脚には義足 手なら義手

 

 声を失くせば 擬声あり

 

 

 

 

時代は 刻々と進化し

出来なかったことも

次々 可能となってきました。

 

それまで 出来なかった時代に

辛酸を舐めた先人の血の滲む

熱い想いがあってこそ…です。

 

それが…

いま、次々と可能になった

原動力であることを

忘れてはならないと思います。