休日は釣り三昧!ラーメン屋のおっさんBlog
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

トンジギオマツリ騒ぎ!?~錦@HELLO’S(ハローズ)

 

にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
にほんブログ村

 

 

 

地球温暖化のフレーズも遠い昔

今年の寒さが普通だった気がする

ラーメン屋のおっさん@こてつです口笛

 

 

 

 

 

 

あ~~寒い寒いがついつい口から出る今日この頃笑い泣き

 

 

 

 

 

 

 

朝起きるとなんと-2℃でビックリでしたびっくり

私、釣行時には現場近くまで行って車中泊するのです

寝坊しても最短で駆け付けられるからw

 

 

 

 

 

釣り歴=車中泊歴と言っても過言ではない年数なのですが

私的「車中泊美学」とでも言いましょうかそういうものがいくつかありまして

その一つが

 

 

 

 

 

 

「就寝時、エンジンを掛けない!」

 

 

 

 

 

 

今まで川原・山中・駐車場・SA・港等々いろんな所で

車中泊をしてきましたが

一番迷惑なのがエンジンかけっぱなしの音の気がします

民家が近くにあったら住民が気になって仕方ないと思うんですえー

 

 

 

 

 

 

 

この氷点下でもエンジンを掛けずぬくぬくで寝てるわけですが

その話はまた今度って事でニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

さて先週はティップランでアオリイカを狙った訳ですが

今週は今期のメイン「トンイジギ」ですパンチ!

 

 

 

 

 

 

 

お店の方にトンジギ帰りのお客様が来てくれまして

話してたら暫定1位に付けていらっしゃる方だそうでびっくり

 

 

 

 

 

 

「こりゃぁ俺を挑発しにきたんか?ニヤリ

 

 

 

 

 

 

とか勝手にバトルモードを妄想してたり飛び出すハート

 

 

 

 

 

 

 

この釣行前日には「東紀州トンジギバトル」の参加艇

ゴールデイーグルさんとハローズさんが食べに来てくれてて

明日の出船時間を言ってってくれたり船波

 

 

 

 

 

 

はい、今週は「ハローズ」さんなんですけどね船

 

 

 

 

 

 

その後、釣りの世界では超有名な〇澤親子が

食べに寄ってくれたりで

流れが一気に「釣り」一色に笑

 

 

 

 

 

 

氷点下もなんのその

船のデッキも凍り付いてましたが

いつになく燃え上って乗船したのは

東紀州の海の釣りならなんでもお任せください!

錦のハローズさん船波

 

 

 

 

 

 

満月で照らし出され綺麗な海をポイントへGO

海が穏やかなのか全く船も揺れませんでした満月

 

 

 

 

 

 

 

ハローズさんの釣り座は予約順

私が一番予約でしたので一番後ろをゲット

お二人組がそれぞれ前のデッキと胴をとられ

もうひと方が私の隣の陣形

 

 

 

 

 

 

 

基本私はどこでも良いのです

場所代わってって言われたらいつでも代わります

 

 

 

 

 

 

今回は新たに投入する

 

 

 

 

オーシャントルク トンジギ ストレートガイドモデル

 

 

 

オーシャントルク トンジギ スパイラルガイドモデル

 

 

 

それぞれに

 

 

 

 

ストレートガイドモデルには

Marfix c3-LHに4号グルグル巻き((笑)

 

 

 

 

 

スパイラルガイドモデルには

DAIWA シーボーグ300に4号グルグル巻き((笑)

 

 

 

 

 

トンジギと銘打ってありますが

ターゲットのイメージを分かりやすくするためで

普通にジギングもキハダも出来るそうです飛び出すハート

 

 

 

 

 

 

それに予備の竿を持ち込んで

とりあえず手巻きで1本獲れたら

電動に持ち替えもう1本釣りあげる作戦

もたつく事も予想されたので

広く場所を使える最後部を取った訳で

 

 

 

 

 

 

 

ほら、ここんとこ一気に調子が上がって来たでしょ。トンジギキューン恋の矢

 

 

 

 

 

 

 

今まで全体で1本とかだったけど

各艇数本づつ確実に上がってる状況にラブ

 

 

 

 

 

 

 

ポイントに付くと海面は穏やかなれど

潮はぶっ飛びらしく

300g以上のジグを使う様にとの船長からの指示カラオケ

 

 

 

 

 

 

 

まだ使った事の無い400gをセットして

シャクリ地獄への扉が開かれたうお座

 

 

 

 

 

 

 

作戦通りまずはオーシャントルクトンジギのストレートガイドモデル

元気なうちは手巻きでハッスルコース筋肉

 

 

 

 

 

 

 

早々に隣の方にHITアップ

 

 

 

 

 

 

 

 

棚が近かったので2度ほどシャクッてみて当たりなし

取り込みの邪魔にならぬ様にサクサク回収してると

既にオマツリになってるみたいで笑い泣き

 

 

 

 

 

 

 

張らず緩めず掛かった人と合わせて回収し

無事水面に上がってきたのはかなりデカイぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

おや?もうひと方の仕掛けもオマツリしてるじゃないですか

かなりラインが出てるのかグチャグチャなのが見て取れるガーン

 

 

 

 

 

 

 

 

でもそこは百戦錬磨の船長さん

私のジグを外し、とりあえずトンボを船上に引き上げ

掛けた方もかなりの達者な方で

迷う事無く自分の仕掛けを切ってオマツリを外されてましたびっくり

 

 

 

 

 

20キロオーバー飛び出すハート

 

 

 

 

このサイズをここまで持ち上げられる体格の方でしたクラッカー

ひょろひょろの私にはとうてい真似できません笑い泣き

 

 

 

 

 

 

 

こりゃぁ今日はイケそうだぞチュー飛び出すハート

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻息荒くなりましたがこの日はオマツリが多発してまして

1匹掛けた隣の方にジグの重さを聞いて合わせ

オマツリしない様にしてたんですが

その向こうの向こうの向こうの方とオマツリしてたりガーン

 

 

 

 

 

 

右舷の後方角でやってたんですが

左舷の後方角に移動してオマツリ回避作戦

こういうトラブルって集中力が無くなりますもんねショボーン

 

 

 

 

 

 

 

隣の方が私の居た右舷後方角まで移動されてましたから

思う事は一緒だったのかも泣

 

 

 

 

 

とっても穏やかな海のアチコチで

鰹のナブラが音譜

 

 

 

 

 

 

ゴッ!

 

 

 

 

 

(。´・ω・)ん?

 

 

 

 

 

前触れもなく来た違和感に瞬時に合わせるもののHITせず

気のせいかなと思いながらも

10メートル程落としてシャクッてフォール×2回して回収ダウン

 

 

 

 

 

 

かじられてました笑い泣きガーンダウンダウン

 

 

 

 

 

 

その後隣の方にHITするも

またもやオマツリでもたつくうちにバレダウンダウン

 

 

 

 

 

 

 

 

終了間際に電動の方にHITするも

これまたオマツリでレインブレイクダウンダウンダウンダウン

 

 

 

 

 

 

 

 

私は誰か掛かって棚が近ければ数回シャクッて回収して待ちます

関係ない棚なら、即回収

それが正解かどうかは分かりませんが

かかった方に一番迷惑が掛からないのかなと

間違ってたり、良い方法があったら教えてくださいねラブラブ

 

 

 

 

 

掛けたの全部獲れてたらなぁ~

私はカジラレただけですけど(゚ε゚)キニシナイ!!

 

 

 

 

 

 

オーシャントルクトンジギ

まだ掛けてないのでシャクリ具合しか分かりませんが

400gのジグも重い!って感じも無く

ピッって止めるとそこからの跳ね上げで

対空時間?みたいなのも結構ありました

カチコチのパンパンってのではないですね

強い粘りというか曲がってからパワーがあるというか

大きくシャクッて跳ね上げるのはとっても楽に出来てGOOD!!

 

 

 

 

 

 

 

次回は「曲げて獲る」写真をUP出来ると良いですがキョロキョロ

 

 

 

 

 

 

ちなみに人力で掛けれなかったので

電動の出番はなく

最後まで人力でやってました

決めた掟は守り抜く男ですチュー

 

 

 

 

 

 

 

 

「船長!また来ますからてへぺろ

 

 

 

 

 

 

「まだまだ地獄は始まったばかりですよニヒヒ

 

 

 

 

 

 

 

だそうで笑

 

 

 

 

 

 

こうなったら行くとこまで行ったろやないか筋肉キューン飛び出すハート

 

 

 

 

 

エギングのままですが

応援よろしくお願いします笑

にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
にほんブログ村

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>