浦和、川口、大宮オンラインも可能
 

拗ねて、ふてくされてる主婦を卒業して、

楽しい毎日過ごしましょう。


ノートを活用始めたら、

心がみるまる軽くなりました。

 

 


気がつけば9月です。

 

先月は、私と息子のお誕生日月でしたが、

今年は、静かに迎えて過ぎて行った感です。

 

今年も主人から花束を贈ってもらいました。

 

 

自分を掘り下げる時間が、これほど大切かと感じる毎日。

 

私にとって理想的な女性像は

 

 

心が広くて、ドーンとしていて、

いつも笑顔で、怒り狂うなんてこともない女性

 

仕事も出来て、凛としたところも失わない女性。

 

 

すぐにカッと来て、

私は間違っていないと相手を言い負かしてしまって

問題になるところがあった私

 

起業したら逃げられる?変われる?

そんな思いから、

色々学びました。

 

 

自分を変えるため、相手を変えるためと学びました。

嫌なことが起こる度に、

それは私自身、私の投影だから

私が変わればいい、変わるしかないと思ってやってきました。

 

 

そして、

もう、私は大丈夫と思っていたのに・・・

 

先日、昔の怒りが蘇ることが起こりました。

 

瞬間湯沸かし器状態です。

そんな自分にショックでした。

 

 

私何も変わってないじゃん・・・

こんなに恨みや怒りが残っていたなんて・・・

 

 

そんな私に対して、

万里子さんが(大貫万里子さん)

 

『その怒りにおめでとうですね』とおっしゃいました。

 

どんどん押し殺し、抑えて隠して誤魔化して

私は全然怒ってないの、変わったのよ~って

やってきて、気持ちを封印してしまってたと。

 

でも、どんどん怒りはたまっていて、

とうとう爆発した・・・

 

爆発するような出来事を作って、

気づかせてくれたんですよ~って

 

言われて、ハッとしました。

 

怒りを握りしめるのも自由

怒りを手放すのも自由

 

 

でも、私は手放せなかった。

手放したら、許したようで、

悔しくてしたくない!

相手は絶対私には甘えてくるはず!って

 

怒りは手放せませんでした。

 

でも、そんな自分をも許しました。

 

怒りってものすごいエネルギーがいるんですよね。

でも、私は手放したくなかったんです。

 

それもありなんだと思ったら

急に楽になりました。

 

 

私、人間らしいと思いました。

そして、そんな自分を少し愛おしいとも思えるようになりました。

 

怒り=悪いことではないんですよね。

 

まさに、おめでとうだなと思えた出来ごとで

こんな自分も受け止めて、

前に進んで生きたいと思う今日この頃です。

 

 

 

アラフィフになると、様々な感情が積み重なり

臆病になりがちですショボーン

失敗しないようしないようにするばかりで、

どんどんストレスはたまっていく感じ。

 

 

しかし、できないことなど何もないのではないか

自分に期待する自分でいられることは

とても幸せなことだなと思うようになりました。

 

『魂が喜ぶ』こと

 

自分の中から探してみませんか?

自分の中に必ずいます。

 

そこを思い出させてあげよう、自分のために。

 

 

~妻の笑顔は、夫に自信を与えます~

~ママの笑顔は、子供に安心を与えます~

~女性の笑顔は、世界に幸せを与えます~