リンパと腸の健康を☆理学療法士まっちーのブログ【武蔵境駅徒歩2分やすだ整体院】

リンパと腸の健康を☆理学療法士まっちーのブログ【武蔵境駅徒歩2分やすだ整体院】

理学療法士×パティシエ×リンパセラピスト×美腸プランナーというおもしろいコラボで(笑)、みなさまの健康をからだの機能と食からサポートし、元気な人を増やしていきたいと思ってます\(^-^)/

パティシエ学校卒で、米粉スイーツマイスターで、リンパセラピストで、美腸プランナーという一理学療法士が、みなさんの健康を「からだの機能と食」の両面からサポートできたらいいな♪という思いで書いてます。将来的には、施術をしつつ、スイーツ教室やカフェ開業を。町の保健室のような場所を作ることが夢です(^-^)/

健康でハッピーな人がたくさんたくさん増えますように♥️


NEW !
テーマ:
おはようございますニコニコご訪問ありがとうございます。理学療法士のやすだです。


前回の続きです。前回は消化器とはなにか?ということ、そして消化器のメインになる消化管のことについて書きましたウインク



ところで、消化管の中で一番大切な臓器をご存知でしょうか??


消化といえば胃!!うんPうんちの通り道の大腸!?いえいえ、違います。


正解は小腸ですポーンポーンポーン


小腸と言ってもあまりピンと来ない方、多いのではないでしょうか?ここで、ざっくり胃腸の役割について説明しますねウインク




【胃】
◎食べ物を胃酸で粥状にして、消化のサポートをする。

【小腸(十二指腸、空腸、回腸)】
◎食べ物をさらに消化・分解し、初めて体内に吸収。
全身の7割の免疫細胞が存在グーする。(パイエル板というところはリンパ節と同じような構造を持ってます。)
幸せホルモンのセロトニンを分泌ラブする。

【大腸】
水分を吸収して糞便を形成うんちし、直腸へ運ぶ。


こんな感じ。


小腸は食べ物を消化・吸収したり、免疫細胞や幸せホルモンを作ることができるすごい臓器なのです。


外から入った食べ物を初めて吸収する場所だから、異物が入っても対抗できるように、免疫細胞が常にスタンバイしています。全身のリンパの7、8割は腸にあるのですよ。足かと思いきや、腸なのですよ〜キラキラ


では、小腸はどんな風に食べ物を吸収しているのでしょうか?次回はそのことを書いていきますね。


お読みいただき、ありがとうございましたラブ



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス