佐橘マドカのヨーロッパ音楽紀行

佐橘マドカのヨーロッパ音楽紀行

フランス在住ヴァイオリン弾き。
クラシック音楽のこと、ヨーロッパのこと、愛息子、愛猫、グルメや旅のこと…心に響いたことをつぶやいていきます。どうぞよろしくお願いいたします!

ご訪問、ありがとうございます♡

フランス、スイス、そして日本を行き来する佐橘マドカの音楽日記です。
ヴァイオリンのこと、愛猫のこと、美味しいもののこと、旅のこと、
日々の出逢いや発見を少しずつお届けしています。

■Orchestre des Pays de Savoie
http://www.orchestrepayssavoie.com
2nd vl首席奏者として在籍中

■Duo Lyrique HP
http://lyriquemusique.com/
ピアニスト白川多紀さんとのデュオ

■Lemanic Modern Ensemble
http://lemanic-modern-ensemble.net
フランス、スイスを拠点とする現代音楽アンサンブル

■ジュピターカルテットジャパン
 ドキュメンタリー放送
「カルテットという名の青春」
~太郎、マドカ、麻理子、大と歩いた1371日~
http://www.bs-asahi.co.jp/quartet/
制作:テレビマンユニオン
ギャラクシー賞、ATP賞ドキュメンタリー部門優秀賞受賞

テーマ:

三連休の日本は猛暑と聞いております。
皆さま、お身体にはくれぐれもお気をつけて、無理をせずにお過ごしくださいね。


こちらフランスは7月14日の革命記念日、そして翌15日のW杯ファイナルと大きなイベントが続き、花火や雷、、
なんとも賑やかな週末です。

夕立ちの影響で、開演30分前にお城の中庭でのコンサートがキャンセルになってしまったこともありました。



先日はジャズフェスティバル、Jazz à Vienneに参加してまいりました。


Vienneと聞けばまずオーストリアのウィーンを想像しますが、こちらはフランスのリヨンの近くの街、ヴィエンヌ。

丘の上に立つローマ劇場、その周りの遺跡、街中がジャズ色に染まるお祭りです。




Angelique Kidjo et Ibrahim Maalouf
"Queen of Sheba"
Avec l'Orchestre des Pays de Savoie



素晴らしい歌、リズム、楽曲とバンドとの野外ステージ。
普段、クラシックの世界に染み込んでいる私にとっては全く新しい経験で、それはそれは楽しいライブでした。





聴きに来ていた友人が、スクリーン越しの写真を送ってくれました。

写真だけでなく音もお届けしたい…!



こちらは昼間のリハーサル時

ステージからみた客席です。





そして夜22時


本番直前です。






7500人のお客さん

夏の暑さと人の熱気で

最高の舞台。



客席とステージが一体となって、その時にしかない一つのものを作っていく。
インプロありアドリブあり、次に何が起こるかわからない、期待と高揚感。

舞台にいながら、フィールドは違うけれどクラシックのコンサートもきっとここから学べる、なんて考えていました。


初お披露目の新曲だったので、音源もなく、リハーサル当日までどんな曲かな?と頭の中で妄想するばかりでしたが、2日間のリハーサルとコンサートが終わってみると、頭から音が離れません。


何度でも聴きたくなる。


音楽のパワーってすごいです。




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス