key's music navi

key's music navi

明日も今日の夢のつづきを


テーマ:
贅沢に聴きまくったお正月
 ちょっと一息 ニュートラルに
 七草がゆのような やさしいココロ触り
 ウエストコーストの職人が 頭角を現した頃

 



①Take It Easy
②Our Lady of the Well
③Colors of the Sun
④I Thought I Was a Child
⑤These Days
⑥Redneck Friend
⑦The Times You've Come
⑧Ready or Not
⑨Sing My Songs to Me
⑩For Everyman


ジャクソンブラウンの1973年リリースの2nd「フォーエヴリマン」です。まず注目は、デヴィットリンドレーがギターで初参加していることです。またバッキングヴォーカルとして、グレンフライ、ドンヘンリー、デヴィッドクロスビーも1曲ずつ参加しています。
そのグレンフライとの共作①から始まります。皆さんご存じの通り、イーグルスの大ヒットした1stシングルです。ここでは、ペダルスティールの存在感とドラムの刻みに耳がいく方も多いでしょう。out inする形で②へとつながります。おだやかな表情をみせるカントリナンバーで、ここでもスティールの心地よさが際だちます。ドンヘンリーのバッキングを擁した③はかなしげなイントロ~歌い出しですが、サビ前からの転調で明るく開けていくような印象を受け、シンプルな歌唱ゆえに、深いところまで沁みてきます。ビルペインのピアノとデヴィットリンドレーのギターで歌い出す④もさらりと歌っているように思えますが、しみじみ感が漂うのは、それがジャクソンブラウンの持つ味なんでしょうね。青春の日々という邦題がつけられた⑤はデヴィットリンドレーのあっぱれなスライドとジムケルトナー(ドラム)参加の、古き良き時代を想わせるカントリーバラッドで、なんと原曲はジャクソンブラウンが15,6歳の時に作ったようです。たくさんのカヴァー曲も作られていて、アレンジも様々ですので、聴き比べも楽しめますよ。シングルカットされた⑥は、ピアノでエルトンジョン(異名でクレジット)とバッキングボーカルでグレンフライが参加した軽快なカントリーロックでスマッシュヒットしました。一転、しっとりと歌われる⑦のサビでは、ボニーレイットがバッキングで歌っています。⑧ではデヴィットリンドレーのエレキフィドルが聞こえ、ジョニミッチェルのピアノとウィルトン・フェルダーのベースがフィーチャされた⑨とバッキングのプレイにも注目の曲が並びます。
そして、ラストを飾るタイトル曲⑩。ロックからジャズに至る様々なミュージシャンのバックでベースを弾くリーランド・スカラーデヴィットクロスビーが参加しているこの曲は、CS&Nの核戦争と放射能汚染をモチーフにした「Wooden Ships」へ答えた曲と言われています。
ゲイリー・マラバーのドラムとデヴィットリンドレーのスライドが盛り上げるエンディングも聴き所です。







ずいぶん前に、ジャクソンブラウンの他のアルバムをとりあげていますので、下記から読みに行ってくださいね^^
Late For The Sky

The Pretender

テーマ:
華やかな始まりもいいけど
 しみじみと・・・もいいね
 なおさら乾ききったココロなら
 じわーっと沁みる ホーボーソングで
 



放浪のSSWスティーヴヤングの1975年発表のソロ名義3作目「ホンキートンクマン」です。ここでも取り上げられている③をタイトルとした1stを1969年にリリースするのですが、前年にはSTONE COUNTRYというバンドでの活動もあったようです。アルバム毎にレーベルが変わっていることで解るように各地を転々と活動、またそのなかでヴァン・ダイク・パークススティーヴンスティルスとの交流も深かく、その音楽性に多大な影響を受けたようです。ちなみに4作目は、イーグルスがカバーしたSeven Bridges Roadをタイトルにしたものです。

さて、本作ですが、前半は、アーシーさが加わり、より郷愁を深めたハンクウイリアムスの⑤、南北戦争の悲哀を唄ったザ・バンドの⑥などカヴァーで占められています。特筆は、多くのカヴァーも生んでいるその⑥で、リヴォンヘルムの歌唱が絶品すぎて、オリジナルの印象が最強ですが、スティーヴヤングのヴァージョンの歌唱も渋さ満点で双璧をなすといっても過言ではない出来です。サビ部でのコーラスも効果的で、厚みを感じ、胸に来るモノがあります。
後半はオリジナルで、スローに流れるペダルスチールの上に乗っかる穏やかで伸びやかな歌唱が最高のリラックス感をくれる⑩、男らしさが詰まったカントリーバラッド⑪、スローブルースからの入りから一転、シンプルなピッキングが生み出す疾走感満点の展開が気持ちいい2nd収録曲⑫の再録がラストを飾ります。放浪ゆえに、備わった深みなのか、匠の技なのか、とにかく滅多にお耳にかかれない永世七冠並の趣のある作品です。


1. Honky-Tonk Man
2. Brain Cloudy Blues
3. Rock Salt & Nails
4. Rockin' Chair Money
5. Ramblin' Man
6. The Night They Drove Ol' Dixie Down
7. Traveling Kind
8. Sally Goodin'
9. Alabama Highway
10. Vision Of A Child
11. We've Been Together On This Earth Before
12. The White Trash Song





Ameba人気のブログ

Amebaトピックス