こんにちは! Machinakaです!!

 

 

 

今回批評する映画はこちら!!

 

 

 

「ブラックパンサー」

 

 

 

 

 

 

(C)Marvel Studios 2017

 

 

 

 

Oh, yeah !!!!!

 

Yo, men !!!!!

 
ついにやってきた!!!
 
全米大大大ヒット!!!! 
 
インフィニティーウォーへと繋がるMCUシリーズ新作!!!
 
オール黒人キャスト、監督も黒人、黒人の黒人による黒人のための?ヒーローの誕生譚!
 
昨年アカデミー賞を獲った「ムーンライト」をどうして思い出してしまう製作陣の座組に、ワクワクを隠しきれません。。。
 
俺に何を見せてくれるのか!? アベンジャーズとどうつながるのか!?

 

 

 

 

 

 

それでは「ブラックパンサー」批評、いってみよーーーー!!!

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

[あらすじ・見どころ]

 

 

2016年公開の「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」でマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に初登場した新たなヒーロー、ブラックパンサーを主役に描くアクション映画。アフリカの超文明国ワカンダの若き国王ティ・チャラが、漆黒のスーツと鋭い爪を武器に戦うブラックパンサーとして活躍する。絶大なパワーを秘めた鉱石「ヴィブラニウム」が産出するアフリカの国ワカンダは、その恩恵にあずかり目覚しい発展を遂げてきたが、ヴィブラニウムが悪用されることを防ぐため、代々の国王の下で、世界各国にスパイを放ち、秘密を守り通してきた。父のティ・チャカの死去に伴い、新たな王として即位したティ・チャラは、ワカンダの秘密を狙う元秘密工作員の男エリック・キルモンガーが、武器商人のユリシーズ・クロウと組んで暗躍していることを知り、国を守るために動き始めるが……。主人公ブラックパンサー=ティ・チャラ役はチャドウィック・ボーズマン。監督を「クリード チャンプを継ぐ男」のライアン・クーグラーが務め、同作で主人公クリードを演じたマイケル・B・ジョーダンが、ブラックパンサーを追い詰める強敵エリック役で出演。

 

http://eiga.com/movie/84138/

 

 

 

 

 

 

一応ですね、2016年の「シビルウォー」ではちょい役で出演してるんですよね、彼。。

 

バッキーが逃走した際、自動車に掴まりながら道路でバトルしてました。あの時は、まさか主役で映画作るとは思わなかったんですけどね。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

 

勉強不足で申し訳ないですね、だって映画見る前は絶対に情報調べないって決めてるので(`∀´)

 

 

一応ですね、私の知ってる限りの情報でお伝えすると、、、

 

 

監督はライアン・クーグラー。もう名前も日本で知れ渡ってきたかな? まだ一部かな?

 

カリフォルニア州生まれの黒人映画監督で、白人警官による黒人殺害事件を描いた「フルートベール駅で」で高く評価され知る人ぞ知る監督に。

 

そして、あのシルベスター・スタローンを口説き落とし、「ロッキー・ザ・ファイナル」で終わったと思っていたロッキーの続編「クリード チャンプを継ぐ男」を監督し大大大大ヒットを飛ばす。同作にて助演を務めたシルベスター・スタローンにゴールデン・グローブ賞を、アカデミー賞ノミネートを取らせたという成果を残しました。

 

 

 

 

インディーズ映画しか撮ったことのない監督でしたが、一躍

 

そして報知映画賞の海外映画賞に選出!先見の明がありますよ、報知映画賞は(`∀´)

 

 

 

そしてクリードの後はいきなりブラックパンサーだって、、、

 

どんだけアメリカンドリーム掴んでるんですか! 

 

ってかアメリカって若い才能を大事にするから成長するんだろうなぁ、、、逆に日本の映画界を心配してしまうほどですwww

 

 

そして今作の主演はチャドウィック・ボーズマン

 

©アフロ

 

ボーズマンで坊主・・・とっても分かりやすいやつだぜww ってすいません笑 

 

つぶらな瞳でとっても可愛らしいですね。こんな人がまさかヒーローになるとは、、、

愛着のある顔っていうんですかね、誰からも好かれそうな、笑顔が似合う人・・・という印象でっすw 日本では公開されていない映画に出演しているため、映画ドットコムの情報では2013年からしか公開映画がありませんでした、、、

日本ではまだ知名度が低いと思います。

 

 

そして、ブラックパンサーの宿敵を演じるのはマイケルBジョーダン! 実は同監督の「クリード」でも主演を演じていて、、、 すっかりお気に入りの俳優さんなんんでしょうね、、、

 

 

© FilmMagic

 

 

写真のせいかもしれませんが、ジョーダンは少し悪っぽいというか、ひねくれてるというか、なんかそんな印象がありますね。対してブラックパンサーのボーズマンは甘いマスクで王子さまっぽい。。。

 

まぁヒゲの違いだけとも言えます。

 

 

そんな意味のない類推をしたくなるほど、物語が読めていない、情報を調べていないMachinakaでございます。

 

一応ですね、既に鑑賞した町山さん情報によると、単なるヒーロー映画ではなく、黒人がおかれている過酷な状況だったり、トランプ大統領後の黒人差別問題だったり、アカデミー賞の黒人スタッフの問題だったり、とにかく黒人を取り巻く現代社会を風刺した作品でもあるみたいで、、、

 

「フルートベール駅で」で見せた、「現代を生きる黒人社会」がテーマになっているのか?

 

一応ですね、映画ドットコムのあらすじ情報では、アフリカにあるワカンダという国が舞台で、ブラックパンサーはワカンダの王子という話なんですよね。

 

ワカンダって、、、どう考えてもウガンダとか思い出しちゃうんだけどな笑

 

そして映画ポスターには「国王か、ヒーローか、、、」というキャッチコピー

 

つまり、国王としてアフリカに留まっているのか? 

 

もしくはアメリカ(NY)に行ってアベンジャーズの仲間となりヒーローになるのか?

 

もっと言えば、黒人ばかりの国で生涯を終えるのか? それとも、リスクを背負ってでも白人の多いアメリカで暮らすのか?

 

なんか、映画見てもないのに解説みたいなことしちゃってますけども笑

 

 

だって、ポスターに書いてあるんだもん! 国王かヒーローかって、そういうことでしょ!?

 

よくよく考えてみたら、黒人ヒーローって、アベンジャーズ史上初めてじゃないの? 人種平等を掲げるカリフォルニア州のハリウッド映画なのに、白人ばかりがヒーローっておかしくない?

 

そんなツッコミに堂々と答える、カッコ良い黒人ヒーローの誕生なるか、、、、、?

 

 

それでは映画の感想でっす!!!!

 

 
 

 

 

 

 

[映画の感想]

 

<一言感想>

 

 

資源大国アフリカでのif的未来都市と、雄大な自然とのコントラストにウットリくること間違いなし! 

黒人とムーンライト色を重ねるパーソナルカラー、漆黒に紫が光るネオンデザイン、このデザインは黒人にしか真似できない!!!

 

王を継ぐ英雄譚はライオンキングのような古典的英雄譚でもありながら、アベンジャーズに属すため現代的英雄譚でもある。さらに、「ブラックパンサー」というタイトルに込められた社会派メッセージが強く突き刺さる!!!

 

 

昔と今、そして未来とを繋ぐ英雄であり国王、ブラックパンサーに死角なし!!!

 

 

 

 

 

 

<解説>

 
 

・映画は背中で語るもの

 
はい、もう映画を鑑賞したMachinakaでございます!
 
いやぁ、、、楽しすぎる!!!!
 
最初から最後までグダグダしたセリフもなく、テンポよく、、
 
そして、ずーーーとアクション!ずーーーと戦ってる!瞬きするのも勿体無いアクション・ヒーローものでございました!
 
アクションはですね、遠距離で戦うことがほとんどなくて、肉体戦ばかりなんですよね。アベンジャーズってバンバン銃出したりするし、何ならアイアンマンは遠距離が多いですから、、、 もう遠距離攻撃には飽きた、そんな方には是非この映画をお勧めします。何たって、ほとんど銃は使わない、ひたすら肉弾戦を描いてくれるのですからキター Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!
 
今作のアクションチームは同監督の「クリードチャンプを継ぐ男」と同じチームらしく、素晴らしい肉弾戦が見れます! それだけでもお腹いっぱいで帰れること間違いなしです!!!
 
特にですね、今回はアフリカの大自然を使ったアクションが見もので、、、特に水を使ったアクションが素晴らしくて!! 王位継承戦を何故か湖で行うんですけど、戦うたびに水しぶきがバシャッバシャッって飛ぶ。水一つ一つに光を当てているから、水しぶきが光り戦いを彩る!! 肉弾戦じゃないと出来ない美しい戦いが見ものでございます。
 
 
 
 
 

 

・キングを継ぐ男

 
シークエンスとしてはアクションが多いんですけど、今作のメインテーマは「王の継承」にあるわけです。ワガンダ共和国という非常に鎖国的な、まだ部族社会が残っている国での王位継承戦を、何者にも邪魔されずに戦えるわけですね!
 
王の継承を巡って戦うのは、ボーズマンとマイケルBジョーダンなわけですが、実はマイケルBジョーダンって、「クリード」の主役を演じた際にボクシング界の王、アポロ・クリードを「継承」した男でもあるわけです。
 
偶然かもしれないけど、監督のライアン・クーグラーって「かつて偉大だった男から次世代へと継承する男の成長譚」が作家性なのかもしれません。
 
 
 
 

・資源大国アフリカの現在と繋がる

 
 
 
 
今回の舞台となったワカンダはもちろん架空の国ですが、ちゃんとモデルはあります。もちろんアフリカ。で、実はアイアンマン2でも語られていたらしいんですよね!
 
ワガンダはエチオピアとケニアの国境にあるタルカナ湖をモチーフに作られたらしく、周囲を壁で囲まれた地形がワガンダにピッタリですよね。つまり、湖の中にもし都市があったら、、、?と考えたわけです。
 
Wakanda was mentioned as a location on a S.H.I.E.L.D. monitor in Aian Man 2 (2010). The location pinpoints the country as being situated at Lake Turkana, on the borders of Kenya and Ethopia. The region in real life is special for holding great mineral deposits (properties similar to Wakanda).

 

 

このタルカナ湖も、実際に資源が多く取れる場所らしく、ワガンダとの共通点も多いのです。もう、スタッフどんだけ下調べしたんですかww
 
また、この「周囲を壁で囲まれた」都市という造形が、ワガンダの鎖国的政治状況のメタファーにもなっているというか、あんまりネタバレできないけど劇中の「とある社会派メッセージ」に繋がってくるところですよね。
 
ラストシーンを見逃さないでくださいね! トランプ大統領のことを片隅に入れて、見てください!そしたら意味がきっとわかりますから!!
 
 

・珍しい「紫色」の映画

 
 
今回誰もが驚いたであろう、新しすぎるデザイン。
 
アフリカ民族が着ているような昔ながらのど派手ファッションと最新のテクノロジーがミックスされ、向こうではアフロフューチャリズムと言われているみたいです(///∇//)
 
首長族、唇に皿を入れたがる民族。どの民族も個性的で唯一無二。それが映画では「キャラの差別化」に大きく貢献しているものでして、、、
 
ちなみに、各民族のモチーフは以下のようになっているみたいですよ!
 
 
 
The filmmakers created a unique culture for each of the Wakandan tribes, to get a sense of the country being a mix of different tribes: 
  • the Golden Tribe (the royal tribe) uses a motif of black and purple, and a continental symbol for the sun found throughout Africa.
  • the Border Tribe was inspired by Lesotho architecture/language, and uses a motif of blue and wood.
  • the River Tribe uses a motif of green and shells.
  • the Merchant Tribe was inspired by Nigerian architecture and language.
  • the Jabari Tribe wears fur and wood to represent their naturalism. They also speak in a Yoruba dialect of West Africa, in contrast to the Wakandans having the Xhosa dialect of South Africa, to represent their outsider status.
 
 
 
・国王の民族は、黒と紫をメインカラーとしてます。黒と紫のデザインは、夜だとネオン色を想起させてよりかっこよさが際立つ。
 
ちなみに、アフリカでは紫の桜、「ジャカランダ」が咲きわたって、黒人の方の黒と紫が合わさって非常に美しいコントラストが作られるんですよ。これ、アフリカでしか出来ない美しいデザインだと思いませんか?
 
 
 

また、紫といえば青と紫のグラデーションを使った、非現実的ながらも美しい風景が印象的でしたね。

 

この青の色、俳優の肌・服にもオーバーレイしてますよね。白い服が水色になっているのでわかり易いですが。

 

 

(C)Marvel Studios 2017

 

この「黒人に青色を重ねる」手法により、黒がより光沢を増し、美しい黒になっていくのです。

 

これ、ムーンライトと同じ手法ですよ!!

ていうか、ムーンライトでも青と紫を使っていて、黒人の方を美しく見せるのは青と紫のカラーリングが絶妙なのかもしれません! 

なお、我々日本人を青くしちゃうと、ただの病人になります。

 

s_img1.jpg


 

 

 

 

 

・アフリカの今昔を繋ぐ音楽

 

音楽では打楽器を中心としたアフリカの古典的、部族的な音楽が目立ちました。

 

また、カリフォルニア育ちのマイケルBジョーダンが登場した時には、西海岸のギャングスタラップを彷彿とさせるヒップホップ音楽が流れるという気の効かせようで、、

 

 

ラストに掛かる歌はUNITED NATIONS=一つになる国ですよ!! この映画のメッセージそのままというか、部族同士の争いが絶えない現代のアフリカを、少しでも幸せになるように。一つの国として団結していこうよ、というメッセージが込められています。

 

 

 

 

 
 
 
 

・2つの意味でのブラックパンサー

 
 
今作のタイトルにもなっている「ブラックパンサー」には二つの意味が織り込まれています。
 
まず一つは、「古典的・伝説的英雄としてのブラックパンサー」
 
ワガンダ国王から代々受け継がれる「ブラックパンサー」の称号。その称号を受け取った者こそ唯一無二、最強の王であり、国の命運を握る指導者でもあるのです。
 
 
そして、もう一つは「実在したブラックパンサー」
 
 
伝説的ヒップホップアーティスト、2Pacの伝記映画「All Eyes On Me」や「デトロイト」 を見た方ならご存知かと思いますが、アメリカの黒人人権運動には二つありまして、、
 
・まず一つが、キング牧師が率いていたことでも有名な「穏健派」
 
・そして、ブラックパンサー党を中心とした「過激派」
 
この二種類の政治的活動がアメリカにおける黒人運動なんですよね。ハト派とタカ派って言い方もできますが、アメリカではタカ派ではなくパンサー派だったわけです。
 

 

 

 

 

つまり、今作に当てはめるとですね、
 
ボーズマン=ブラックパンサー:キング牧師的な穏健派
 
マイケルBジョーダン:ブラックパンサー党的な過激派
 
の性格を有している。
 
そう、つまりこれはSFのように見えて、現実の黒人運動の歴史を投影している社会派作品でもあるんですね。
 
 
そして、おそらくですが、マイケルBジョーダンの父親はブラックパンサー党に傾倒し、過激派として活動していた可能性があるかもしれません。
 
マイケルBジョーダンがあれだけひねくれた性格なのも、父がそう言った過激派思想だったから。また、彼が育ってきた環境というのは貧しい黒人との内輪揉め、と威張り散らした白人の攻撃による二重苦で、実に悲惨な生活環境だったのは想像に難くありません。
 
また、監督のマイケルBジョーダンもカリフォルニア州オークランド出身で、オークランドは10万人当たり1218.66件の強盗被害が発生している超犯罪都市であり、日本全国平均の約1000倍となっている都市で生まれたんですよね。。。
 
日本の1000倍治安が悪いんですよww どんだけ怖いんだっての。。。
 
 
 
 
 
 
そういう背景もあり、過激な思想を持ってしまったマイケルBジョーダンは「ブラックパンサー党的」なブラックパンサーとなり、国王は「英雄としての」ブラックパンサーである。
 
つまり、ブラックパンサー(英雄)VSブラックパンサー(実在)の対決でもあるわけです。
 
二人の戦いは、単なる王位継承戦ではなく、「真のブラックパンサー」=黒人を守るためにはどうあるべきか=真の英雄の在り方とは何か? を問う映画にもなっている。
 
そしてラストに誰が勝ち、誰がブラックパンサーとして君臨するのか!?!?
 
最後まで目が離せません!
 
 

 

 

以上! 超オススメです!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読者登録で私の映画レビューをすぐにお届け!

「気になる映画が公開されたけど、面白いか不安。。。」

そんな時は私のブログへGO!  

新規に公開された映画を後悔せず見よう!なんちゃって。。