ー1/16ー


朝5時半起床。


6時半頃、朝食を済ませ

7時に本日のガイド、エドガーさんにホテルまで迎えに来てもらい、

バスでマチュピチュへ向かいます。


{B3052DF9-BDDE-452A-8D1C-B41FA2C83253}



エドガーさんは、
昨日色々お世話になった
アルベルトさんに紹介して頂いた、

日本語ペラペラなガイドさんです。


そんなエルガーさんと共に

もう二度と行くことは無いと思っていた
マチュピチュへ。。





というのは、
前回マチュピチュへ行った時、

気管支炎になり、

序盤だけ小雨が降っていて
更に高山病予防もしていなかったので、

息切れも半端なく、


とにかく、


ただただしんどいだけだったので。。



ここは一度だけで十分だと思っていたから。笑

 
でも今回は、

高山病の薬、ダイアモックスを
飲んでいたせいか、

そんなに息切れもしなかったし

体調は万全!





とは言え、階段を登る時とかは

やっぱり足が重たかった。。

 




エドガーさんのガイドは
日本語もとても上手で、 

遺跡の話も理解しやすく


 

また、
ジョークがマシンガンのように
飛び交って、


終始私達を
楽しませてくれました(≧∀≦)




お天道様にも恵まれたおかげで

雲ひとつないマチュピチュを
カメラに収める事も出来たし、



二度目にしてマチュピチュの良さを

全身で感じれたような
気がしました。



{6E05B9BD-5CAB-4DE3-8040-29CEC3BB1745} 




{59CA80AE-57C3-417A-8C95-EEF867309427}




{44175C1C-6067-4053-8E93-1F20BCEEF513}




{DF12D696-2DB0-40E5-BA59-1CBCCC45F783}





{12CF16EC-A4AE-4D96-8A7C-8225168DE254}




{A584CBFE-1565-4E4E-B011-A04E9CC7A4A7}





{DDE48823-B261-4B3B-BCCF-C8A0BBC72467}





11時半頃、

再びバスに乗ってマチュピチュ村へ戻り、

toto's houseというレストランで昼食を。



前回ウユニで食べたパスタが
激マズだったので

警戒してたのですが、


ここのパスタは意外と美味しかったです。
(とか言いながら写真に収めることをすっかり忘れてました。笑)




それよりも、ハワイアンピザが
めっちゃ美味しかった!!



私は野菜を欲していたので
グリーンサラダも注文し、


それを6人でシェアして
丁度良い量でした。

{344F25B3-D038-4240-8FD0-7FBF895435BE}

 




その後、泊まっていたホテルへ
預けていた荷物を取りに行き、



PERURAILに乗って
オリャンタイタンボへと戻るのでした。



AD
やはり旅行ブログというものは
リアルタイムでは投稿できないものですね。。
 
忘れてるわけではないんですよ!笑


Wi-Fi環境や、みんなが寝ているすきにひっそり書いているので。。。


まだマチュピチュ遺跡にも到達してません(T-T)


現在私はもうウユニ塩湖に来てます。笑

早く、素敵な写真や思い出をここに書き留め、コメントしてくれている方、いいねしてくれてる方に見てもらいたいのですが

もうしばらくマチュピチュあたりをお付き合いくださいませ。。m(._.)m




・・・・・・・・・・・・・・・・



ー1/15ー

  


PERURAILに乗った私たちは


約2時間後、
マチュピチュ村に到着し


ホテルに荷物を預けて、
街を散策しにお散歩へ♫



{1BC24A4C-86A4-4C8D-BBAC-1AA1845E400A}




{4DFF90D7-C7F0-427F-8716-E6244E1A1114}
↑踏切のない線路に走るPERU RAIL

 

{9F5E143A-14B0-4075-8CCD-C227AE0B358D}
↑ゴミ箱はカエルの口。。
橋のフェンスには南京錠が沢山!


{2D1DDBD5-52F5-4DC0-B156-1D938DA72386}
↑お土産売り場は
写真を撮るのが楽しかったです♫


{7BC5BC2E-50D0-46D5-AC9D-BE2DAA1F52EC}
↑美味しそうな食べ物達。

 
{1A4FED4F-3878-49D7-B143-82160174EF63}
↑南米あるある。
街中にはワンちゃんがいっぱい!
(早くエイミーに会いたい…)



お土産屋さんをプラプラした後
  
前回も行った温泉へ。


{5CA82867-04F2-4D2B-B365-071B38C8547D}

この日もここにたどり着いたのが遅かったため、

温泉には入らず
外から看板だけをパシャリ。。



{61AF412D-FAD5-4E32-8273-4672CB471F75}
↑こちらのお2人は一緒に旅行している新婚さんご夫婦です♡



新婚旅行で南米旅行なんて
羨ましすぎる!!!



↓中はこんな感じになってるみたい
{7ECB3F16-CA78-457E-9DB1-5366F3D6C0F8}
(tabi-travel.com)



この温泉は、


日本人で一番最初に
マチュピチュ遺跡を見たという
野内与吉さんが

1917年に官約移民として
ペルーへやってきて、


マチュピチュ遺跡の麓にある
大木を切るお仕事をしていた時
 

たまたま切った木が倒れた時に
地面に穴が開いてしまい、


そこからたまたま温泉が
湧き出ていたから

石で囲って現地の方々が
入れるようにしたのがきっかけで
出来た温泉だそうです。


 
その後、

野内さん自身が自ら 
木造のホテル・ノウチを建て、



村で機械などが壊れ、
困ってる人がいたら修理をしてあげたり


火災などが起これば、
村人と共に政府への支援を要請し、

復興への足場の作り方を教えたり、


発電所を作ったり。。。


とにかく、
7つの職を持つ男と言われるくらい
村人のために色々していた結果
 

野内与吉さんは行政官となり、
やがて村長になったのだそうです。





マチュピチュ村の村長は
日本人だったってことが、


二度目のマチュピチュ訪問で
初めて知った

衝撃的発見なのでした!



その情報も全て、
マチュピチュのガイドをしてくれる
エドガーさんから教わった情報です。



もっと詳しく知りたい方は、
エドガーさんに頂いた
こちらのYouTubeをご覧ください!






温泉のくだりが長くなってしまいましたが、


そんな感じで街を徘徊し

その後
これまた前回も行った
“indio feliz“へ夕食に行きました。 


{8A8384AA-5879-4A42-A4CC-14A70FA32BC6}



{D603415D-4F05-49FB-A04E-4A191AF170E7}
ここのお店は雰囲気も良いし
全体的にボリューミーなので
一品を2〜3人でシェアするくらいがちょうど良いかも☆


私たちは牛肉の ステーキを頂き
(また名前忘れた。。)

サラダとスープでお腹いっぱい!



手作りポテトチップスが
サービスで付いてくるのですが

これが結構美味しかったです♫




お値段は他のお店と比べたら
高い方かもしれないけど、


私は、
もしまたマチュピチュに
来ることがあれば

絶対ここに来てしまうと思います。。(*´-`)





そんな感じでご飯を食べて、
明日のために早めにホテルへ帰宅。




明日は
いよいよっっ!!!!





楽しみ過ぎて寝れないかと思いきや秒殺で眠りに落ちましたzz








AD

クスコ到着。



ー1/15ー


朝6時半に起床し、
8時前にホテルで朝食を頂き


8時半に出発。




リマ→クスコへと

再び飛行機に乗って移動します。




大体2時間くらいかな?

割とすぐにクスコへ到着。


{060D6E34-B9DE-4F76-BACA-5E84FA390012}



一緒に旅をしている友達が
以前ペルーでお世話になった

“アルベルトさん”  が、


今回コーディネーターを
してくれるとのことだったので


運転手さん付きの車で
ピックアップしに来てもらい、



クスコで泊まるホテルまで
大きな荷物を置いて更に

車を走らせること約二時間。



{E1667D3E-25B1-4E94-8278-0A4C41183F0B}
↑この車で移動

 

{5E65575B-E1C9-4343-BEE8-0007EBFB7D12}
↑ホテルのロビーにあったコカ茶




車を走らせる事、数十分かな?

まずは昼食をとりに
PUKA PUNKUというレストランへ。



{497611A7-86E2-45FC-9DC0-69B546891AD0}



{4A03F2B3-E454-4712-85DE-594BCD5DF1FD}



{E1BD0A2C-76D9-4684-9BE7-4E69B9BE3D31}
↑ご飯はブュッフェスタイル




{6BA590DB-70D4-4E03-8441-CD13E466C692}


腹ごしらえを終えたところで
再び車でバモス!!





アルベルトさんは
日本語も英語もスペイン語も
話せるから、

道中に少しスペイン語を 
教えてもらったり、



ペルーの山岳地帯クスコの「Sacred Valley(聖なる谷)」の中腹にある、

“The Skylodge Adventure Suites”
と言う空中カプセルホテルを 

再びカメラに収めたり



ブログ内容を考えてたりしたら


あっという間に
オリャンタイタンボへ
到着してました。




{C23DFE2B-B541-4831-91E1-CE010F52EBC3}
↑地上400メートルを自力で登ってホテルまで行くみたい。



{B947E92C-E477-4D21-84ED-FED842278EE4}
↑なかなか予約も取れなくて、宿泊代もそれなりにします。汗






この後更に
オリャンタイタンボから
電車に乗って、

マチュピチュ村へ。



からの、

お久しぶりな
マチュピチュ遺跡です!

 
 

人生2度目のマチュピチュ。。


前回が色々大変だったから
今回はどうなるのか。。、




半分不安と半分楽しみが入り混じる心境なのでした。




{1538AB3B-33F6-4B8C-9CBA-C3FF3B0B8419}
↑これに乗って行きます。




AD