ままっちょの絵手紙

ままっちょの絵手紙

日々の想いを綴っていきたいと思います。

              お知らせ



【イベント情報】

★Hand Made In Japan Fes 2016

日時 2016年7月23日(土)、24日(日)
時間 11時~19時
場所 東京ビッグサイト東1・2・3ホール
※ブース番号I-69


・HP【PC、スマホ用】


http://www.geocities.co.jp/maccho_hiyoko/



・HP【携帯専用】


http://maccho_hiyoko.f01.jp/













先日、長男のお友達のお母さんから
手作りマスクを頂きました。


裁縫が、苦手な私


使い捨てマスクもそろそろ
なくなりそうだったのもあり

本当に有り難くて

私達のために時間をかけ材料を使って
作って頂けた事に本当に感激して。

それと同時に
次男のマスクを作ってみよう!と
決意させて貰えた出来事でもありました。


自分なりに調べたりしながらも
なかなか理解出来ないところもあったり


そんなとき
裁縫がすごく上手で
大好きで尊敬している友達が
声をかけてくれて。

マスクの材料あるよ
作るよ
頼っていいんだよって

この大変な中
材料も不足しているのに
自分の時間や自分の大切な材料を
使って作ってくれるなんて

なんだかもうその優しさが
心に染みすぎて。

大切なともだちの命を守るためのものを
私達に善意で与えてくれるなんて

この大変な中で
人に優しさを与えられる人って
本当に凄い

だからこそ、私も自分で
作ってみよう!

友達には分からないときのヘルプをお願い
自分で作ってみることにしました。


もし上手く出来たら
そのマスクを息子のお母さんや
友達のように

誰かに渡たせるようになりたい

優しさを繋いでいきたい















今コロナウイルスで
色々と大変な中ですが、、


先日無事長男卒園しました!

かなりの縮小で
参加できるのも親一人

全員のマスク着用など

様々な決まりはあったけれど

それでも卒園式をしてくれた
幼稚園に本当に感謝してます。

開催は本当に大変だったと思います。

バタバタの卒園式でも
ありましたが

息子が凄く大人に見えました照れ

ブカブカで何回もおり直した制服も
最後は着られなくなり
ギリギリで新しいものを買うほど!

私が、下の子を出産するためにした
長期入院中は

初めての土地で
初めての幼稚園で

ほんとうに長男
大変だったと思います。

毎日毎日泣きながらも
祖母に連れられて通い始めてから
もう四年弱。

早い。

幼稚園入ったばっかりのときは
自分で脱いだ靴を持って下駄箱に戻せなくて
先生に練習してきてと言われたのに。


偏食王子で
外食はうどんやさんしかいけなかった長男が

卒園式では
一年間給食を残さず食べたで賞を
貰えるまでに成長。


初めてのお母さんで
至らないところばかりの
母で

私の所に来ちゃってごめんね
そう思ったこともあるけど、、

卒園式の、最後に歌ってくれた歌

その中の歌詞に

『生んでくれてありがとうと』

その歌をその歌詞を歌いながら
真っ直ぐな目で見てくれたとき

なんだか今までの育児を
本当に素晴らしい時間だったんだなって
実感して。
 
小さいときはしんどくて
早く大きくなってほしかった


でもいまはあの時がなつかしい
もうあの頃には戻れない。

かけがえのない時間。






運動が小さい頃から苦手な長男坊。


公園に小さいときからたくさん連れて行ったけど、、全然遊具で遊んでくれなくて、、


初めての子で何でなんだろう、、
他のお友達は当たり前のように
滑り台やはしごを登れるのに

うちの長男は全く登ろうともしない。
公園に連れて行っても
どう遊んでいいのが分からず
つまらなそうで


1対1の初めてのワンオペ育児で
なんで、なんでと悩んでいたのをよく覚えています。


今少し大きくなってきてやっとその理由が分かりました。

長男は極度の怖がり。高いところも大嫌い。

スピードあるものも怖がって乗れない。

そして運動が大の苦手。

かけっこも万年ビリ。
跳び箱も跳べなかった

幼稚園のお友達にも
かけっこおそいねって言われてしまい


でも、人それぞれ個性があって
得意不得意がある。


運動全般苦手な長男坊だけど

一つだけ頑張っていることが。




それは水泳。  


生まれてすぐアトピーが分かり
気管も弱かったので

生後6カ月から始めたスイミング。

今も頑張っています。

毎日毎日スイミングに通い
日曜日も、レッスンがお休みでも
練習に行くことも多く。


だけれど、、どうしても
運動神経が悪く人より努力しないと
周りに付いていけない。


今もきっと誰よりも練習してるけれど
なかなかお友達に追いつけない。


今日の練習で
あまりにも気を抜いてやっていたので
怒ってしまいました。


やる気がないなら辞めなさいと。


向いてないと言ってしまった。


でも泣きながらやめない、辞めたくないと


パパがその後長男と話してくれました。

そこで聞いたことに
叱ってしまったことを後悔しました。

長男がパパに話したこと。


幼稚園では
かけっこも勝てないし
追いかけっこでも捕まえられない
悔しい思いばっかりだったと

でも水泳だけは早く始めたこともあり
幼稚園のお友達の中でも泳げる方だからと


そしてもっともっと、頑張って
水泳で一番になりたいと。

スイミングのお友達の中で
勝ちたいんだと

スイミングなら頑張れば勝てるかもと
思ってると。


性格的にも穏やかでのんびりやの長男坊。

だれかと争うことや
競争にも興味なく嫌いだったのに


だから順番じゃないと教えてきたけれど

集団生活で
色んな事をまなんできたんだなぁと


親が知ってるだけの子供じゃない

親が思うより
ずっと色んな事を考えてて

自分の考えがあったんだなぁ


今見えるものが、すべてじゃない

謝ろう、息子に。


今の目の前の結果だけで決めてしまったら
他人と同じ。

家族だからお母さんだから
誰よりも子供のやる気を信じて
送り出す。