世の中に役に立つ情報館

皆さんの日々の暮らしに役に立つ情報をお伝えします。


テーマ:

人生のテーマ 

  

忘れられない一つの詩がある。

 

15歳の重度脳性まひの少年が、その短い生涯の中で

 

たった一遍、命を絞るようにして書き残した詩である。

 

   ごめんなさいね  おかあさん    ごめんなさいね  おかあさん

 

   ぼくが生まれて ごめんなさい

 

 

   ぼくを背負う かあさんの 細いうなじに ぼくはいう

 

   ぼくさえ 生まれなかったら   かあさんのしらがもなかったろうね

 

   大きくなったこのぼくを 背負って歩く悲しさも

 

 

   「かたわな子だね」 とふりかえる  つめたい視線に泣くことも

 

   ぼくさえ 生まれなかったら 

 

 

   ありがとう おかあさん    ありがとう  おかあさん

 

   おかあさんがいるかぎり   ぼくはいきていくのです

 

 

   脳性まひをいきていく

 

   やさしさこそが大切で  悲しさこそが美しい

 

   そんな人の生き方を  教えてくれた おかあさん

 

    おかあさん  あなたがそこにいるかぎり

 

 

作者は、山田康文くん。

 

 

生まれた時から全身が不自由で、口も利けない。

 

通称やっちゃん。

 

 

そのやっちゃんを、養護学校の先生であった向野さんが抱きしめ、

 

彼の言葉を全身で聞く。

 

 

向野さんが言う言葉が、やっちゃんの言いたい言葉だったら、

 

やっちゃんが、ウインクでイエスのサイン。

 

 

ノーの時は、舌を出す。

 

気の遠くなるような作業を経て、この詩は生まれた。

 

そして2か月後、少年は亡くなった。

 

 

自分を生み育ててくれた母親に報いたい。

 

その思いが、この少年の人生のテーマだったといえる。

 

短い生涯ながら少年は、見事にそのテーマを生ききり、

 

それを一遍の詩に結晶させて逝った。

 

 

生前、一言の言葉も発しなかった少年が、生涯を懸けて

 

歌い上げた命の絶唱。

 

この詩が、私たちにつきつけてくるものは、思い。

 

人は、皆、一個の天真を宿してこの世に生まれてくるという。

 

その一個の天真を深く掘り下げ、高め、仕上げていくことこそ、

 

各人が果たすべき、人生のテーマといえるのではないか。

Simplog 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

「私は、家族への大きな愛を持っている」

 

と言うのは、ウソつきの人?

 
 

「人間は小さな事に弱い」と言う心理は、

 

愛についても言えます。

 

人は、世界や人類に対する大きな愛については、きわめて

 

鈍感です。

 

言葉のムダ使いは平気でやるものの、そんな愛については、

 

何も信用していないのです。

 


しかし、小さな愛については、実に敏感です。

 

「奥さんや子供を愛していますか?」と尋ねられたら

 

誰でも「イエス」と答えるはずです。

 


しかし、どんなところ? どんなふうに?と尋ねられると

 

誰もが、はたと困り果てるのです。

 

愛などと大上段に構えられると、どうにも返答のしようが

 

ないのです。

 


こんな時、「家族を大きな愛で包んでいます。」と答える人

 

がいたら、その人は、よほど単純なひとか、相当の皮肉屋さん

 

か、うそつきな人です。

 


なぜなら、大きな愛などというものは、実際には、存在しないから

 

です。

 


だからこそ、たいていの人は、「奥さんやお子さんをどのくらい

 

愛していますか?」という問いにきちんと答えられないのです。

 

人は、なにげない小さな出来毎や思い出を愛しているのです。

 

人は、心の愛やテレビドラマに出てくるカッコイイ愛などには、

 

心ひかれないものです。

 


例え、恰好が悪くても、いくら無様でも、まっすぐな本心が

 

見えると心を動かされるのです。

 


愛というものは、そんな小さな出来事が積み重ねられて

 

いるに違いありません。

 


恐らく人間は、大きな愛などは、いつまでたってもよく分からず

 

ただポツンと灯る小さな愛の出来事を、後生大事に胸の中に

 

しまっておこうとするものなのでしょう。

 


だから人は、小さな愛に弱いのです。

 



 
 










 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

出世すると友達は、減るのか?

 

 

昇進には代償が伴うことがあります。

 

それまで親しくしていた職場仲間が急によそよそしくなる、

 

あるいは足を引っ張ろうとしているのではないかとお互い

 

疑心暗鬼になる、というのは日本でも欧州でも変わりません。



ではそもそも友情とは何か、どのように友人ができるかという点

 

考えてみましょう。

 

 

多くの場合、私たちは何か似たところがある人を選んで友人と

 

なります。

 

価値観や道徳観念が似ている、あるいは年齢が近い、

 

同じ性別だとか、共通の趣味がある、といったことですね。
 

 

しかし、一方が昇進すると以前ほどの共通点が見られなくなります。

 

友情は本来対等で、パワーバランスが変われば変化が起きます。

 

価値観が変わるし、収入が違ってくることで生活が変わることも

 

あるでしょう。

 

友情を維持しようとしたら、そういった変化を乗り越えねばなりません。

 

 

しかし、仕事だけが友情にヒビを入れる原因となるわけではありません。

 

友人の結婚、あるいは子供ができて疎遠になったという経験は誰しもが

 

あるのではないでしょうか。
 

もう一つ忘れてならないのは昇進によって、それまでとは違う責任が

 

発生することです。

 

 

それまで友人だった部下の提案やプランを上司として却下することも

 

あれば、配置転換、あるいはリストラで解雇することすらあるかも

 

しれません。

 

かつてとは違う権力がともなったことで、関係性に変化が生まれ、

 

それまでと同じ友情を維持することが難しくなることもあります。

 

さらに片方が先に階段を上ったことにより競争意識が煽られる

 

こともあるでしょうし、取り残された側に嫉妬心が芽生えることも

 

少なくありません。

 

妬まれて嬉しい人はいませんから、上司になった側も、それまで友人

 

だった部下に対して警戒心や不信感を抱くようになります。

 

■職場の外で友人をつくるメリット
 

こうして上司としての役割と、友人としての役割の間に摩擦が生じる

 

ことになります。

 

残念ながら、常に上司と友人の役割を両立させられるとは

 

限りません。

 

それぞれの役割において求められる振る舞いや言動は違うのです。

 

こうして、お互いに新しい関係性の中で適応することができず、

 

今までの友情にヒビが入って関係が疎遠となっていく例は珍しく

 

ありません。

友情と職場の人間関係を切り離すことは可能なのか、という問いが

 

あります。

 

もちろん不可能ではありませんが、職場で上司と部下という関係に

 

なった2人が職場の外で全く別の関係を築くことは困難といわざる

 

をえません。

 

幸いにして私自身は、昇進のために友人を失ったという経験は

 

ありません。

 

というのも、私の友人の大部分は全く違う分野にいる人たちばかり

 

だったからです。

 

友情と職場の人間関係が衝突する事態そのものがないわけです。

 職場の外で友人をつくることには数多くのメリットがあります。

 

いつも職場の人たちと一緒にいると、結局一日中いつまでも仕事を

 

引きずることになりますのでストレスが増え、燃え尽き症候群に

 

つながることも多いのです。

 

体にもよくありませんし、精神衛生上もいいはずがありません。

いつも似た地位や職業の人たちとばかり付き合っていたら発展も

 

成長もありません。

 

全く違うライフスタイル、考え方、職業を持つ人たちと付き合うことに

 

より、ものの見方が大きく広がり、お互いに助け合い、ネットワークを

 

広げることが可能になります。

 

結局、女性が男性より昇進において後れをとるのは、この「顔の広さ」で

 

差をつけられているという側面が大きいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

失敗は、全て自分のせいである!

 

 

 

 

今日の話は、前回に続いて、幸田露伴の話です。

 

前回もお話ししましたが、露伴は、人生おいて

 

運を大切に考えています。

 

運と言うと、他に依存した安易で卑俗な態度のように

 

思われがちです。

 

 

しかし、露伴は、人生における成功者を失敗者を観察し

 

一つの法則を発見します。

 

 

「大きな成功を遂げた人は、失敗を人のせいではなく

 

自分のせいにする傾向が強い。」

 

 

物事がうまく行かなかったときや失敗した時に、

 

他人のせいにすれば、自分は楽です。

 

物事をこのように捉えていれば、自分が傷つくことは

 

ありません。

 

悪いのは、他であって自分ではないのですから

 

気楽なものです。

 

しかし、こういう態度では、物事はそこで終わってしまい

 

そこから得たり学んだりするものは、なにもありません。

 

失敗や不運の原因を自分に引き寄せて捉える人は

 

辛い思いもするし、苦しみもします。

 

しかし、同時に

 

「あれは、ああでもなく、こうすればよかった」と言う反省の

 

思慮を持つことにもなります。

 

 

それが、進歩であり、前進であり、向上と言うものです。

 

失敗や不運を自分に引き寄せて考えることを続けた人間と

 

 

他のせいにして済ますことを繰り返してきた人間とでは

 

かなりの確率で運のよさがだんだん違ってくるということです。

 

幸運や不運は、気まぐれや偶然のものではありません。

 

自分のあり方で、引き寄せるものなのです。

 

 

「失敗したら必ず、自分のせいにせよ」

 

 

露伴の説くシンプルなこの一言は、人生を後悔しない為の

 

何よりの要訣ですね。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「うさぎは必ず寝る」、「亀はいざと言う時走る」という法則

 
 


 今まで成功してきた人は、新たな取り組みに

 に対して、ほとんど、なかなか取り組もうとしませんね。


なぜなら、いままで成功してきたので、


「いままでのやり方が一番だ!」という自信があるからです。

こういうとき、いままで上位だった人ほど、

ゆっくりしてしまいます。 腰が重いのです。


この現象を動物に例えて言うなら、「うさぎは、必ず寝る」

でしょうか。

 


それもそうですよね。

今までのやり方で成功してきたのだから、なかなか新しい


手段に
変えるってのは勇気がいりそうです。

 

そういうとき、腰の軽い新参者とかが、サラっと導入


しちゃって、
新しい手段で、うまくいけば、やり方を教えて


あげれば
いいんですね。

 

この現象は、「亀は、いざと言う時には走る」でしょうか。

 

仕事でもなんでも、スタートが早い方が有利に決まっている。

でも、新しいやり方が入ってきたときも同様。

そっちのスタートを早くきればいいんですね。

 

新しいやり方をサラっと導入するクセをつけていきたいと


思います。


 


 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「周囲のマイナスイメージに」飲み込まれるな!



 
  

 

 

時として、周りからいい人、優しい人と言われた人は、

 

常に悲観的な考え方の人に頻繁に影響してしまう。

 

これは、悲観的な人の長い愚痴や悪口を聞いたあとに、

 

自分自身も精神的に参ってしまうのである。

 


一度や2度は、あなたも経験があるはずである。

 

ただのいい人は、悲観的な考え方の人に感染した後も、

 

「これで相手が癒されるのであれば、それでよい。」

 

と、自分で納得する。


 

これは、ある意味で、泣き寝入りと類似している。

 

悲観的な考え方の持ち主は、聞いてくれた人の同感

 

の言葉を待っている。

 


その言葉をいい人が発した直後に、彼は一気に、いい人の

 

懐に入り込むのである。

 


いい人のことを運命共同体としてとり込もうとするのである。

 

さらに、同調しようものなら、さらにまくしたてる。

 


一方的かつ狭い視野での、偏った悪口一色の話題で、あなた

 

の心を完全に包囲してしまう。

 


このバランスを書いた、ヒステリックな中傷語は、聞いている側の

 

心を疲弊させて、その後も相手は、会うたびにあなたに、誰かの

 

悪口を演説する。

 


そして、相手は、すっきりし、いい人は、またその分疲れるのである。

 

ここで、いい人は、大きな勘違いをする。

 


「彼の話を聞いて挙げれるのは、私しかいない。」

 

こんなものは、「やさしさ」でもなんでもない。

 


挙句の果て、どんどん悲観主義者に感化されていくのである。

 

ここで、一番かわいそうなのは、悲観主義者に寄生された

 

「ただのいい人」である。

 


そうならない為にも、そういう話は、遮断しよう!!

 

無反応を決め込んでもよいのである。また、注意してもよい。

 

それで、関係が切れるのなら、願ってもない事と割り切るしかない。

 


ただのいい人になって、悲観主義者のはけ口になっては、

絶対にいけない。

 


そんな事にエネルギーを使わずに、積極主義、前向きな人の

 


パワーをもらうべきなのである。

 

 

                    

 

 

                    
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

思い切って自分に100点満点をつける。

 
 
 
 

他人に対して、不満を持ったり、不公平感や悪意を抱くと

 

他人ばかりでなく、自分に対しても、抜き差しならない

 

重大な不信と悪意が芽生えてきます。

 

いつも自分を批判的な目で見なくては、気がすまなくなって

 

しまうのです。

 

自分に50点をつければ、×のついた半分の50点は、恐れと

 

なって自分に降りかかってきます。

 

×のついた半分の50点を恐れが支配してしまうのです。

 

人間の心は、もともと100点満点に出来上がっています。

 

だからこそ、あるがままの自分に思い切って100点満点をつけて

 

あげればいいのです。

 

すると、「今のままでいいのだ」 と言う事がすっきりとした形で

 

わかってきます。

 

目からウロコが落ちると言うのは、まさしくこの事です。

 

それまで、「これではいけない」  「なんとかしなければ」

 

「自分は、間違っているのでは、ないか」 といつも落ち着かない

 

気分であたりを見回していたのが、まるでうその様です。

 

失敗しても、しくじっても、例え間違ったとしても、

 

自分は、100点満点。

 

あるがままの今の自分

 

-----それを変える必要など少しもなかったのです。

 

すると頭の中は、空っぽになります。

 

100点満点なのですから、他人の評価が少しも怖くはありません。

 

そう気がつくと、自分のやりたいことに挑戦する勇気がもりもりと

 

湧き上がります。

 

失敗するかもしれない?   全然構うものですか。

 

他人がどう思おうと、文句をつけるつもりはありません。

 

例え厳しい採点をもらっても平気。

 

それが、あるがままの自分であれば、それで100点満点。

 

今の自分に100点を付けると、新たに自分の×を発見するたびに、

 

得をしたような気持ちになります。

 

×の発見は、そこから上がりの階段が開かれるプラスアルファーの

 

儲けものなのです。

 

×を発見されて気落ちしたり、怒りだすのは、自分に50点をつけて

 

いるからです。

 

×の50点のなかの恐れが恥に代わってしますから、それを必死に

 

隠そうとするのです。

 

あるがままの自分に100点満点をつけなさい。

 

もっと情報を知りたい場合は、ここにお願いします。


                           

 

                           

 

              この夏の季節  自宅で簡単!すべすべの肌で、あなたもモテキ到来!                            

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

タフな人は、心の柔軟さにより生まれる。

 
  
 

自分は、王様だと思っている人は、心が繊細なクリスタルガラス

から
出来上がっていることに気がついています。

 

だから王様のように、「自愛の精神」をしっかりとたずさえ、心が

傷つ
かないように注意深く振る舞うことが出来るのです。

 


これが、自信と誇りに満ちた堂々たる王様の生き方というもの

でしょう。

 

この自愛の精神は、百点満点の発想法と言い換えてもよいでしょう。

 



しかし、「自愛の精神」と聞かされても、いったいそれが何であるのか?

 

多くの人は、面喰うでしょう。

 


エゴイズムや身勝手も、「自愛の精神」に違いないのです。

 



しかし、自愛とは、自分に百点満点をつけることだとわかれば、

自愛の
精神をもつ王様の気持ちが理解できるはずです。

 


あるがままの自分に満足し、そのままの自分を大切にすること。

 


タフネスの正体が、徐々にはっきりしてきました。

 


心のタフネスは、心を鍛え上げる事ではなく、どうやら気分転換と

いう
「心の柔軟さ」によってもたらされるようです。

 


そして、もうひとつのポイントは、不可侵領域にある心には、やたらに

手を
触れてはいけないと言うこと。

 


それが、何者にも支配されない王様の心---百点満点の発想。

 

というとたいていの人は、意外そうな顔をしています。

 


ノイローゼにかかったり、「心の病気」に悩むのは、

「心が弱いからだ」

 

と思い込んでいたからです。

 


心には、悪い心と良い心があると頭から信じていたせいです。

 

ところが、心には、弱いも、強いも正邪も美醜もありません。

 


現実社会とは、まったく別の次元にある心を、現実社会の価値観

定規ではかると言うのが、そもそも大きな間違いなのです。


 

もっと柔らかくするには、ここをクリック!
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「やらずに済む事」をとことん、やってみよう!

 

 
 

世の中には、2種類の人がいる。

 

「仕事をしている時の自分が、本当の自分」と言う人。

 

もうひとつは、

 

「オフタイムで仲間や恋人や家族と過ごす自分が本当の

自分」
と言う人。

 

これらの2つは、自分の生き方なので、どちらでもよい事

である。

 


どりらかが、輝いていれば、人生は最低限充実するの

である。

 


中には、2つとも器用にこなす人もいる。

 


すなわち、厳密に言えば、どちらかだけ輝くのではなく、

できれば、
オンもオフも生きる事を楽しめる人生が理想

である。

 


そうなる為には、まずオフから充実させる事が重要

である。

 


なぜなら、「仕事を頑張らない人はいない」からである。

 


労働意欲を失った一部の人々を除いて、多くの人は

仕事を一生
懸命頑張るのである。

 


厳しい上司の目や、査定制度のおかげで、仕事は放って

おいても
ある程度までは、本気で頑張れるものである。



 
  


一方、オフタイムの遊びや恋愛などは、どうだろうか?


こちらに関しては、誰も尻をたたく人がいないのである。

 


それゆえにすぐに、「サボってしまう」のが人間である。

 


時間があっても家で「ゴロゴロ」、友達も会社の同僚

数人だけ。

 


これでは、積極的にオフを楽しんでいる状態とは、

程遠くなる。

 


遊びをサボらないようにするには、しっかり遊びの予定

を手帳に
具体的に書き込む事である。

 


遊びも仕事の一環として捉えるのである。

 


例えば、一年先の夏休みの予定を大きく書き込んで

しまう。

 


「来年は、必ず恋人や家族と石垣島いに行く!」と

書けば、
日々の仕事に成り合いが出来る。

 


「今こうして頑張っているのも、来年石垣島に行く為。」

思える。

 


そう思えるだけでも、呼吸は深くなり、脳には、快楽が

走る。

 


日々の多少の苦しみだって乗り越えられるのである。

 


日本には、仕事一色に染まり、

「魅力的な人間力やセンス」
を失った人間が多い。

 


学生の時には、表情豊かで、魅力的だった男性が

 


数年会社で働くと、中には、非常に残念な人も

出てくる。

 


半数は、面白みとセンスが削りとられ、ただ毎日

会社に
通い、心のこもらない作業をこなす抜け殻に

なるのである。

 


こうならない為にも、オフの時間を確保して、そこでは、

もっと
「本当の自分」 

 


「仕事では、使わない自分」を出していきたいもの

である。

 


とにかく、仕事から離れて、徹底的に遊ぶのである。

 


「遊び」を通してあなたの完成度や表現力は必ず

磨かれる。

 


思いもよらない奇跡的な発想の新商品や、新サービス

の中には
「意外なものの組み合わせ」や

「有り得ないモノ同士の組み合わせ」

 


で誕生したものがある。

 


これらは、すべて仕事一筋のまじめな発想からは

生まれない。

 


全く別の角度から普段の仕事を見つめてこその

発想である。

 


オフでの遊びの追及、自分磨きの追及がまったく別の

世界を広げ
それが、転職や独立への突破口になる事

もあり得る。

 


オフの充実、つまり「遊び」は、本来ならやらなくても

いいことである。

 


しかし、その「やらなくてもいいことを、やりきる事の

大切さ」が
人生において非常に重要なのである。

 
あなたも、これをやり抜きましょう。
 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

一流の人とは?

 

今日のお話しは、一流の人のお話しです。

 

 

最初にプロゴルファーの石川遼君のエピソードです。

かれは、あるゴルフクラブのトイレに行った時、


洗面所で手を洗った後、洗面谷に飛び散った水しぶきを


きれいにふき取ってから、出ていくそうです。


なぜそんなことをするのかというと、


「次の人に気持ち良く使ってほしいから」だそうです。


かれ自身、そんなことをしても、何のメリットもありません。


そいゆう心遣いができる所が、多くのファンができるゆえん


でしょう。


自分の事だけでなく、次に作業する人のことを考えた


「思いやり」のある仕事を心がけたいものです。


さて、本題に戻ります。


ある著名な経営者に、「一流とはどういうことですか?」と


質問しました。


彼は、「飛行機のファーストクラスのトイレを見なさい」と


言いました。


ファーストクラスのトイレの手洗い場には、水滴ひとつ


落ちていない。


使った人が、後のことを考えて、丁寧に拭くからです。


エコノミー席のトイレと比べて見るとよくわかります。


ホテルでも同様で、スウィートルームのお客さんは、


チェックアウトする時、まるで使っていないかのように


ベッドのかけ布団を元通りにして、部屋を出ていくのだ


そうです。


何を言いたいのかと言うと、お金持ちだから一流なのでは


ないのです。


普段からそういう振る舞いができる人が一流で、だからこそ


成功を手にしているのです。


我々も、周りのひとへの気遣いを忘れないように、したい


ものです。

 



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。