ドラえもん。

テーマ:
1週間前の話になってしまいましたが…(>_<)


 
先週の3月21日は春分の日で祝日でした^ ^
そして、
ちょうど水曜日ということで、
maa- madeの定休日と、
珍しく重なった日でもありました‼︎


祝日と定休日が重なることは
なかなか無かったので、
これは姪っ子にこちゃんを連れて
どこかへ遊びに連れていこう‼︎と
思い立ち…。


いくつかの候補を挙げた結果、
公開中の映画、
『映画ドラえもん のび太の宝島』を
観に行くことに決定しました‼︎


{7C4FA90F-AE1B-46BD-A8A9-43134CF6C20D}


去年も一緒に『SING』を観に行ったものの、
まだ4歳だったにこにとっては、
それほど興味惹かれる映画ではなかったらしく(^^;;、
途中で飽き、何度も帰ろうと言ったり、
ストーリーがあまり分からないみたいで
退屈そうにしてましたが…(T_T)

今回は大好きなドラえもん‼︎(*゚∀゚*)
ということで、
彼女も映画に行く前から、
ワクワクドキドキしておりました(^^)

さて、待ちに待った水曜日。

映画館について、
にこの好きなキャラメルポップコーンと
カルピスと自分用のカフェラテを買い、
おまけで全員もらえる
ドラえもんのおもちゃをもらい↓、
{FE583763-CEEC-4726-909F-DC19D8FE162E}

いざ、映画館の中へ‼︎(*^^*)


ドラえもんは公開日まもないこともあり、
また、祝日ということも重なって、
館内は満席で、入ったときには
もう全ての席が親子連れで、
埋め尽くされていました‼︎

恐るべし、ドラえもん人気(*゚▽゚*)

前回同様、
途中で飽きて動いたりしてもいいように、
ネットで一番後ろの通路側の席を予約しており、
真っ暗な劇場内を彼女は、
繋いだ手をギュッと握りしめ、
緊張した面持ちで、
一番後ろの席に向かって進みました。


映画が始まり、
すぐにポップコーンを食べながら、
ドラえもんに見入った彼女。


うん、いい調子だ‼︎(*゚∀゚*)
さすがに、
にこも1年経つと成長したな、と、
彼女の成長を感じつつ、
ドラえもんの世界に浸っておりました(^^)

私自身、初のドラえもん鑑賞でしたが、
ストーリーが分かりやすくなっており、
子供が飽きないように展開も早かったり、
所々でクスッと笑えるギャグが
入っていたりして、
さすがドラえもんだなと
感心しながら見てました^ ^

にこも静かに、
もくもくとポップコーンを食べながら、
ドラえもんに見入っておりましたが、、、。


だが、しかし、
そこはまだ5歳のにこ。

途中、
やはり集中力が切れたみたいで、
おまけでもらったドラえもんの人形を取り出し、
『まーさん、にこはこれで遊びたい』
と言い出し、暗闇の中、
一生懸命袋を破こうとしましたが、
『にこ、これはお家に帰ってから』
『これはまーさんも開けられないから、
お家に帰ってあけてもらおう』と、
どうにかなだめ、
『ほら、まだポップコーンがあるよ』と、
前回同様、
またしてもポップコーンの力をお借りし、
ドラえもんの世界に引き戻しました(^^;;

映画もいよいよクライマックスとなり、
恐らくここが一番感動するであろう場面で、
私自身がウルウルとしてしまい、
ふと、
にこはどんな表情でこの場面を
見ているのかな?と気になり、
にこをそーっと見てみると…。

彼女は、
一切表情を変えず、
淡々とした真顔で
画面をじっーと見ておりました∑(゚Д゚)


そっか、、、T_T、
にこにはまだ早かったか…。

と、
ちょっと残念に思ったその時…。

にこの隣に座っていた
小学校低学年ぐらいの男の子が、
大粒の涙をぼろぼろとこぼし、
その涙を手で拭っていました。

その男の子の純粋な涙を見た瞬間、
私も思わず涙が溢れ、
ドラえもんではなく、
その男の子の涙に
思わず感動して泣いてしまいました(>_<)

再びにこに目をやると、
彼女はやはり変わらぬ真顔で
ドラえもんを淡々と見つめておりましたが、
『あの男の子の涙が見れただけでも十分だ』と、
ドラえもんに感謝を告げ、
映画ドラえもんは幕を閉じました。

今回の映画では、
にこも『帰りたい』と帰宅宣言をせず、
動き回ることもなく、
じっとドラえもんを見ていたので、
前回よりは成長したかな?と
にこの成長を少し感じることができた
映画でもありました^ ^

2人で映画館を出た後、
隣にあるゲームセンターへ‼︎

ここでは、映画の半券チケットで、
UFOキャッチャーが無料で出来るため、
どのUFOキャッチャーにしようかと、
ぐるっと店内を回っていると、、、
にこがシルバニアファミリーの
UFOキャッチャーを見つけ、
『まーさん、にここれが欲しい』と、
目を輝かせて言いました^ ^

そのUFOキャッチャーは、
ぐるぐると回っているおもちゃや小物を
機械でうまいことすくい上げ、
それを階段みたいな段差が動くところに落とし、
その段差が前後に動くことによって、
徐々に前に商品が押し出され、
穴に落ちてきた商品をゲットできる、
という台なのですが…。

これが、、、

なかなか落ちそうで落ちない(笑)


ちょっとずつ狙っている商品が
前には動いているものの、
あと少し‼︎
というところで、
なかなか前に進まず、
にこも
『まーさん、あと少しだよ』
『ほら、頑張って』と、
声援を送り、
私もその声援に応えようと、
映画の無料券だけでは全然足らず、
必死にコインをつぎ込みました(笑)

トータルで1000円以上費やしたころで、
ようやく、
にこの狙っていた
シルバニアファミリーの子犬さんを
ゲットすることができ、
にこと2人でヤッタネ‼︎ヤッタネ‼︎と、
ハイタッチを交わしました🎶

お目当ての子犬さんをゲットでき、
ウキウキした表情を見せる彼女。
時折、小躍りしている彼女。

映画の時とは打って変わって、
表情がキラキラしております(笑)

その後はお腹も空いてきたので、
フードコートでご飯を食べ、
新しくできた
イオンの方へ行ってみることに。

新しいイオンには中庭⁈ができており、
ここでは大きな滑り台や、
芝生、遊具⁈なども置かれてあり、
子供達は小雨が降っているにもかかわらず、
遊び回っておりました^_^

{9AA68914-5A75-4769-8CA5-E0D500DC444A}


にこも大きな滑り台に走っていき、
さっそく滑ってみたところ、

{E0B1548F-6A54-42A4-8423-1BA5C7CCA3F8}


滑り台が雨で濡れていたみたいで、
ズボンが濡れたとT_T、
ちょっとテンション下がり気味で、
私のところへ戻ってきました…。

ただ、
滑り台はとても楽しかったらしく、、。


もう一度、大きな滑り台を滑りたい。
けど、お尻が濡れるのは嫌だ…。
けど、滑りたい…。


そんな葛藤の末、

彼女の考え出した答えは、、


『まーさん(^^)、
まーさんが下になって、
にこがまーさんの上に乗って
滑ってみたらいいんじゃない?』と。


Σ(゚д゚lll)


そうです、
彼女はそう私に優しく提案を
投げかけてきたのです。

『滑って‼︎』
という命令形ではなく、
『滑ってみたらいいんじゃない?』
という、優しい投げかけ。


彼女は命令形で伝えると絶対に
自分の欲求を受け入れてもらえないと感じ、
あえて、提案をもちかけるように、
私に優しく投げかけてきたのです。


にこの成長を改めて深く感じました(笑)

にこに、
『そしたら、
 まーさんのズボンが濡れちゃうでしょ』
『もう雨が降ってきてるからお終い』と、
しぶる彼女をどうにかなだめ、
強引にその場を後にしました。


その後は、気になっていた
『チームラボ
学ぶ未来の遊園地』へ(^^)

光るボールで遊び回ったり、
{487E0A67-CDCE-4423-8CC4-F6FA9349BA6A}


自分で作るケンケンパをして遊んだり、

{D4B00938-6569-41D2-80CA-4563EC262B2C}


自分で色ぬりした乗り物が、
画面に立体になって現れ動くという、
何とも凄いお絵かきを体験したり、
{3CA30268-8D76-4ECF-8097-8F1854044F79}
(↑この絵が、、。)

(↓ここに立体的に現れ動き出します^ ^)
{405A39D4-3AB6-4AE3-ABEA-1826EFD39644}

思う存分、
チームラボの世界を楽しませてもらいました‼︎

にこもまだまだ遊び足りなかったみたいですが、
『にこ、もう帰らなくちゃ、
まーさんパパにお怒られてしまう(>_<)』と
必死に悲しい顔をして、
にこを説得し、
チームラボを後にしました。


さて、お家に帰ろうと
チームラボを出た直後、
なんとそこにはシルバニアファミリーの
お店が新しくできていました∑(゚Д゚)

何かヤバそうな雰囲気だ…。

と、察したその瞬間、

にこはハッと何かを思い出したような顔をし、

『まーさん、ゲームで取った子犬さん、
1人じゃかわいそうで
泣いちゃうかもしれない(>_<)』
『あの子の友達も一緒に
   連れて帰ってあげよう』
と……。



((((;゚Д゚)))))))


そうです、
シルバニアファミリーでお人形を買って、
と、いうことなのです。


にこ、確実に成長しております…。

私はなんとかこの状況を回避しようと、
『にこ、お友達いなくても、
あの子は大丈夫だから、、、。
にこがお友達になってあげればいいでしょ⁈』
と、言っても、
『あの子がかわいそうだ』
『一人だと泣いてしまう』と
えらく子犬さんの立場になって、
感情移入してしまったので、
ここは一番小さくて安いお人形を
買ってあげることにしました。

にこは真剣にお人形選びを始め、

{9242BAA8-1D18-41AA-9D6A-E21FB3CA11DB}

お耳がハートの形になってる、
かわいいマシュマロネズミの赤ちゃんを選び、
ウキウキした表情をしておりました。

よし、もう早く、
一刻も早く帰ろう、、、。
と、レジに行く途中、
何気なく横の棚を見ると、
そこには、
なんと、
私たちが1000円以上もかけてゲットした
あのかわいい子犬さんの姿が…∑(゚Д゚)

{FC108468-76F9-4EB4-9D7B-AB3CA0208C52}

しかも、
その子はセールになっており、
435円という格安の値段で、
販売されていました(/ _ ; )


いいんです…。


あのUFOキャッチャーでゲットできた、
あの喜びが、
お値段以上の価値があるんです。

落ちてくるまでのドキドキハラハラ感を、
落ちて来たときの達成感と満足感を、
1000円で思う存分味わわせてもらったんです。


そう自分に言い聞かせながら、
シルバニアファミリーのお店を出ました…。

新しくなったイオンは
かなりパワーアップしまくっており、
買い物も食事も遊びも、
本当に思う存分、
楽しめる空間になってました(*゚▽゚*) 
半日では全然時間が足りませんでしたが、
にこと私は、心もお腹もたくさん満たされ、
大満足の時間を過ごすことが出来ました(*^^*)

そして、 前回よりも、
色々な場面でにこの成長を感じれた1日。

彼女にとって、
映画はじっーと座っているだけなので、
まだまだ退屈だったのかもしれませんが…
にこがもう少し大きくなって、
あの男の子みたいに映画で感動してくれたら、
またさらに嬉しいなと思った帰り道でした。

にこ、また一緒に映画&イオンに行こうね^ ^


追伸
長く拙い文章を最後まで読んでくださり、
ありがとうございました(*^^*)