こんにちは!
あっという間に土曜日がやってきました。

今夜もあります、clubhouse。


👟正しい『子どもの靴教育』座談会👟#10 テーマ「子どもの足のサイズをみるポイント」👟Saturday, April 17 at 10:00pm JST with Yusuke Hayashi, 吉村眞由美シューエデュケーション. 新年度、そして夏に向かう時期。夏に足のチェックすることは必須だと言われています。計測器を使わないサイズの見方など、基本でありながら重要なテーマについて吉村先生に伺います。靴教育の専門家・シューエデュケーション…リンクwww.joinclubhouse.com




先週の検討会を経て、来月からは以下の区割でテーマ選びをし、参加の方々と内容を掘り下げて行くことになりました。

これまでは、幅広く子どもたちの足や靴のテーマを取り上げてきました。

しかし、広すぎて、今一つ自分の興味関心とフィットしない方もいらっしゃったのではないでしょうか?


その部分を、焦点を絞っていきます。

満足度を高めます。繋がりを強めます。

新しい柱・4つのグルーピング
①幼児に関わる大人(親や先生)
②小学生に関わる大人(親や先生)
③中高生に関わる大人(親や先生やコーチ)
④幼小中高の養護教諭・子どもに関わる医療職の皆様


こんな属性・対象に分けて、より具体的な語り合いで、皆さんの疑問を払拭し、気付きを導くお手伝いをします。

clubhouseの時間は

毎週土曜日の22:00ぴったりから、

23:00には終了の予定でいます。

今夜もやります。


今夜のテーマは、靴のサイズ選びの基本情報。


4月に靴を新しくしたお子さんはとても多いと思います。

靴のサイズは合っていますか?
また、刻々とキツくなっていく靴のサイズと足の大きさとのチェック。

どんな風にしていますか?


知っているようで知らない情報。

間違って覚えている情報。

結構あるんです。
保育施設や学校が始まる4月だからこそ、押さえておきたい基礎情報。



ネット購入サイトからお借りしたこの写真は、shoes garage様の製品。

子どもたちに人気の「ワンタッチダイヤルシューズ」。

「1秒で履けて、2秒で脱げる!」


なんて心躍るキャッチコピーでしょう!

子どもたちの「早く遊びに行きたい!」という願いにぴったりと寄り添ってくれますね。






早く履ける、早く脱げる!→子ども達はワクワク

抗菌機能。→親は安心♡

2枚のインソールでのサイズ調整。→親は助かる♡

某大学の先生のお墨付きも…。→親は安心♡


保護者の信頼を得つつ、子どもの心を掴む。

これができている靴は、売れ行きも良い靴です。


たーくさんある子どもたちの靴の中から、

どんな靴をどう選び、

どう履かせるのが良いのか?


親として、先生として、知っておきたい情報とは?


何が1番大事で、何が2番目に大事で、3番目は…?


何は大事ではないのか?


靴の情報は、これまで注目が薄かった分野。

新しい子育ての基礎情報であり、

これからの先生の教育力の大きな柱なのです。


対話ができる貴重な場所clubhouse。

リアルな子ども靴の今を、語り合い、

考え合いましょう。

ぜひ聴きにきて下さい。