子どもと薬と病院と。 | MACOオフィシャルブログ「小顔も美乳も手に入れる!こがおっぱい®」Powered by Ameba

MACOオフィシャルブログ「小顔も美乳も手に入れる!こがおっぱい®」Powered by Ameba

こがおっぱい®のこと、育児のこと、食のこと、美容のことなどなど。


テーマ:

こんにちは。

美乳研究家のMACOです。

 

こがおっぱい®ご予約方法が変わりました こちら

プロフィール・著書などは こちら

iHerb 5%off になる紹介コードは MAC1091

 

今日は薬や病院との付き合い方について。

 

1. とても博識なので…
ご存知だとは思うのですが…
鼻水もあまり酷いと中耳炎を引き起こしますし…
あまり繰り返すと滲出性中耳炎になり、酷いと入院・手術になります。

お薬を飲ませたくないのは分かりますが、あまり長引く鼻水・痰は早めの対処が必要かなと思います。

余計なお世話ですみません。
 
というコメントをいただきました。
アドバイスありがとうございます。
博識だなんて、とんでもないですアセアセ
 
長男の場合は鼻を激しくすするタイプだったので
滲出性中耳炎になり、治すのに半年かかりました。
その時に処方された薬が合わなかったのか、あまり効かなかったので途中で飲むのをやめ、合わなかった園を退園したらすぐに治りました。
 
以下、私個人の考えです。
 
薬に関しては「治す」わけではなく「症状を軽くする」ものだと思っています。
その時の症状を軽くするメリットが最優先になる場合は薬に頼りたいし、
それにより病気が長引いてしまうこと副作用などのデメリットの方が強いと考えるときは使いたくありません。
 
そもそも、自然治癒力・免疫力を高めたいという考え方が基本です。
 
今回の場合は生後1か月の子だったので
処方された薬(長男の中耳炎で処方されたものと同じ)の添付文書をネットで調べて読んだのですが
さらに飲ませる気がしなくなってしまいました…ショボーン
 
が、一度良くなった次男の鼻水と痰は夜になると悪化します。
授乳中も苦しそうで、吐いてしまうように。
なので、昨日、耳鼻科へ行って来ました。
先日行った小児科では鼻水しか吸ってもらわなかったけれど
耳鼻科なら痰も吸ってもらえるとのことで。
念のため耳も見てもらいましたが中耳炎にはなっていませんでした。
 
痰をとってもらったらだいぶスッキリした様子で、
その後は授乳もすんなり照れ
 
でも、明け方はまた痰が絡み始めていました。
仰向けにすると苦しがるので鼻吸い器で一時間ごとくらいに吸ってあげていましたが、
当然ながら本人もあまりよく眠れていない様子ショボーン
 
今朝、また耳鼻科へ行き、鼻水と痰を吸ってもらいました。
「このくらいの赤ちゃんの場合、午前と午後吸いにいらっしゃる方も多いですよ」
と言われました。
 
この耳鼻科は
「できるだけ薬は使いたくないんです」
と言えば
「そうですか、いいですよニコニコでは処方しませんニコニコ
「毎日でもいいから、痰を吸いに来てくださいねニコニコ
という感じ。
 
「必要な薬は使うべき」
「赤ちゃんがかわいそう」
などと言ってとりあえず処方するような病院もありますが、
この耳鼻科の先生はそういうことは一切言わないので
私は好きです。
 
赤ちゃんの鼻や痰の場合、
薬を使うことも否定しませんし
実際に薬で症状が軽くなって助かったという友人もいますが
うちの場合、薬を飲む前に
マメに耳鼻科へ行って吸ってもらうのがベストだったのかも。
 
鼻水は吸ってもらっても、やっぱり数時間後にはまた
鼻づまりがあるので
家の電動鼻吸器は必須です。
長男が2歳の時、突然激しく嘔吐し、
夜間救急に行った際、
ウイルス性の急性胃腸炎と診断され
「下痢止め」
を処方され
純粋に疑問を感じたので
「全部出し切った方がいのに、下痢止めですか?
と聞いたら
「いや、その…(モゴモゴ)」
と明確に説明してもらえなかったことを思い出しました。
 
下痢止め飲んだら長引くでしょ?
と思って、飲ませませんでした。
(あくまでも私個人の考えと経験です)
 

こがおっぱい®/保育士/食育/運動  MACOさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース