自分のこと

テーマ:
ダメダメの時もあれば、
イケイケの時もあったり、
クヨクヨした気持ちにもなれば、
ハレバレした気持ちにもなります。

僕を表す輪郭は、
くっきりしたものではなく、
もうちょっと曖昧で、
もうちょっとぼやけた感じ、
と言うのが近い。

{DE984C13-2254-4395-BFC6-773570AB4EA8}



僕と言う存在は、
自分でも気付かない
無数の要素でできてはいるけど、
その無数の要素を組み合わせたって、
決して僕には成らない。

組み合わせる順序、
組み合わせるタイミング、
組み合わせる場所とか、
要素と要素の間を埋めている
無数の関係性も考慮に入れる必要があるから。

つまり僕を形作っているものを
100%把握することは非常に難しいと言うこと。

だからこそ、人と関わるのは面白い、
と思っている。
分からないから知りたくなるし、
興味も湧く。

だけれど、
こうした知りたくなることや
興味が湧くってことは、
全員に全く違う視点や
全員に全く違う理由があり、
それぞれの個人的な世界観と同期している。

こうした差異の全てが、
この世界を照らし、
色を付け、
陰影を投げかけている。

他人から見て、
あなたに整合性や一貫性が
無いように見られたっていい。
あなたの中で納得がいっていたら、
それでいい。
それ以上必要なものなんてない。

僕は常に揺れ動き、
一定しない存在だから、
メソメソしたりクヨクヨする日もあれば、
ワクワクしたりドキドキする日もあるし、
コロッケにソース掛けたい日もあれば、
お醤油とマヨがいい日だってある。

そうじゃないですか?






AD