

 

 

キャリア育児のすすめ Facebookページはこちら

 

 

 

人気ブログランキングへ


テーマ:

ヨガスタジオではヨガマットをレンタルすると1回300円位なのですが、何年もずっとレンタルをし続けてきていたため、自分でマットを買い、スタジオに保管してもらうことを全く考えたことがありませんでした。

 

ジムでヨガをしたり、いろいろなスタジオに出向いたりしていたこともあったので、マットのレンタルを続けてきたという経緯はあるのですが、

「おそらくあと10年、出来るなら20年はこのスタジオでヨガの練習をするだとろうな」

と腹が決まったスタジオができたので、先日 『置きマット』 をすることを決心しました。

 

アシュタンガーヨガのために買うなら、

マンドゥカ ブラックマット、厚さ7mm、重さ1,5キロのヨガマットとなり、

 

 

持ち運びは少々厳しい品物です。

「今買ったら死ぬまで使えるだろうな、頑丈だから!」

と思っています。

 

先生も私より若いので、今後も末永く指導を仰げるでしょう。(笑)

 

 

 

 

“キャリア育児”のすすめ ホームページはこちら

 

 

キャリア育児のすすめ Facebookページはこちら

 

 

 

人気ブログランキングへ


テーマ:

連休はどこにもいかず、ヨガのワークショップ参加と連休のためにアマゾンで購入した本を乱読しました。

心理学の本やキャッチコピー、チラシに関する本や、話題作 「10年後の仕事図鑑」 まで。

 

10年後の仕事図鑑 10年後の仕事図鑑
1,480円
Amazon

 

『現代の魔法使い』 と称される落合陽一さんが学校へ通い授業を受けることのナンセンス性を唱えており、

「インターネットでこれほどまでに質の良い教材がそろっていて、それで学べば十分だろう」

という持論を遠慮しつつ(国立大学の教員という立場があり)展開していました。

 

私も社会性を育む学校も過保護・過干渉な親の登場や従来の教員採用試験の限界などが障壁になり、学校が社会性を育む場所でなくなっている気がしないでもありません。

 

「どういう教育を受けてもよい権利」

というのが今後問われていくことになるのかもしれませんね。

 

 

 

 

“キャリア育児”のすすめ ホームページはこちら

 

 

キャリア育児のすすめ Facebookページはこちら

 

 

 

人気ブログランキングへ


テーマ:

自分の持っている価値観とはいったいどういうものでしょうか。

メタフォをつかって説明すると、次のような説明になります。

 

自分自身では気がついていなくても、多くの人がそれぞれ自分の 「心の窓」 をもっていて、伝達される情報はその窓を通してやりとりされています。

 

この窓は枠もなく透明ですが、とても独特の形をしていてそれに合うものしか出入りできないようになっています。

しかし、私たち1人1人は自分の 「心の窓」 が自分独特の窓だと気がついていないことがほとんどです。

 

1人1人違うその 「心の窓」 はその人の「個性」 とも言え、変えられないように思うかもしれませんが、自分が変化し、環境が変化すれば形は変わっていくと私は考えています。

 

自分の 「心の窓」 を通して入ってくるものが、いつのまにか透明で強固な自分の価値観になっていることもあるかもしれません。

 

自分を外敵から守るために醸成した価値観も時には自分を攻撃します。

自分の 「心の窓」 のおそうじと通気をたまには試みてみませんか。

 

 

 

 

“キャリア育児”のすすめ ホームページはこちら

 

 

キャリア育児のすすめ Facebookページはこちら

 

 

 

人気ブログランキングへ


テーマ:

昨年より取り組んできた男女共同参画推進センター(ウィズ新宿)発行誌の編集委員活動が終わり、 先日「ウィズ新宿」の129号をが完成しました。

 

今号の特集は私の意見が採用され、

「100年ライフに求められる男の働き方とは?」 がお題になりました。

 


あまりにも先駆的な生き方をしてる人へのインタビュー記事を誌面に掲載すると、

 

『そんな生き方は一部の人だけのことで、普通では真似できないことだ』

と受け止められてしまいますし、 アンケートを実施するにしてもアンケート項目の絞り込み が定まらず苦労したり、 座談会を開催し記事にするという提案もありましたが、トピックがもやっとしてるだけに、座談会も盛り上がらないだろうということになり、様々な議論を重ねた後にようやくまとまった経緯がありました。 

お題は決まってもそれにあった料理法を見つけるのが編集の苦労、いや醍醐味だと実感した特集でした。 

 

財務大臣のパワハラ発言など、いつの時代の発言かと思う話題も多い昨今ですが、あのような男尊女卑的考えの人は未だ多いことは事実だと思います。 

そのような人への啓蒙活動のためにも、このような雑誌の存在意義はあるのだろうと感じています。

 

 

 

 

“キャリア育児”のすすめ ホームページはこちら

 

 

キャリア育児のすすめ Facebookページはこちら

 

 

 

人気ブログランキングへ


テーマ:

今『 「影響言語」で人を動かす」 という本を読んでいます。

 

 

質問をなげかけ、回答の折にその人が使う言葉によってその人の 「動機づけの特徴」 「行動上の特徴」 をプロファイルすることができる、という内容です。

 

例えば、やる気が高まる理由として

 

「物事には常により良い別の方法があるだとう、と新しい手順や仕組みを作るだす」

ことが楽しくて仕方ない人がいる一方で、

 

「安心できるいう理由で既存のやり方に従うこと」

を好む人がいます。

 

「新しい手順や仕組みを作り出すこと」

が大好きな子どもに

「つべこべ言わずに決められたやり方でやりなさい」

と頭ごなしに命令したら、やる気をなくすどころか親子の信頼関係まで揺るぎかねません。

 

子どもの性格に合わせた言葉の選択が大切だと感じています。

 

 

 

 

“キャリア育児”のすすめ ホームページはこちら

 

 

キャリア育児のすすめ Facebookページはこちら

 

 

 

人気ブログランキングへ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。