まーくんの日記

まーくんの日記

まーくんの周りに起こることや気がついたこと、思うことを綴っていきます!

ゴミの分別がたいへんになってきました。少し前まではそれほどうるさくなかったのですが最近、ゴミの収集場所で町内会の役員さんによるゴミの点検が始まって分別されていないとゴミを回収してくれないのです。名前が書いてあるので誰のゴミだかわかるので次の日に持ってかえってくるしかありません。

 

 

ゴミの収集袋に名前を記入していないとゴミの中を調べられて住所を調べるらしいです。怖ーい!

 

なので徹底的に分別するのですがこれがけっこうたいへんです。

 

特に再生できる紙類にビニール類がついているとビニールを剥がすか切り取るのですがこれがたいへん。

 

プラスチックやビニール類も再生するので紙がくっついているを剥がすのがたいへん。

 

接着が強力だとかなり時間がかかります。

 

ペットとプラも表示を見ながら分けます。

 

でも、やってみると物をつくる時に回収のことまで考えている商品が多くなってきているのに気が付きました。

 

少し前はなかなか剥がれなかったシールが簡単にはがせるようになってきたり、シールをやめて直接印刷されるようになってきました。

 

あと立派な化粧箱だったものが簡素な箱に変わってきました。

 

でもまだまだゴミの量が減らないとたいへんです。ビニールのゴミだけでも1カ月もためると大きなゴミ袋がいっぱいになります。

 

メーカーがゴミを分別しやすくしてくれることも必要ですが、ゴミを少なくすることがもっと必要なんだなと思います。

 

そして消費者も不要なものは買わないことですね。(なかなかできないけど・・・)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴミの分別くん(1コ入)
価格:1394円(税別、送料別)(2020/1/21時点)


 

1月19日はカラオケの日なんですって。知ってました?

 

 

由来を調べてみるとNHKラジオの「のど自慢素人音楽会」(現在の「NHKのど自慢」)の放送が1946年(昭和21年)1月19日に開始されたことからだそうです。カラオケという言葉はまだなかった時代のことです。当時はもちろん生演奏だったのでしょうから生カラオケですね。

 

素人さんのために生でオーケストラが伴奏した初めての日だからカラオケの日になったということなんですかね。少し無理があるような気がします。

 

そういえばカラオケなんてもちろんない子供のころに大好きな歌手のレコードを買って歌に合わせて大きな声で歌っていましたのを思い出しました。1人で歌うのって気持ちが良かったんです。

 

その後、スナックでカラオケがブームになったんです。カラオケは大勢の人の前で歌うものになりました。

 

当時は新曲のカラオケが発売になるまでにかなり時間がかかっていた時代でしたので新曲がすぐに入るスナックに歌いに行ったものです。当時のカラオケは酒を飲みながら仲間と歌うという大人のものでした。

 

それが今では小さな子供でもカラオケボックスで歌う時代になりました。

 

そしてカラオケボックスに1人で行って歌う「ひとりカラオケ」が流行っているそうです。

 

なんか自分の子供のころを思い出します。

 

カラオケは自分ひとりで思いっきり声を出して歌うほうが楽しい気がします。上手いとか下手とか関係なしで。

 

 

 


 

家で使っているプリンターのインクが急に出なくなって印刷が出来ない状態になってしまいました。

 

インクはまだタップリ入っているのでどこかでインクが固まってしまったのでしょうか。

 

 

メンテナンスでノズルチェックパターンを印刷してみるとほどんどインクが出ていません。

 

 

ノズルクリーニングをやってみると大きいブラックだけがなんとか出るようになりましたがMとCがわずかに印刷されましたがYとBKはほとんど印刷されません。

 

 

強力クリーニングというのもやってみましたがほとんど効果がありませんでした。

 

5年使ったのでもう寿命かな~

 

急いで印刷したいのがあるので新しいプリンターを買うしかないですね。

 

 

 

 

寒いときには「おでん」がいいですね。



調理済みなのでパックに入った「おでん」を袋のまま湯煎してもいいし鍋に入れて温めてもOKと簡単にできるところも大好きです。

家族が多かったときは大きな鍋にたくさんの具材を入れて作ったものですが夫婦ふたりだけになると少しあればいいので重宝しています。

賞味期限も製造日から180日と長くて常温で保存ができるのでいくつか常備しておけば非常食にも使えます。

味もおいしいのでおすすめですよ。




長男の部屋を片付けていたら昔懐かしい「マリオカート」のぬいぐるみが出てきました。



たぶん長男が高校生のときくらいにUFOキャッチャーでゲットした景品でしょう。

20年以上前のものなのですがぜんぜん古くなっていないのでビックリ。

正月に孫が任天堂スイッチで「マリオカート8 デラックス」を熱心にやっていたのを思いだしました。大画面テレビに映る映像の美しさには時代を感じますね。

スーパーファミコンの時代からもう20年以上も経っているのにマリオの人気はすごいです。

今度孫が来たらこの「マリオカート」のぬいぐるみをプレゼントしてみます。喜ぶかな?