作業療法士 佐藤明子のブログ 宮城県仙台市より

作業療法士 佐藤明子のブログ 宮城県仙台市より

ま~ぶる(株) (体と遊びと暮らしにアプローチ)

 








テーマ:

おはようございます。

 

ま~ぶる 佐藤明子です。

 

昨日は、発達の学びに秋田県に行ってまいりまいた。

 

最近発達についての学びができて、楽しいです。

 

発育・発達の講座を自分自身開催しているからこそ、

 

インプットは大切。

 

講師の先生それぞれが、

 

人間をどうとらえているのか、、、、、


凸凹だからとか、定型だからというのではなく、

 

人をどう見るのか、、、、


そんな視点で最近講座に参加しています。


昨日はこの本の著者の栗本先生の講座でした。

栗本先生も「身体からのメッセージを大切」にする方だということは、

 

本を読んでいて知っていましたが、

 

ご本人様にお会いするのは初めて。

 

講座は、話があちこち飛び色んな視点を聞けて面白かったですが、

 

最後のまとめの時間が少なく、勿体無いな、、、と感じました。


栗本先生の感覚の話は、

 

深部の感覚のお話をされ、

 

呼吸、睡眠、泌尿器、生殖器、腎臓、などなど、、、

 

人の動きから、深部感覚をみる視点が面白かったです。

 

そういう見方もあるんだと知り、

 

今日からちょっと見方を変えようと思いました。


動いているから、動けている身体ではなく、

 

無理くり動かしている使えていない身体の人がいる。


それを、再認識しました。

 

感覚(視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚)+二覚(固有受容感覚・前庭感覚)の講座を


開催する者としては、

 

もっと深い感覚(内臓感覚)も知る必要性を感じ、

 

やっぱり、人間の発達は不思議だ。


久しぶりに生理学の本を読みたくなりました。


学生時代、

 

解剖、運動、生理学はキチンと学ぶように、、、、と教官に散々言われましたが、

 

さっぱり勉強しませんでした。


仕事を初めて学んだことの方が多いです。

 

実践と学問が裏付けされて、面白い。


私の課題は、

 

自分の学んだことと、自分が感じたことを、

 

相手にわかりやすく伝えること。


感覚を「言葉にする」「文章にする」ことが、

 

課題ですね、、、、。

 

栗本先生が、みんなから共感されているのは、

 

人間の育つ力を信じているからだと感じました。

 

教える、やらせるのではなく、

 

その人の育つ力をサポートする。

 

答えは相手が持っている。

 

でも、本人も気が付かないこともある。

 

それを、そっとサポートする。

 

余計なことはしないで、

 

その人のそのスピード、感覚を大切にして、

 

育つ力をサポートする。

 

そうすると、自然と育っていく。


講座の中から、こんなメッセージを受けて取りました。


私も子ども達が自ら育つ力、学びたいと思う力を信じて、


今日も張り切って遊びます!

 

 

今日からまた、一週間が始まります。


今年もあと一ヶ月半、、、。


楽しんで過ごしましょうね。

 

 


テーマ:

おはようございます。

 

ま~ぶる 佐藤明子です。

 

ブログの更新が、すっかり止まっていました。

 

なんだか、あっという間に11月になり、心がせわしないですね。


10月から、急に忙しくなり、、、(予想していましたが)

 

何を優先するのか、

 

自分は何を大切にするのか、

 

これから自分はどこへ進むのか、、、、


心がザワザワしていたのでした。

 

11月の最初の日に、

 

大切な仲間と、

 

大好きな塩竈神社に行き、

 

エネルギーをもらったので、

 

前に進めそうです。

皆様から、

 

この前の講座受けたかったのに受けられなくて、残念だった。

 

以前の講座を受けたいに、どんどん新しい講座になってしまう。

 

次回いつ講座を復活させるの?


などの有り難いお言葉を頂いております。


準備ができ次第、ブロブにアップしていきますね。


今は、私にとってインプット、エネルギーを入れる時期です。

 

土日、色々学びに行かせて頂いています。


感謝です。


学んだことを、ブログでお伝えさせて頂きますね。

 

そして、

 

この学びをブラシュアップして、

 

次の講座に取り入れていきます!

 

塩竃神社で引いたおみくじ。

 

大吉!


益々エネルギーをもらい、

 

忙しさを楽しみます。


皆様も素敵な一日をお過ごし下さいね。


テーマ:

おはようございます。

 

ま~ぶる 佐藤明子です。

 

今度の土曜日、宮城県こども病院の奈良先生をお招きして、

 

「お薬のお話」の研修会を開催します。


今週月曜日、奈良先生から当日の資料を頂きました。

 

てんかんのお薬と発達障害のお薬が書かれていました。


フム・フム、、、、、、。

 

多機能型事業所ま~ぶる・び~とをご利用のお子様も使っている薬の名前がある、、、。


薬の名前ってみたことあるけど、実際にはどんな効果があるのかわからない。

 

そもそも、どんな基準で薬を使用して、

 

いつ止めるんだろ、、、。

 

薬は一生飲み続けるもの?

 

そもそも、薬を使用する前に、何かできることはあるのでは???

 

なんて疑問に、奈良先生が答えてくださいます!

 

当日は2時間の研修会です。

 

てんかんの話 30分

 

発達障害の薬のお話 60分

 

質疑応答30分


という、とてもありがたい時間の設定を、先生からご提案をして下さいました!


お席は若干の空きがございます。

 

今回託児はありません。


今回の研修内容は、保護者様だけでなく、

 

こどもに関わる仕事をしている方には、是非知っていて欲しい知識です。

 

薬を使用している子は、年々増えてきています。

 

子どもたちが使用している薬にはどんな効果と副作用があるのかを、

 

知ることは、支援の基本です!


研修会に関するお問い合わせ・申し込みは

 

こちらからお願いします→クリッククリック


皆様と一緒に学べること、楽しみにしておりますね。