さて、後編です(^-^)

前編を読んでない方はコチラ



バリ島はさすが観光地なのか、観光業の方は大体カタコトの日本語が通じます。英語もネイティブというわけではないので、こちらの拙い会話もしっかり受け止めてくれます。

性格ものんびり気さくな人が多く、過ごしやすい雰囲気ですね。




滞在中は観光にショッピング、フルーツ食べ放題


毎日プールに入って、スパエステの贅沢三昧

お好きな方はビーチで過ごしたり、ナイトクラブなども体験できます。



一番印象深かったのは西岸のホテルからのサンセット。

これだけでもバリに来たかいがあったと言える美しさでした。




さてインドネシアの町はいまだ発展途上!

なんせ、いまだに鉄道、下水道、各種インフラが整備されていません。

それを今急ピッチで進めているところ。

年間の経済成長率は2016年度実績5.2%、今後の予測では5.6%と言われています。

これは日本のいろいろ水増ししてやっと1%という数字のおよそ5倍です。




なんだたかだか5倍か、と思われるかもしれませんが、

銀行預金金利が1%(日本では1%すらほぼ見かけません)の場合と、5%の場合での20年後の資産総額は

100万円を20年間の複利で運用した場合》

1%100万円→122万円

5%100万円→121万円


あれ、5%のが少ないじゃん!って思った方、ごめんなさいこれたった4の結果です(笑)


本当の20年後(笑)

5%:100万円→265万円


これが複利の力ですね!


単利で5倍違うということは10年で6倍以上、20年で12倍以上の差を生むわけです。


さらに、新興国投資の心配なところは長期保有リスクかと思いますが、上にもある通り日本で20年必要とするリターンが、インドネシアならば4年で得られます。

短期的な投資とみても大変優秀と言えるのではないでしょうか。


さて、このインドネシアの銀行口座どうやって開設するのでしょう。

実は日本にもBNI(バンクネガラ)銀行などの支店がありますが、、、

日本からは口座開設できないんですね。。。


でもココだけの話、このモストブルーホテルの会員は口座開設できます!

実は会社とmandiri(マンディリ)銀行、BRI(インドネシア国民)銀行という二大国営銀行と提携関係にあり、建物内に国営銀行職員が常駐するインドネシア唯一のホテルです。

また口座開設だけでなく、会員限定の優遇金利も適用されます。

なにやら1○%の定期の契約を結んだ方もおられるとか?


元手さえあれば、一生不労所得ですね!




さらに銀行預金だけではもったいない。

株価8年で5を活用しない手はありません!


新興国投資はとにかく情報が少ないのがネックです。

自分で調べようにもインターネットの情報は雑多で、さらに信用してよいのかどうかよくわからないものが少なくありません。


今回の現地法人の社長である阿部さんからのセミナーでは現地の最新情報、生の現場を教えていただきました。

それによるとインドネシアはこの2,3年間は○○○○

だから投資をするならば○○○○○○○○でバランスよくすると丁度よい。


モストブルーリゾートのホテル自体も、今でこそ空港から距離がありますが、

国営銀行の助言に基づき、これから鉄道のターミナルとなる予定の土地に建っています。


やはり持つべきは現地の情報と、コネだと痛感しますね。。。

そんな現地の銀行と、法人のアドバイザーがインドネシア投資のサポートもしてくれます。


あなたの資産、日本で塩漬け物にしたり、あやしい不動産に投資するくらいなら、半分だけインドネシアにかけてみませんか?

私も始めたばかりですから一緒に勉強していきましょう。

せっかく投資をする国の事、詳しくなると旅行するのも何倍も楽しくなります☆


とりあえず興味出てきた!という方はまずはこちらのLINE@にご登録ください。





セミナー情報やツアー情報をお送りいたします。




※本ブログはいかなる投資判断も推奨するものではありません。利回りは過去の実績に基づくものであり、将来の配当を約束するものではありません。

また、海外投資は為替変動のリスクがありますので、ご理解の上ご検討ください。