まっちー(machida-ito)のブログ

まっちー(machida-ito)のブログ

糸・紐・リボン・テープ・・・・などなど

細くて長いものなら何でも取り揃える「町田絲店」の

7代目社長の「つぶやき」的なウェブログです。

ゆる~くご覧ください。

     ☆ようこそ!町田絲店 へ!☆

   独り言・商品・下町浅草・グルメなど

  ☆7代目社長の目線でご案内しま~す☆

ありがとうございますニヤリ

 

江戸時代からの浅草寺領と諏訪神社の歴史について その3

 

浅草寺領の成立については天正十八年(1590年)徳川家康が関東に入国し、領国経営に取り組んだことによって与えられた領地であります。

 

中世から戦国時代において浅草寺地域一帯は豊嶋郡千束郷千束村と呼ばれ後北条氏の文献であります「小田原衆所領役帳」には「浅草寺家四拾貫九百文」と記されており、後北条氏より寺領として四十貫九百文の地が与えられていたことがわかっています。

 

その浅草寺に対して徳川家康は慶長十八年(1613年)三月十三日恐らく同じ地域に五百石の寺領が与えられました。その朱印状には次のような文言が記されていたのであります。

 

「浅草寺忠尊に寺領の御黒印を下さる武蔵国豊嶋郡(寛文五年の御印書には千束村とあり)寺領五百石のうち二百五十石は別当、修理料たるべし、衆徒の住坊に平僧みだりに住居すべからず・・・以下略「

徳川実記」

 

すなわち幕府は浅草寺に対し、寺領五百石のうち二百五十石を寺院の維持と修理費に充てることと坊内に一般の僧をみだりに住居させないこと、更に空地を勝手に管理下に置かないこと、寺院の法令を守ること、山林・竹木・門前宅地については先例(後北条氏の例)の通り諸役を免除する」というものでありました。この朱印状は次の二代将軍秀忠、更に三代将軍家光(寛永十三年(1636年)十一月九日)からも発給されていたのであります。

 

代表 まっちー音譜

 

株式会社 町田絲店 代表取締役

 

 

町田絲店の紹介動画です↓



 

ペタしてね

 

よろしければ↓↓クリックお願いします!

 

人気ブログランキングへ

ありがとうございますニヤリ

 

江戸時代からの浅草寺領と諏訪神社の歴史について その2

 

浅草の諏訪神社は諏訪大社上社と同じ諏訪梶の御神紋を使用し、文献に依れば天正年間に神主が数代に渡って奉仕してきたことが知られています。

 

即ち「神社明細簿」並びに「上野東照宮組合明帳」に「鎮座原由之儀 天正之頃 信濃国諏訪神社ヲ勧請仕候 詳細記録数度の焼失ニテ無御座候当社初奉祀 神官履歴 私先祖 信濃国諏訪郡小日村に居住 諏訪本宮二奉祀仕候ヨリ数代相続仕候 然ルニ天和之頃 当社 神官兼務但出仕 其後代々当社ニ奉祀罷候 御一新之際 旧神官ニテ引続奉祀ノ旨被命候」と記され、御神祭健御名方富命・前八坂富命と見え「明治六年(1873年)正月無格社二被定浅草神社兼務社ニ被仰渡同八年(1875年)三月十五日村社に被定候」とあって少なくとも天正年間(1573~1591年)にはこの地に鎮座していたことがわかります。

 

 

以上が諏訪神社の略記で少なくとも現在の地に鎮座して四百年以上も変えずに祀られていたことがわかります。

 

そして浅草寺との関係は浅草寺の本坊知楽院(貞享二年から伝法院)を始めとする三十四の寺(十二の寺は衆徒二十二の寺は寺僧)末寺門徒二十五寺(十七寺は末寺、八寺は門徒)から成り立ち、当社の別当であったのが十二衆徒の一院でありました修善院と呼ばれる寺院であります。

 

その修善院は北谷と呼ばれるところにあって冨士神社の別当も兼ねていました。

 

「修善院境内千五百二十六坪 本尊阿弥陀如来 冨士権現社当院持、在諏訪町 諏訪明神社一か所、当院持、神躰諏訪大明神丈五寸本座束帯本地普賢丈八寸五分立像勧請年月不知祭礼七月二十七日社地五十九坪九合但浅草寺領の内、畑、屋舗一か所千三百七十七坪 当時六郷家ニ貸置申候」と記されていますが、何時から二社の別当になったのかはわかっていません。

 

代表 まっちー音譜

 

株式会社 町田絲店 代表取締役

 

 

町田絲店の紹介動画です↓



 

ペタしてね

 

よろしければ↓↓クリックお願いします!

 

人気ブログランキングへ

ありがとうございますニヤリ

 

江戸時代からの浅草寺領と諏訪神社の歴史について その1

 

諏訪神社の創祀については定かなことを知ることができませんが歴史上諏訪大社の信仰が関東地方に広がりを見せるのは鎌倉時代の中頃からだと言われています。

 

つまり諏訪大社は鎌倉時代から箱根権現や伊豆山権現・三島大社と共に特別の尊崇を受けていました。

 

それは諏訪上社の大祝が源頼朝の旗揚げに最初から協力し祈祷の効を積んでいたからであります。

 

従って頼朝も諏訪大社を「武家守護之神」(吾妻鏡)として崇敬していたのであります。

 

その後時の執権となった北条氏は信濃国の守護職となり、諏訪郡を得宗領とし、諏訪大社の神主を得宗被官(執権直属の家臣)としたのであります。

 

このように北条氏の支援によって諏訪大社の御分社が数多く関東諸国に広がったと考えられています。

 

執権北条氏は支配する所領地に諏訪大社の御分社を奉斎するとともに得宗被官であります一族の神主を招き、神事を執行していたといわれています。

 

代表 まっちー音譜

 

株式会社 町田絲店 代表取締役

 

 

町田絲店の紹介動画です↓



 

ペタしてね

 

よろしければ↓↓クリックお願いします!

 

人気ブログランキングへ

ありがとうございますニヤリ

 

以上が徳川家康が天正十八年(1590年)八月一日に江戸に入ってからおよそ四十二年にわたって築き上げた江戸城と初期の江戸内の姿であります。

 

そして最も関心のある点は第三次穿設において行われた工事の内容であります。

 

それはまず平川の流路を変える工事で前記したように神田山を開削して平川(江戸川)を浅草川に繋ぎ、更に隅田川に通じさせてこれを新たに神田川にすべく計画したもので、元和二年(1616年)十月に一応完成しました。

 

こうして新しくできた神田川より南の台地には家康の死後駿府にあった家臣団が移住し、以後駿河台の地名となります。

 

そして平川に沿った飯田橋口・神田橋・常盤橋・一石橋・日本橋に至る旧来の江戸城外郭は内郭濠となり代わって一回り大きく神田川が江戸城の外堀となったのであります。

 

同時に本庁一帯の町人地は平川の洪水に苦しむことがなくなったばかりかその南岸に徳右衛門町・柳原町北側に浅草平右衛門町・瓦町・神田右衛門町をおこしました。

 

それは堀替の土砂を整地にあてたからだと言われ、その結果浅草門前町は江戸町人地と直結することとなったのであります。

 

神田川 神田川の名は古く、天分十九年(1550年)三月十九日北条氏康が用土新左衛門に与えた文書の中に神田川と記されています。

 

 

これが初見のようでありますが、どのあたりを指しているかはわかりませんが、下流がお玉が池の辺りを経て浅草川に合流しているように思われています。

 

今の神田川は「船河原橋からお茶の水そして柳原堤外を経て浅草川に落ち合うまで」の呼び名であるといわれています。

 

平右衛門町 三枝平右衛門は遠州浜松の人で天正十八年(1590年)家康の入国の時に御供をしてきて元和二年(1616年)にこの地を町屋にするよう上意があったといわれています。

 

町名はその名をとっています。

 

そしてその時から名主をつとめています。古くは豊嶋郡峡田領鳥越村の内でありました。寛文図(1671年)に平右衛門丁とあります。

 

瓦町 昔から瓦を焼く職人がいたのでその名が付けられたと言います。

 

元和二年(1616年)に町屋となりました。寛文図(1671年)にかわら丁としてあります。このようにみてくると、台東区ではいち早く平右衛門丁と瓦丁が町屋になっていたことがわかります。

 

下の絵図は「新板江戸大絵図」並びに「新板江戸外絵図」を参考にした絵図で寛文十年(1670年)であります。そしてここには諏訪明神が記載されています。

 

 

代表 まっちー音譜

 

株式会社 町田絲店 代表取締役

 

 

町田絲店の紹介動画です↓



 

ペタしてね

 

よろしければ↓↓クリックお願いします!

 

人気ブログランキングへ

ありがとうございますニヤリ

 

なお、将軍の霊廟は江戸城内の紅葉山にも規模は小さく形式も簡略化されながらも造営されていたのです。

 

紅葉山の東照宮は家康の三回忌にあたる元和四年(1618年)二代将軍秀忠によって西の丸に造営され、同年の四月十七日に遷都座したことが「徳川実記」に記されています。

 

 

すなわち家康の三回忌に当たる元和四年(1618年)四月十七日、幕府は日光東照宮に老中本田上野介正純を代参として派遣すると共に十六日夜中から十七日にかけて功成った紅葉山東照宮に正遷宮の儀を執行しました。そして参拝法会は大僧正天海が導師をつとめたと記されています。

 

この「江戸お城絵図」は十八世紀前半の江戸城内を描いた図面で中央に本丸御殿東に二の丸御殿と三の丸御殿、そして西に紅葉山の霊廟と西の丸御殿が配置されていたことがわかります。

 

 

この絵図は主に幕府関係の建物の設計と施行監理を受りもっていた甲良家が保管していたものであります。

 

代表 まっちー音譜

 

株式会社 町田絲店 代表取締役

 

 

町田絲店の紹介動画です↓



 

ペタしてね

 

よろしければ↓↓クリックお願いします!

 

人気ブログランキングへ